カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースに審査はある?連帯保証人は必要?

自動車ローンを組むためには審査をパスしなければなりません。カーリースに審査はあるのでしょうか?また、連帯保証人は必要なのかについても見ていきましょう。

カーリースに審査はある?

カーリースを利用するための審査はあるのでしょうか?

結論から言いますと、ほとんどのカーリース会社では審査を実施しています。なぜ、カーリースには審査があるのでしょうか?

カーリースは月々のリース料金を支払うことによって車を借りられるサービスです。カーリースの契約期間は3年・5年・7年などの長い期間になるのが一般的です。

ユーザーは、契約がスタートしたら契約期間が満了するまで毎月継続的にリース料金を支払い続けなればなりません。月々のリース料金は安くても2万円ほど(月々均等払いの場合)するため、金銭的な負担は決して軽いものではありません。

カーリース会社はユーザーに継続的に料金を支払っていくだけの経済的能力があるかどうかを確認するために、審査を実施するのです。審査で「支払い能力なし」と判断されると、カーリースを利用することはできません。

それでは、カーリースの審査はどのような基準で行なわれるのでしょうか?

カーリース会社によって基準は異なり、公開もされていませんから、カーリースの審査基準を厳密に特定することはできません。ただし、審査のポイントになると一般的に言われていることが2つありますので参考になさって下さい。

1 個人情報

「個人情報」には「年齢」「職業」「年収」「住居」などがあります。これらの情報を元に「成年か」「安定した十分な収入のある定職についているか」「住居は賃貸か持ち家か」「住居が賃貸の場合、収入に対して賃料が高すぎることはないか」「緊急時にすぐに連絡が取れるか」といったことが確認されます。

2 個人の信用情報

「信用情報」とはクレジットカードやローンなどの借金や返済についての履歴情報です。いくつかの機関が信用情報を保管しており、クレジットカード会社やローン会社、カーリース会社は信用情報を自由に閲覧することができます。

信用情報を通して借金の数・金額、返済の遅延履歴などをチェックされ、「債務整理歴」の有無も確認されます。

債務整理歴とは、自己破産や任意整理、個人再生などの法的手段を用いて債務を整理したり免責したりしたことがあるかということです。債務整理歴があると、審査上かなり不利になると言われています。

 

カーリースの審査に通るために連帯保証人は必要?

カーリースの審査をパスするためには、連帯保証人を用意する必要があるのでしょうか?

カーリース会社によってルールは違いますが、基本的には必要ありません。ただし、場合によっては連帯保証人が必要になります。例えば、大手カーリース会社は下記のような基準を設けています。

・オリックスカーリース(オリックス自動車)

正社員として1年以上同じ会社に勤続している方であれば、連帯保証人は不要です(審査の結果、連帯保証人をお願いする場合もあります)。申込者の職業が「専業主婦」「パート・アルバイト」「学生」などで安定的な収入が見込めない場合は、安定収入のある連帯保証人が必要になります。

・もろコミ(カーコンビニ倶楽部)

申込者の職業が「専業主婦」「パート・アルバイト」「学生」などで、安定的な収入が見込めない場合は、安定収入のある連帯保証人が必要になります。

・コスモスマートビークル(コスモ石油)

「専業主婦」「学生」の方が申し込む場合には安定的な収入のある連帯保証人が必要です。また、勤続1年未満の正社員の方の場合も、連帯保証人の設定をお願いする場合があります。

以上が大手カーリース会社の定めている連帯保証人についてのルールです。大まかに言えば、安定的な収入のない人がカーリースを申し込む場合には、連帯保証人が必要になると考えてよいでしょう。

「安定的な」収入があるということには、単に収入に変動がないことだけではなく、収入の金額も関係しています。一般的には年収が200万円を下回っていると、収入の変動が少なくても連帯保証人が必要になる可能性があります。

連帯保証人になる人にはどんな条件が求められるのでしょうか?これもカーリース会社によって基準は異なりますが、一般的に言われている条件を取り上げます。

まず、連帯保証人は成人でなければならず、正社員として1年以上継続して勤務し、安定かつ継続した収入がある必要があります。さらに、税金未払いや滞納がないこと、暴力団関係者ではないことなども連帯保証人の条件として挙げることができます。

 

カーリースの審査基準は甘い?

ここまで見てきた通り、カーリースにも審査があります。審査に通らなければ、カーリースのサービスを利用することはできません。

ただし、カーリースの審査基準は自動車ローンなどの融資審査と比べると甘いと言われています。なぜでしょうか?下記の3つの理由があります。

1 支払能力の判断はカーリース会社が直接下す

ユーザーの支払い能力はカーリース会社が直接判断します。自動車ローンのように審査部によって判断されることはありません。カーリース会社はなるべく契約を成立させたいと考えていますから、比較的甘めの判断を下す傾向になります。

2 カーリースは貸金業法の総量規制の対象外である

「総量規制」とは、債務者への過剰な貸付を防止するため、年収の3分の1を超える借入ができないようにする規制です。

貸金業者は個人の信用情報を通して貸付残高を調査し、総量規制の範囲内に収まるかどうかを確認してから貸付を行わなければなりません。しかし、カーリースはお金の貸付ではないので総量規制を受けることはありません。

3 リース車が事実上の担保となる

リース車の所有権はカーリース会社にあります。そのため、ユーザーがリース料金を支払わない場合には車を引き上げることが可能です。リース車がいわゆる担保になっているような状態なのです。

しかも、契約期間中はカーリース会社が車を定期的に点検・整備しますので、車の担保価値はそれなりに維持されます。

 

まとめ

今回はカーリースの審査のポイントや連帯保証人の必要性の有無などについて見てきました。

連帯保証人は基本的に不要ですが、安定した収入のない人は連帯保証人を付ける必要があります。これは言い方を変えれば、安定した収入がなくても連帯保証人を付ければカーリースを利用できるということです。

そのため、「学生」「フリーター」「主婦」なども気軽にカーリースを申し込むことができます。しかも審査自体も比較的甘いため、カーリースは多くの人にとって、利用しやすい敷居の低いサービスと言えるでしょう。

自動車ローンの審査には通らなかったけれど、カーリースの審査はパスできたという人も少なくありません。あなたもカーリースの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

大人気のプリウスに乗るなら、オススメはローン?それともカーリース?

プリウスは、トヨタ車の中でも屈指の人気を誇る車であり、自分もプリウスに乗りたいと考えている方も多いことでしょう。しかし、中には現金一括払いが厳しいという方もいるかもしれません。そんなとき、候補になるのが「ローンによる購入」と「カーリースの利用」です。この記事では、カーリースについてよくわからないという方のために、カーリースのメリットやデメリット、実際の参考料金などについて、詳しく紹介します。ローンかカーリースかで悩んだら、ぜひ参考にしてください。

カーリース期間中にナンバーは変更できる?

カーリースの利用を検討されている人にとって、カーリースというサービスの中でどのようなことができるのか、細かく知りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。契約プランや料金だけではなく、オプションやその他のサービスも含めて、あらゆる要素を知ることで、充実した利用が可能となります。今回は、カーリースにおけるナンバーの変更について注目してご紹介いきましょう。

五年契約のカーリースプランにはどんなものがある?おすすめの3つをご紹介!

カーリースを契約する際にはリース期間を設定しなければいけません。個人のカーリースでは一般的に五年、七年、九年であることが多いです。契約期間中は同じ車を乗り続け、リース料金を払い続けなければいけないので、自分に合ったリース期間で契約することは大切だと言えるでしょう。 契約期間はカーリース会社によって固定で決められていることもあれば、契約期間を選べることもあります。ここでは五年の契約期間でのカーリースを検討している人に向けて、五年のカーリースプランがあるカーリース会社を紹介します。

カーリースは増税でどう変わる?節税するならおすすめのカーリースも

令和元年10月1日より、消費税が8%から10%に増税となりました。増税によってカーリースはどう変わるのでしょうか?また、増税後も「できる限り節税したい」という方も多いと思います。この記事では、増税によるカーリースの変化と、少しでも節税したい方におすすめのカーリースを紹介します。 ※記事の内容は、2019年9月1日時点の情報に基づきます。解説している税制や軽減措置の内容は変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。

カーリースではどんな車種が人気なの?軽自動車と普通車に分けてご紹介!

カーリースではどんな車種が人気なのでしょうか?軽自動車と普通車に分けてランキングをご紹介します。ランキングは主に「オリックス自動車」(オリックス)や「コスモスマートビークル」(コスモ石油)などのカーリース業者が提携している「Yahoo!ショッピング」のサイト情報を参考にして調べました(2018年1月31日現在の情報)。