カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの審査に通らない場合の対処法とは?カーリースの審査基準について徹底解説

カーリースの審査はどのような基準で行われるのでしょうか?今回は、カーリースの審査の内容と、審査に通らない場合の対処法について徹底解説します!

カーリースの利用の流れとは

まず、カーリースの利用の流れについて見ておきましょう。

1.車種を決める

最初に、カーリースする車をどれにするか決めます。契約成立後にカーリース会社がディーラーから車を調達するという流れになりますので、さまざまなメーカーや車種から自由に車を選択でき、オプションも付けられます。

2.プランの決める

カーリース会社によって、契約期間、走行距離制限、メンテナンスプランなどを選べます。自分の車の乗り方や用途にあったプランを選択するようにしましょう。

3.見積りを確認する

車種とプランを決めたら、カーリース会社に見積もりを出してもらいましょう。今ではWEB上ですぐに見積もりを確認できるカーリース会社も多数あります。

4.審査を申し込む

見積り額に納得がいったら、審査を申し込みます。カーリース会社は、審査を通して申込者が契約期間中にリース料をきちんと支払えるかをチェックします。審査に通らない場合には、カーリースの契約を結ぶことはできません。

5.契約する

審査を通過すると、カーリース会社から契約書が送られてきます。契約内容を確認し、署名・捺印の上、カーリース会社に返送します。契約書がカーリース会社に届くと、契約成立となり、カーリース会社がディーラーに車を発注します。

6.登録手続きを済ませる

ディーラーから、車庫証明など、登録に関する書類一式が送られてきます。必要書類を揃えてからディーラーに送ると、車の登録手続きをしてもらえます。

7.納車

車の登録手続きが完了すると、ディーラーが指定場所に納車してくれます。契約成立から納車までは1~2ヵ月程度かかるのが一般的です。

 

カーリースの審査基準とは

 カーリースの審査はどのような基準で行われるのでしょうか?一般的に言って、カーリースでは下記の点が審査されます。

・年収

カーリースの契約期間は数年の長期に及ぶのが一般的であり、中途解約は原則としてできません。一度契約したら、長い間、毎月継続してリースを支払っていかなければなりませんので、支払いを続けるのに十分な年収があるかは重要な審査ポイントになります。一般的には、年収が200万円に満たない場合には審査に通らない可能性があると言われています。

・職業

職業は、安定した収入があるかを判断するポイントとしてチェックされます。年収の金額が最低限のラインを上回っているとしても、正社員ではなく、アルバイトだったり、個人事業主だったりすると、収入の安定性が低いとみなされ、審査に通らない場合があります。

・住居

住居が持ち家か賃貸かを確認されます。賃貸の場合、収入に対して家賃があまりにも高いと審査に通らない場合も考えられます。

・借金

わたしたちのクレジットカードやローンなどの借金や返済についての履歴情報は、信用情報機関に保管されています。過去にローンの返済で遅延を何度も繰り返していたり、2か月以上の延滞をしたりしたことがある場合、それが原因で審査に通らない可能性があります。きちんと返済をしているとしても、ローンをたくさん抱えていると、多重債務者と判断されてしまうこともあります。

・債務整理歴

債務整理歴とは、過去に自己破産や任意整理、個人再生などの法的な手段で債務を整理したり免責したりしたことがあるかを管理する履歴情報です。債務整理歴は、信用情報機関に保管されています。債務整理をしたことがあると、カーリースの審査に通らない可能性がかなり高くなります。ただし、完済から5年ほどが経過すれば、債務履歴は消去されると言われています。

・連帯保証人

カーリースの審査では連帯保証人は基本的に不要ですが、申込者が専業主婦、学生、アルバイト、未成年などの場合は、連帯保証人を求められるケースが多いです。

 

カーリースの審査に通らない人の特徴

以下に、カーリースの審査に通らない人の特徴を挙げますので、審査に通らない原因を見極める上での参考にしてみてください。

・年収が200万円を下回る人

・収入が安定していない人

・ローンの借入額が多い人

・ローン返済で遅延をしたことがある人

・ローンを多数抱えている人

・クレジットカードの支払い残高がたくさんある人

・過去に住宅ローンやクレジットカードなどの審査で落ちている人

・過去に債務整理をしたことがある人

・クレジットカードの利用額の支払いで遅延をしたことがある人

・連帯保証人を用意できない人

 

カーリースの審査に通らない場合の対処法とは?

カーリースの審査に通らない場合、どうしたらよいのでしょうか?以下で、審査に通らない場合の対処法をご紹介します。

・契約条件を変える

審査に通らない原因が、リース料に対して現在の支払い能力がわずかに見合わないといったことであれば、車のグレードを下げたり、契約期間を短くしたり、頭金を用意したりすることで、審査に通過できる可能性があります。

・連帯保証人を付ける

収入が少ない、収入が不安定などの場合には、カーリース会社から連帯保証人を付けるよう提案される場合もあります。その際には、連帯保証人を用意することで審査をパスできるでしょう。

・ローンを見直す

ローンを多数抱えていたり、ローンの返済額やクレジットカードの支払い残高が多すぎたりすると、審査に通らない原因となります。一度、ローンや借金を見直し、必要に応じて残金を一括払いするなどして、ローンや借金を減らしましょう。ただし、一度審査でダメだった場合は、すぐに審査を申し込んでも再照会となり、審査に通らない場合が多いので、少し時間を置いた方がよいかもしれません。

・信用情報を確認する

過去にローンや借金で2ヵ月以上の延滞があると、信用情報機関に記録が残ってしまいます。また、債務整理歴も記録として、信用情報機関に保管されます。こうした状態を「ブラックリストに載っている」と表現したりしますが、自分がブラックリストに載っているかどうかは、信用情報機関に情報開示を求めることで確認できます。もし、ブラックリストに載っていることが原因で審査に落ちた場合には、その状態が解消されるまで待ってから審査を申し込むのがよいでしょう。

・審査基準が甘いカーリース会社を探す

多くのカーリース会社は信販会社を利用しているため、信販会社が審査を行います。しかし、中には、自社審査(信販会社による審査がない)を実施しているところや審査不要を謳っているところもあり、そのようなカーリース会社なら利用できる可能性があります。ただし、そうしたところは中古車のリースや短期のリースしか扱っていないことがありますので、条件には注意が必要です。

今回は、カーリースの審査基準や審査に通らない場合の対処法などについて見てきました。

カーリースは自動車ローンなどと比べると、審査が比較的甘いと言われています。自動車ローンの利用は難しくても、カーリースの審査なら通過できるという人も少なくないでしょう。あなたもカーリースの利用を考えてみてはどうでしょうか?

関連する記事

右肩上がりの個人向けカーリース、今後の市場規模の動向は?

「車に乗りたいけれど購入する余裕がない」そんな人たちの選択肢となるのが、カーリースです。近年はカーリースをはじめとして車の乗り方の多様化が進んでいて、購入するということ以外の選択をすることもできるようになりました。 今回はカーリースに関して、その市場規模に注目し、カーリース市場が近年どのように拡大および成長を続けているのかについてご紹介します。

カーリースの上手なクルマ選びとは?おすすめのカーリース業者と併せてご紹介

クルマ選びをする際に、カーリースを選択肢に入れる人が増えてきています。ちなみに、カーリースというと法人用が多いような気もしますが、近年では個人用のマイカーリースも手頃な価格で利用できるようになっています。月10,000円以下など負担も小さいので、非常に人気です。