カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの審査は甘い?ローン購入との違いや審査内容をご紹介!

突然ですが、あなたはカーリースの審査について、詳しい知識をお持ちですか? 具体的にカーリースとは何かという基礎知識から、ローン購入との違いや審査内容までを正しく理解し、自分に合った方法でマイカーを手に入れる方法を検討していきましょう。

カーリースの審査は甘い?

 

▽キャッシングローンや融資の審査と比べて通りやすい?

結論から言うとキャッシングローンや融資の審査と比べてカーリースの審査基準は「甘い」です。融資が通りやすい理由として以下の項目が挙げられます。

 

1) カーリースは貸付金ではない

車であり金銭ではないので貸付金にはなりません。

 

2) 総量規制を受けない

キャッシングローンではないので年収の3分の1までの金額でないとリースができないなどの規定はありません。

 

3) リース代金支払い能力の判断はリース会社に決裁権がある

キャッシングローンのように審査部によって判断をされることがなく、各リース会社に直接判断が委ねられます。

 

その他にも以下の理由でカーリースの審査は甘いといわれています。

・メンテナンスすることにより車を良好な状態で保つことができるため、担保単価が高いままになる

・所有権がリース会社にあることにより、自動車担保物件と同じ状態になる

 

▽車のローン購入審査とどちらが通りやすい?

先ほどカーリース審査は甘いとご紹介しましたが、ローン購入とカーリースではどちらの審査が通りやすいのでしょうか。

 

・ローン購入の場合

300万円の車を全額ローンで購入する場合、300万円の借入審査が必要となります。

 

・カーリースの場合

カーリースは、契約時の車両本体価格から予定残価を差し引き、契約期間中の利用月額が決定します。そのため、300万円の車をリースする場合、予定残存価格が70万円だとすると、230万円が審査の対象となります。

※予定残存価格とは

新車を購入する場合、契約時に3年後の売却時の下取り価格を算出します。この下取り価格が予定残存価格となります。

例)300万の車 → 3年後の下取り価格60万:予定残存価格は60万

 

このようにローン購入とカーリースを比べると、審査が甘いといわれているカーリースを使用した方が上記のような理由から購入しやすい可能性があるため、非常におすすめです。

 

 

気になるカーリースの審査の内容って?

 

カーリースの審査は甘いため通りやすいとここまでお伝えしてきましたが、審査内容は具体的にどのようなものなのでしょうか? 具体的な審査内容に関しては公にはされていませんが、ローン購入やキャッシングローンを利用する際と似たような審査基準を用いているといわれています。

 

審査内容

・個人情報(借入があるか否か、過去にローンやキャッシング返済の延滞がないかなど)

・年収

・職業

・家族構成

・住まいが賃貸または持ち家か

 

個人情報に関してはCIC(クレジットインフォメーションセンター)という情報機関によって以下の情報がすべて保管されています。

・過去の借入状況

・支払いの遅延、延滞など

情報の偽装や、相違がないよう十分に気を付けましょう。

 

 

カーリースの審査に通りにくい人はどんな人?

 

それでは、具体的にどのような人が審査に通りにくいのでようか。以下の6つの項目に当てはまる人は要注意になります。

 

1) 自己破産から5~7年未満

2) CIC(クレジットインフォメーションセンター)でブラックリストに載っている

3) 低所得(200万円以下)

4) 賃貸

5) キャッシュローンなど返済に遅延が生じている

6) 他社での借入に嘘の情報を記載している

 

では、どのようにすることで審査は通りやすくなるのでしょうか。審査に通るための4つのポイントも押さえていきましょう。

 

1) 頭金を支払う

2) 借入がある場合はなるべく事前に返済をしておき、遅延を起こさない

3) 嘘は記載しない

4) 低所得(200万円以下)の場合は連帯保証人をつける

 

項目に当てはまった人は、審査通過できるように事前に準備をしてのぞみましょう。

 

 

もし審査に落ちてしまったらどうする?

 

▽審査に落ちた場合の4つの対処法

1)連帯保証人をつける

両親や兄弟、親戚など支払い能力のある人をつけて再審査

 

2)契約者名義を家族に変更

家族と共有するという形で審査に通りそうな方に名義を変更し再申し込みをします。

 

3)車両のランクと価格を下げる

リース料金が安価なほど審査に通る確率は上がりますので、車両のランクや価格を下げたものを選びなおすと審査通過の可能性が高くなります。

 

1) 他のカーリース業者で審査

審査は一度落ちたとしても、他でも同じように落ちるとは限りません。他社のカーリース業者で審査をする方法もあります。

 

▽審査ナシでもOKのカーリース業者の紹介

審査に通るか不安という方には、審査不要なリース業者もあるのでご紹介します。

 

1) エースカーリース&レンタル

大阪府岸和田市に店舗がある審査不要のリース業者になります。1日500円~から豊富な車両から借りることができます。

ŪRL:http://acecar.info/

 

2) car shop CОNER

兵庫県西宮市に店舗を持ち、審査不要で全国のオートオークションから車両を選ぶことができますので購入するよりもお得に乗車することができます。

ŪRL:http://www.coner.jp/

 

3) 西九州カーライフ

長崎県諫早市・大村市のカーリース専門店です。リース料金が前払い制のため審査なしでリースすることが可能となっています。また契約から納車まで間、無料で代車の貸し出しサービスなどもあります。

 

以上、カーリースの審査について、詳しくお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。利用額の返済に無理のないカーリースを選んで、充実したカーライフを楽しんでくださいね。

 

関連する記事

カーリースってこんなに便利!知らなかった新しい車の乗り方をご提案

近年注目を集めるカーリースですが、レンタカーやカーシェアなどのサービスと比べて、一体どのあたりが便利なのかをご存知でしょうか。比較的新しい車の乗り方になるため、カーリースの魅力や便利さを知らない人も多いはずです。 今回は、カーリースについてまだ詳しく知らない人に向けて、カーリースがどれほど便利なサービスであるかを解説していきます。車の乗り方で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

カーリースの仕組みやメリット・デメリットなど、知っておきたい情報の解説まとめ!

カーリースという言葉を聞いたことがある人は意外と多いのではないでしょうか。一方で、実際にカーリースがどのようなものか知っている人、今まさに利用している人となるとぐっとその数は少なくなるものと考えられます。 今回は、カーリースの仕組みや料金がどうなっているのか、メリットやデメリットなど、特徴をまとめてご紹介します。これから車を持ちたいと考えている人は購入だけでなく、カーリースも選択肢の1つになるので、ぜひ参考にしてみてください。