カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの審査はどんな基準で行われているの?審査に落ちてしまうケースや注意点とは

レンタカーとは違い、カーリースには審査があるため、審査に落ちてしまうとカーリースできません。今回は、カーリースの審査について、どんな基準で行われているのか、落ちてしまうケースなどについてご説明します。

カーリース申し込みの流れ

まず、カーリース申し込みまでの流れを簡単におさらいしておきましょう。カーリース会社によっては、申し込みがウェブ上でできる場合もあれば、店舗に実際に行かなければならない場合もあるので、事前に調べておくことをオススメします。

ここでは、「カーコンカーリースもろコミ」のカーリース申し込みの流れを簡単にご説明します。

まず、申し込みを申請します。この申し込みはPCやスマホ、タブレットから行えます。申し込み自体はウェブでできますが、これで契約が締結したわけではありません。申し込みの際に希望車種や基本情報をカーリース会社に提出します。

申し込みに必要になるのは、免許証です。申し込みができる年齢は、20歳以上75歳未満と決められています(カーリース会社によっては18歳からの申し込みが可能な場合もあります)。

ただし、カーコンカーリースもろコミでカーリースする車は、新車で7年〜9年の間、料金を払い続ける必要があるため、ある程度の収入の見込みは必要となります。収入が安定しない場合などは、保証人を立てることで審査に通る可能性があります。

また、高齢者ドライバーの事故も増えているため、75歳以上の方はカーリースの申し込みが困難です。年齢条件は絶対ではなく「原則」となるため、申し込むことはできますが、審査に通るとは限りません。

また、ウェブサイトからの申し込みは必ずカーリースをする本人が行う必要があるため、年齢を偽ることはできません。

その後、ステップ2として、カーリース会社が申し込み内容をもとに、審査を行います。カーコンカーリースもろコミの場合、審査はとても早く、通常1〜2営業日でチェックと審査が終わります。審査結果は本人のみに通知されるので、他の人に知られる心配はありません。

ウェブサイトである程度の事ができるとはいえ、場合によっては、実際に店舗で手続き行う必要もあります。審査に通ると、カーコンカーリースもろコミから、最寄りのもろコミ販売店を紹介されます。

その後、もろコミ販売店に行って、車両の最終確認とオプションの選択などを行い、契約内容についても確認が行われます。契約内容が確定された後は、その他の手続きを完了させます。

一般的に納車期間は数週間から数ヶ月かかり、特殊な車の場合はさらに納期が必要な場合があります。最終的に車が実際に手配されて、手元に車両が届きます。

 

カーリースの審査はどんな風に行う?審査基準とは?

現在では、ウェブサイトから簡単に申し込みができるところがほとんどです。カーリース会社は、申し込み内容に基づいて、主に3つの基準を考慮します。1つ目が年収、2つ目が債務履歴、3つ目が仕事内容です。

カーリース会社が審査を行うときに重視する基準の1つが、契約者の年収です。年収に関する明確な基準は設けられていませんし、カーリース会社や契約内容、プラン設計によっても異なります。

しかし、最低基準として、年収200万円ほどないと、カーリースするのは困難だと言えるでしょう。年収200万以上ということは、月の収入が16万円以上なければなりません。

もちろん年収200万円以下の場合でも保証人を立てることで審査に通る場合があるので、一概に言えないものの、1つの基準と見ておいたほうが良いでしょう。

カーリース会社が審査で考慮する部分には、個人の財産、不動産などの資産、また貯蓄などが含まれます。これらの判断基準はカーリース会社によっても異なります。

カーリース会社が審査で重視するのが、債務履歴があるかどうかです。自己破産や任意整理などの処理を過去に行った事があるなら、それがカーリースの審査にも影響する可能性があります。

また、クレジットカードのブラックリストに名前がある場合、信用の点で基準に満たず、マイナスポイントになる可能性があります。

過去にクレジットカードの返済を滞納した経験があり、何度申請しても基準に満たず、クレジットカードの審査に落ちてしまうという方は、要注意です。

カーリース会社は、契約者の職業に関しても考慮します。企業に勤めている場合は審査が通りやすいものの、個人事業主やパート・アルバイトの場合、いつ安定的な収入がなくなるか分からないため、カーリースの審査においてマイナス要因となり得るでしょう。

個人事業主の場合は、経済状況も判断基準にされる可能性があります。赤字経営で多額の負債を背負っている事業主に、カーリースの月払いをさせるのは無理がありますよね。

カーリース会社も、契約者に支払能力がないと分かっており、基準に満たない場合はカーリースを認められません。

 

安定した収入があっても審査に落ちるケースもある?

たとえ安定的な収入があったとしても、カーリースの審査に落ちてしまうという事があり得ます。もし、カーリースの審査報告書に、虚偽の事実を述べていた場合、それが後に明るみに出たなら、審査に通らない場合があります。

支払能力があったとしても、クレジットカードの支払いが遅れて、カード会社のブラックリストに載ってしまっている可能性があります。

また、携帯電話を何台かローンで購入している場合、審査に通らない可能性があります。その他、持ち家ではなく賃貸マンションに住んでいる方も同じで、カーリースの審査に若干不利になる可能性はあります。

分割やリボ払いでの支払いがまだ残っている場合も、不利な場合があります。自分の経済状況を考えずにローンを組み、分割支払いやリボ払いにして、滞納することがないように日頃から気をつけておきましょう。

カーリースの審査で、保証人の収入状況が判断基準となることがあります。カーリース契約を結ぶ本人が主婦や学生という場合は、保証人は収入証明書を提出しなければならない可能性もあります。保証人の収入状況が不安定な場合は、カーリースの審査に落ちる可能性も十分にあり得ます。

 

カーリース契約年齢の基準は?学生や主婦でもカーリースは申し込める?

上述のように、カーリースはほとんどの年齢の方が利用できます。学生でも審査に通る可能性がありますし、主婦でも保証人を付ければ審査に通る場合があります。一方、高齢者は安定的な収入があったとしても、75歳を超える場合、審査に通りにくくなります。

カーリースの審査では年齢、資産、職業、信用など、各方面でカーリース会社独自の基準が定められています。以上の点を、カーリースを申し込む前にチェックしておきましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

大人気のプリウスに乗るなら、オススメはローン?それともカーリース?

プリウスは、トヨタ車の中でも屈指の人気を誇る車であり、自分もプリウスに乗りたいと考えている方も多いことでしょう。しかし、中には現金一括払いが厳しいという方もいるかもしれません。そんなとき、候補になるのが「ローンによる購入」と「カーリースの利用」です。この記事では、カーリースについてよくわからないという方のために、カーリースのメリットやデメリット、実際の参考料金などについて、詳しく紹介します。ローンかカーリースかで悩んだら、ぜひ参考にしてください。

いまさら人に聞けない!?カーリースの基礎知識と用語集!

最近注目の車の利用法でもある「カーリース」。これまでは、車を購入したり、カーシェアをしたりといった利用法が一般的ではありましたが、料金面などのメリットから、カーリースを選ぶ人が増えています。 そんなカーリースですが、知らない人にとっては、気にはなるけど、内容がよくわからないサービスかもしれません。今回は「カーリース」に関する基礎知識や用語について解説します。

軽自動車を白ナンバーに変更できる!その方法を徹底解説!

あなたは軽自動車の黄色いナンバーを白ナンバーに変更できるのをご存知でしょうか?「そんなことできるはずがない」と言う方もいるかもしれませんが、実は今、期間限定で変更が可能になっているのです。実際に2017年4月から既に、特別仕様に変更できる軽自動車の白ナンバー交付が始まっています。

最安のカーリースはどうやって探したらいいの?

カーリースの一番の魅力は出費のプランが立てやすいということです。カーリースでは毎月のリース料金を払うことにより、車を長期に渡って借りることができますが、その料金は定額ですので家計の支出の計画が立てやすくなります。他方、リース料金は毎月継続して払わなければなりませんから、その金額はなるべく安く抑えたいものです。では車種ごとに最安のカーリースを調べる方法はあるのでしょうか?

カーリースのリース期間はどのくらい?ライフスタイルに合った期間でリースして賢くカーライフを楽しもう!

レンタカーより長期間でレンタル利用するカーリースですが、リース期間についてはどれくらいが一般的なのでしょうか。また、どのようにリース期間を選べばお得になるのでしょうか?今回は、カーリースを利用する際に悩みがちなリース期間についてご説明します。