カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの審査で落ちる人の特徴とは?

カーリースはネットから申し込みができるなど、手軽に欲しい車が手に入る方法として話題になっています。そんな手軽なイメージのカーリースですが、車を貸し借りするため、事前に審査が行われ、それに通った人のみが利用できます。いったい、カーリースの審査とはどのようなものなのでしょうか。

カーリースの申し込み方法は?

カーリースの申込みはインターネットから手軽に行なうことができます。必要事項を入力してオンライン上で簡単に見積もりを出してもらえます。見積もりを出したからといって必ず契約しなければいけないわけではなく、他業者との比較はもちろん、契約時の希望や車種の細かな指定を行い、確認したいことなどがあれば事前に聞くこともできます。

初めて利用する場合、カーリースのお申込み画面だけでは仕組みがわからないことも出てくるはずです。カーリースの契約内容を納得できるまで確認の上、契約するのをおすすめします。

 

カーリースの審査内容は?

カーリースには車を借りる時の審査があります。決まった期間リース代を支払っていくことになるため、それだけの安定した収入があり、支払っていけると判断されなければカーリースで車を借りることはできません。借金とは違うにしても、カーリースでは審査を通過することが第一関門というわけです。

ではカーリースの審査は具体的にどのようなことが行われるのでしょうか。

(1) 年収

カーリースを契約する為には最低でも年収200万円は必須です。年収200万円を切ってしまうと支払い能力が低いと判断され、カーリース審査に通りにくくなります。なかには持ち家などの資産や貯金があると通る場合もありますが、このあたりはカーリースを契約する会社によっても審査基準は違います。

(2) 債務履歴

自己破産や任意整理などを行った過去があると審査に通りにくくなります。法律に基づいた方法で債務処理を行ったとしても、履歴に残っている以上、お金の支払いを破棄したとみなされてしまうからです。クレジットカードでブラックになっていたり、リボ払いの残高やお金を借りた履歴があったりすると場合も、信用するに値しないと判断されます。

(3)仕事内容

カーリース審査を受ける時には、どんな仕事をしているかも重要です。公務員や会社員(正社員)の場合は審査も通りやすいのですが、個人事業主やアルバイトの場合はどうしても審査が通りにくくなってしまう場合が多いのです。もちろん赤字経営になっていれば支払い能力がないとみなされてしまいます。

 

カーリースの審査は通りにくい?

カーリースの審査は他の審査と比較しても甘めな場合が多いとされています。とはいっても、それは「年収」「債務履歴」「仕事」などの基本的な条件をクリアしている人の場合のみです。借金があったり、赤字経営だったりする場合はもちろん審査に通りません。

どうしてもカーリースの審査を通したいと考えて車種のクラスを下げたとしても、信用問題に傷がついている限りはカーリースの契約はできません。なかには親に保証人になってもらうなどの方法で審査が通る場合もありますが、そのようなケースは例外であるといえます。

審査会社を変えたとしても他の会社からの審査に落ちた履歴は残りますので、余計に審査が通りにくくなってしまう場合もあります。その場合は、カーリースの審査に通らない=車のローンも通らない可能性が高いといえるでしょう。

 

カーリースの審査で落ちる人の特徴

他にもカーリースの審査に落ちやすい具体的な例を見てみましょう。

・カーリースの審査報告書で虚無の記載をしている人
・クレジットカードの支払い残高が残っている人
・携帯を複数台ローンで購入している人
・年収が低い、もしくは不安定な人
・過去に支払が遅れてブラックになっている人(※ブラックかどうかは簡単に調べられます。不安な人は一度確認してみるといいのではないでしょうか)
・住宅ローンやクレジットカードなどの審査に落ちている人
・自己破産の経験がある、もしくはそれが直近の人
・持ち家ではなく賃貸マンションに住んでいる人
・連帯保証人がいない人

などの場合、カーリースの審査に落ちることがあります。

審査会社を変えたところで解決する問題ではなく、一度ついてしまった信用問題はなかなか解決できません。くれぐれも支払いに遅れることがないように日頃から気をつけ、むやみに分割での支払いをしないように充分に注意しましょう。

カーリースのスタッフは「誰でも審査が通る」といいますがそれは該当する条件がない人の場合です。心配なことがあれば審査をかける前に確認した方がいいでしょう。

 

審査不要のカーリース会社があるって本当?

様々な方法は試してみたけれど結局審査に通らずにカーリースの契約ができなかった…という人もいるのではないでしょうか。

カーリースの会社の中には「審査不要」を売りにしているところもあります。また「独自審査」といいカーリースの会社が審査を行っている場合もあり、その場合は審査会社を通すよりも甘い基準で審査を通すことができます。

・エースカーリース&レンタル
・西九州カーライフ

などは、地方のカーリース会社になり、利用条件がついていることや中古車の場合もありますが、審査不要を売りにしていますので、カーリースを使えないと諦める前に問い合わせをしてみるといいのではないでしょうか。

軽自動車・ミニバン・乗用車などの通常の車種であれば審査不要で利用できるカーリース会社は存在します。こういった業者自体はまだまだ少ないですが、カーリースの審査が通らない人にとっては有り難いサービスだといえます。

審査に落ちてしまっても中には上記のような審査不要のカーリース会社もありますので、諦めず頑張ってみてくださいね。また、お金に関する信用問題などは、この機会にしっかりと見直しておきましょう。

 

 

関連する記事

カーリースに向いている人とはどんな人?法人・個人両方から見たメリットとあわせてご紹介!

最近、注目を集めている車の利用方法である「カーリース」。利用を検討している人も多いかと思います。そんな中で、カーリースはどんな人に向いているのか気になるところですよね。そんなときは、カーリースの特徴やメリット・デメリットを両面から見ていきましょう。今回は、カーリースに向いている人の特徴を中心にまとめていきます。

燃費で選ぼう!カーリースにかかるコストを大幅にカットする方法とは

カーリースのコストは、車検や税などがコミコミで一定となっているため、一時的な支払いがなく、計画的な車の利用が可能です。車を利用すると燃料費が別にかかります。乗る機会が多い方や運転に慣れていない方など、燃費によってはコストが多くかかってしまうこともあります。 カーリース会社のサービスには、燃費管理や燃費で車選びができるサービスもあるのをご存知でしょうか。今回は、燃費管理によってカーリースにかかるコストをカットする方法をご紹介していきます。

カーリースに興味がある方必見!契約から納車までの流れを人気のカーリース会社別にご紹介

最近注目の車の利用方法でもあるカーリース。月々の支払いを一定額にすることができるというメリットがあるので、利用を検討している人も多いのではないでしょうか。カーリースの利用において、気になるのは、契約から納車までの流れですよね。今回は、カーリースの契約から納車までを、代表的なカーリース会社を例に出しながらまとめていきます。