カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの審査はどんな基準で行われているの?審査に落ちてしまうケースや注意点とは

レンタカーとは違い、カーリースには審査があるため、審査に落ちてしまうとカーリースできません。今回は、カーリースの審査について、どんな基準で行われているのか、落ちてしまうケースなどについてご説明します。

タイトルアイコン

頭金なし!月々定額の車をWEBで簡単申込み!

カーリースなら頭金0円で初期費用調達不要、月々定額で無理なく車に乗れる!審査が不安な方もまずはWEBで簡単申込み可能なカーリースもあり。カーリース車比較.comはお好きな車から条件のあったカーリース会社を探せます。

カーリースの審査って?

新しい車の乗り方として注目を浴びているカーリースですが、利用するためには審査に通らなければなりません。そもそもカーリースに審査があるのはなぜでしょうか。カーリースの審査について解説します。

そもそもカーリースに審査があるのはなぜか

カーリースに審査がある理由は、カーリースの仕組みについて考えてみると容易に理解することができます。

カーリースはカーリース会社が新車を購入し、車の維持費など諸費用を込みにして貸し出す仕組みです。カーリース会社は利用者から毎月のリース料を回収することによって利益を得ます。

カーリースは一般的に長期間の契約になるので、利用者が契約期間中リース料を滞ることなく支払い続けることができるか確認する必要があります。そのためには契約者に対して一定の基準を設けなければならないわけです。

審査なしのカーリースはあるのか

ときどきカーリースで「審査なし」という言葉を目にすることがありますが、結論から言うと審査なしのカーリースは考えられません。

確かに利用者がいないとカーリースの商売は成り立ちませんが、利用者がリース料を払い続けてくれないと利益を得ることはできません。基準を設けずに誰それ構わず利用してもらうというわけにはいかないのです。

「審査なし」という場合はほとんどが「審査基準が他よりも緩い」ことを指しているようです。カーリースの審査はカーリース会社ごとに異なります。

審査基準が緩ければいいわけではない

審査基準はカーリース会社によって異なりますが、緩ければいいというわけではありません。というのは、審査基準が緩い場合はサービスが劣っていたり金利が高かったりする場合があるからです。

審査基準が他のカーリース会社よりも著しく緩い場合は、その理由を確認するようにしましょう。審査基準の緩さだけを理由にカーリース会社を選ぶと、長期的な視野で見たときに損をしてしまう可能性があります。

さらに、審査基準が緩いからといって高級車を無理してリースすると、長期間に渡る支払いが自分の首を絞めてしまうことにもなります。きちんと審査してもらうことは自分のためにもなるということがわかりますね。

 

カーリース申し込みの流れ

まず、カーリース申し込みまでの流れを簡単におさらいしておきましょう。カーリース会社によっては、申し込みがウェブ上でできる場合もあれば、店舗に実際に行かなければならない場合もあるので、事前に調べておくことをオススメします。

ここでは、「カーコンカーリースもろコミ」のカーリース申し込みの流れを簡単にご説明します。

まず、申し込みを申請します。この申し込みはPCやスマホ、タブレットから行えます。申し込み自体はウェブでできますが、これで契約が締結したわけではありません。申し込みの際に希望車種や基本情報をカーリース会社に提出します。

申し込みに必要になるのは、免許証です。申し込みができる年齢は、20歳以上75歳未満と決められています(カーリース会社によっては18歳からの申し込みが可能な場合もあります)。

ただし、カーコンカーリースもろコミでカーリースする車は、新車で7年〜9年の間、料金を払い続ける必要があるため、ある程度の収入の見込みは必要となります。収入が安定しない場合などは、保証人を立てることで審査に通る可能性があります。

また、高齢者ドライバーの事故も増えているため、75歳以上の方はカーリースの申し込みが困難です。年齢条件は絶対ではなく「原則」となるため、申し込むことはできますが、審査に通るとは限りません。

また、ウェブサイトからの申し込みは必ずカーリースをする本人が行う必要があるため、年齢を偽ることはできません。

その後、ステップ2として、カーリース会社が申し込み内容をもとに、審査を行います。カーコンカーリースもろコミの場合、審査はとても早く、通常1〜2営業日でチェックと審査が終わります。審査結果は本人のみに通知されるので、他の人に知られる心配はありません。

ウェブサイトである程度の事ができるとはいえ、場合によっては、実際に店舗で手続き行う必要もあります。審査に通ると、カーコンカーリースもろコミから、最寄りのもろコミ販売店を紹介されます。

その後、もろコミ販売店に行って、車両の最終確認とオプションの選択などを行い、契約内容についても確認が行われます。契約内容が確定された後は、その他の手続きを完了させます。

一般的に納車期間は数週間から数ヶ月かかり、特殊な車の場合はさらに納期が必要な場合があります。最終的に車が実際に手配されて、手元に車両が届きます。

 

カーリースの審査はどんな風に行う?審査基準とは?

1.年収

カーリース会社が審査を行うときに重視する基準の1つが、契約者の年収です。年収に関する明確な基準は設けられていませんし、カーリース会社や契約内容、プラン設計によっても異なります。

しかし、最低基準として、年収200万円ほどないと、カーリースするのは困難だと言えるでしょう。年収200万以上ということは、月の収入が16万円以上なければなりません。

もちろん年収200万円以下の場合でも保証人を立てることで審査に通る場合があるので、一概に言えないものの、1つの基準と見ておいたほうが良いでしょう。

カーリース会社が審査で考慮する部分には、個人の財産、不動産などの資産、また貯蓄などが含まれます。これらの判断基準はカーリース会社によっても異なります。

2.債務履歴

カーリース会社が審査で重視するのが、債務履歴があるかどうかです。自己破産や任意整理などの処理を過去に行った事があるなら、それがカーリースの審査にも影響する可能性があります。

また、クレジットカードのブラックリストに名前がある場合、信用の点で基準に満たず、マイナスポイントになる可能性があります。

過去にクレジットカードの返済を滞納した経験があり、何度申請しても基準に満たず、クレジットカードの審査に落ちてしまうという方は、要注意です。

3.仕事内容

カーリース会社は、契約者の職業に関しても考慮します。企業に勤めている場合は審査が通りやすいものの、個人事業主やパート・アルバイトの場合、いつ安定的な収入がなくなるか分からないため、カーリースの審査においてマイナス要因となり得るでしょう。

個人事業主の場合は、経済状況も判断基準にされる可能性があります。赤字経営で多額の負債を背負っている事業主に、カーリースの月払いをさせるのは無理がありますよね。

カーリース会社も、契約者に支払能力がないと分かっており、基準に満たない場合はカーリースを認められません。

4.勤続年数

カーリース会社は契約者の職業に加えて勤続年数にも注目します。一般的に勤続年数は3年以上から評価されるといわれています。同じ会社での勤続年数が長ければ、今後も安定した収入を長期にわたって得ることができると判断されるからです。

正社員であっても勤続年数が1年に満たない場合は審査において不利になる可能性があります。

5.年齢

カーリース会社にもよりますが、契約者の年齢を制限している場合がほとんどです。一般的に20歳以上から75歳までが多いようです。

20歳未満または75歳以上は審査に絶対に通らないのかというとそういうわけではありません。20歳以下の場合は親権者などが連帯保証人になることによって審査に通ることがあります。

高齢者の場合は過去の事故歴、運転頻度、リース期間などが考慮されます。長期契約が基本的なカーリースの場合、高齢になるにつれ審査基準が厳しくなる傾向にあります。

 

安定した収入があっても審査に落ちるケースもある?

たとえ安定的な収入があったとしても、カーリースの審査に落ちてしまうという事があり得ます。もし、カーリースの審査報告書に、虚偽の事実を述べていた場合、それが後に明るみに出たなら、審査に通らない場合があります。

支払能力があったとしても、クレジットカードの支払いが遅れて、カード会社のブラックリストに載ってしまっている可能性があります。

また、携帯電話を何台かローンで購入している場合、審査に通らない可能性があります。その他、持ち家ではなく賃貸マンションに住んでいる方も同じで、カーリースの審査に若干不利になる可能性はあります。

分割やリボ払いでの支払いがまだ残っている場合も、不利な場合があります。自分の経済状況を考えずにローンを組み、分割支払いやリボ払いにして、滞納することがないように日頃から気をつけておきましょう。

カーリースの審査で、保証人の収入状況が判断基準となることがあります。カーリース契約を結ぶ本人が主婦や学生という場合は、保証人は収入証明書を提出しなければならない可能性もあります。保証人の収入状況が不安定な場合は、カーリースの審査に落ちる可能性も十分にあり得ます。

 

カーリース契約年齢の基準は?学生や主婦でもカーリースは申し込める?

上述のように、カーリースはほとんどの年齢の方が利用できます。学生でも審査に通る可能性がありますし、主婦でも保証人を付ければ審査に通る場合があります。一方、高齢者は安定的な収入があったとしても、75歳を超える場合、審査に通りにくくなります。

カーリースの審査では年齢、資産、職業、信用など、各方面でカーリース会社独自の基準が定められています。以上の点を、カーリースを申し込む前にチェックしておきましょう。

 

カーリースの審査に通らなかった場合の対処法

カーリースの審査に通らなかった場合でもすぐに諦めないでください。状況を変化させることによって再審査に通る可能性があるからです。ここではカーリースの審査に通らなかった場合の対処法を4つ紹介します。

連帯保証人を付ける

連帯保証人を付けることによってカーリースの再審査に通る場合があります。連帯保証人とは、契約者がリース料の支払いができなくなったときに代わりに返済の義務を負う人のことです。

信用情報や安定した収入に問題があって基準に達していなかったとしても、連帯保証人を付けることによってカーリース会社がOKを出すことがあります。未成年の場合は収入の有無に関わりなく連帯保証人を付ける必要があります。

頭金を用意する

頭金を用意することによってカーリースの再審査に通る場合があります。通常の場合カーリースに頭金は不要ですが、頭金を用意することによって月々のリース料を抑えることが可能になります。

リース料に対して収入が少し足りないという場合、頭金の支払いでリース料を抑えることによって基準をクリアできる可能性があります。

車種やグレードを見直す

車種やグレードを見直すことによってカーリースの再審査に通る場合があります。高級車やグレードの高い車はリース料が高くなります。リース料が収入に見合うように車種やグレードを再決定すれば、無理のない支払いができると判断されるかもしれません。

ほかのカーリース会社に申込む

ほかのカーリース会社に申込むことによって審査に通る場合があります。審査基準はカーリース会社によって異なりますから、審査基準が緩いカーリース会社を探しましょう。その際はサービス内容の違いや金利が高くないかを確認するようにしてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

車の買い方はリースと購入どちらがお得か徹底比較

車の購入を考えた際、今までは一括購入かローン購入が一般的でした。最近では、新しい車の購入方法として「カーリース」が登場し、車所有がもっと気軽に行えるようになりました。しかし、車の購入は大きな買い物ですので、失敗はもちろん後悔もしたくありません。また、できるだけお得に買いたいと思うはずです。ここでは、リースと購入どちらがお得なのか比較してみました。

カーリースは頭金ありのローンと何が違う?契約前のチェックポイントを徹底解説!

個人向けのカーリースが増えつつあり、ライフスタイルに合わせたカーリースでの車の所有といった、新しい車の乗り方が提案されています。カーリースを利用する上で、メリットとなるのがコスト面ですが、カーリースと頭金ありのローンはどう違うのでしょうか。今回はカーリースと頭金ありのローンの違いや、契約前のチェックポイントを解説します。

N-BOXに乗るならカーリース!各社の特徴や月々のリース料金を分かりやすく解説!

軽自動車とは思えないほど広い室内空間、使いやすさ抜群のホンダ・N-BOXですが、カーリースを利用したいと思っている方も多いのではないでしょうか?この記事では、N-BOXに乗るならカーリースがおすすめの理由や注意点、カーリース各社のN-BOXの料金と特徴などをまとめています。

カーリースにはどのようなプランがあるの?ボーナス払いなしでも利用できる?

月々の手軽な料金で利用できると注目されているカーリース。購入に代わるマイカーの導入方法として浸透しつつあるようです。 まとまった資金なしで新車に乗れるのが大きな魅力ですが、ボーナス払いなしでも利用できるのでしょうか。カーリースのプラン内容とともに、ボーナス払いなしで利用できるのか、ボーナス払いなしでも月々の使用料を抑える方法をご紹介します。