カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースはパートでも契約できる?カーリースの審査やおすすめの会社をご紹介

パートをしている人でも自動車に乗りたいと考える人は多いでしょう。しかし、自動車を一括で購入したり、毎月のローンを払い続けたりするのはパートには難しいものがあります。そんな時に利用したいのがカーリースのサービスです。カーリースでは、パートでも契約することは可能なのでしょうか。パートがカーリースを利用することができるのか、また審査が必要な場合はどのような条件があるのかなどについて解説します。

カーリースの審査とは?

カーリースというのは、リース会社が所有する自動車を毎月の料金を支払って車をリースするサービスです。このサービスを利用するためには、事前に審査を受けなくてはいけません。カーリースの事前審査は申し込みと同時に行われるのですが、それはどんなものなのでしょうか?

・カーリースに審査は必要?

カーリースの契約をする場合には必ず審査があります。ですから、審査なしのカーリースというものは存在しません。カーリースの会社では、毎月の利用料金をユーザーが確実に支払えるのかどうか、事前に調べる必要があるのです。

・カーリースにおける審査の内容

カーリースの会社には様々なところがありますが、審査で調べられることはおおむね決まっています。だいだいいくらくらいの年収があるのか、どこに勤めているのか、勤続年数はどれくらいか、雇用形態はどんなものか、といったことが調べられます。通常、カーリースの審査と言えばこうしたものを想像してもらえば良いでしょう。

また、クレジットカードの信用情報なども参照されます。過去にカードローンで支払いの遅延などが起こっている場合には、審査には通りにくくなると考えてください。クレジットカードだけでなく、住宅ローンの支払いがどんな状態になっているのかなども調べられます。携帯電話料金の支払い遅延などについても気を付けておいたほうが良いでしょう。

・パートをしている人でも審査に通る?

カーリースのサービスを行っている会社では、要するにユーザーに今後もきちんとした支払いが出来ることが可能だということが分かれば良いわけです。ですから、パートをしている人であってもきちんとした年収や月収があれば審査には通りやすくなります。ただし、今後も継続して勤務していけるかどうかということがポイントとなるでしょう。

また、夫や家族など保証人をつけて審査を通すことも可能です。

・審査には運転免許証が必要

当然ですが、カーリースの審査を受ける際には運転免許証が必要になります。これから免許を取るという人や、仮免中の人がカーリースのサービスを利用することはできません。また、パートナーなどが運転免許証を持っていて、その代わりに車をリースするといったこともできないので注意してください。

 

パートやアルバイトをはじめ主婦など女性におすすめの車

では、パートやアルバイトをしている人をはじめ、専業主婦や女性に人気の車はどのようなものがあるのでしょうか。もちろん、自分の好みによって車を選べば良いのですが、中にはどんな車を選んだら良いのか分からないという方もいるかもしれません。なので、こちらではそれぞれの車種について簡単に解説してみたいと思います。

・カーリースする車は用途に合わせて選ぼう!

自動車には様々な種類があります。軽自動車やセダンという言葉を知っている人は多いでしょう。その他にも、クーペやミニバン、SUV、ランドクルーザーなどの種類があります。カーリースを利用する際には、まずは自分の使用したい目的に合わせて車選びをするということが大切です。

・小型車や軽自動車

小型車や軽自動車は、女性に向いている車だと言って良いでしょう。なぜかというと、これらの自動車は小回りが利くからです。車庫入れなどを苦手としている人でも、軽自動車や小型車であれば簡単に車庫入れが出来ます。

職場に通勤したり、子供の送り迎えをするくらいであれば、小型車や軽自動車でも十分に用途に耐えます。また、リース料金もリーズナブルなので、パートで働く主婦の方などには家計にも優しいのがこのタイプだと言えます。

・セダンやクーペ

長距離の運転をする場合や、家族がすでに成長しているような場合には、軽自動車やコンパクトカーよりもセダンやクーペなどがおすすめです。セダンやクーペは小型車よりも一回り大きなタイプの自動車です。

仕事やレジャーなどで高速道路を走行する機会があるのであれば、セダンやクーペのほうが合っているかもしれません。また、荷物を積み込める量が違ってきますので、よく買い物に行く人にとってもセダンやクーペはおすすめです。

・ワンボックスカーやSUV

ワンボックスカーやSUVは、主にスポーツやレジャー向けの車だと言えます。とくにワンボックスカーの場合、床が広々としていてでっぱりもないためゆったりと座れるという特徴があります。荷物をたくさん乗せられる点も、ワンボックスカーの良いところです。

SUV車はオフロードの道を走る時などに便利です。家族の誰かがキャンプ好き、よく海や山に行く、といった場合にはSUV車を選んでみても良いかもしれません。ただし、ワンボックスカーやSUV車はリース料金が若干高めになっています。

 

パートの人がカーリースをするための審査は難しい?

カーリースの審査というのは、各社ともほぼ共通しているため、このリース会社なら受かりやすいと言うことはできません。しかし、料金的にリーズナブルなカーリースの会社というものはあります。

・パートをしている人にはカーコンカーリースもろコミがおすすめ

まずおすすめしたいのが、カーコンビニ倶楽部が提供している、カーコンカーリースもろコミです。カーリースもろコミはいくつかのプランがある他、様々なオプションが揃っています。また、毎月の料金も他のカーリース会社と比べるとリーズナブルです。

・カーコンカーリースがおすすめできる理由とは?

カーリースもろコミがもっともおすすめな理由は、契約満了後にクルマがもらえることです。契約期間が満了すれば、自分の車として継続して乗ることができるので、とてもうれしいポイントと言えるでしょう。

・カーコンカーリースもろコミの価格帯は?

カーコンカーリースもろコミの料金は、車種よって変わってきます。軽自動車などの小さな車であれば毎月8,000円くらい、普通自動車であれば12,000~20,000円くらいが目安となっています。基本的に頭金0円で乗り始めることができるので、この価格で新車に乗れるのは嬉しいですね。

また、カーコンカーリースもろコミには、車がもらえるプランと車を返却するタイプのプランが存在します。ご自身の状況やライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースで知っておきたい基礎知識!返却時に傷がある場合の対処法について解説

車に乗っていると、知らないうちに傷がついていたりすることがあります。マイカーの場合はそのまま放置したり、自分で修理したり、行きつけの修理工場に持ち込んだりとその対応も自由ですが、カーリースの場合はどうすればいいのでしょうか。 カーリースの契約満了時、車を返却する際に傷があったらどうすればいいのか、ここではその対処法について徹底解説します。

レジャー好きの大家族などにおすすめ!7人乗り自動車をカーリースで手に入れよう

何らかのイベントなどで親戚や友人が集まった時、「7人乗りの車があれば便利なのに」と感じることがあるのではないでしょうか。もとより大家族という場合はなおさらです。しかし、7人乗りのミニバンやSUVなどの新車は、コンパクトカーなどに比べるとかなり価格も上がり、なかなかハードルが高いといった問題も出てくるでしょう。 その点、カーリースを利用すれば、高額な初期費用なしで7人乗りの車が手に入ります。ここでは、そんなお得なカーリースの仕組みや、人気の7人乗りミニバンやSUVのカーリースの料金をご紹介します。

カーリースの利用は引越しをしても継続可能?サービスの詳細について解説!

希望車種を「リーズナブルな価格で自由に乗りこなせる」として、個人向けカーリースの人気が高まっています。数年間のカーリース契約を結ぶことで利用者は車を購入することなくカーリース会社が利用者の希望する車種を手配してくれます。 しかし、数年間の契約期間中にライフステージが変わることも十分考えられますし、転勤や転職などで引越しをすることも予想されます。今回はカーリース契約期間中に、引越しを行う際に必要となる手続きを紹介します。

カーリースとレンタルの違いって何?契約内容やメリットを徹底比較!

車を手に入れる方法としてカーリースを利用する人は増えてきています。カーリースの仕組みを聞くと、車をカーリース会社からレンタルして乗るようなものであると説明されるかもしれません。そこで浮かぶのが、レンタカーとは一体何が違うのだろうかという疑問です。 実はカーリースは車を借りている状態ですが、レンタカー会社でのレンタルとは全く異なる形式です。そこで、カーリースとレンタルの違いと、カーリースを選ぶ人がなぜ多いのかを見てみましょう。

カーリースの仕組みをきちんと理解しよう

ここ最近、新しい車の購入方法として人気急上昇している「カーリース」。気軽に車を所有することができるため、今まで金銭的に車を所有できなかった人も購入できる可能性が大きくなりました。しかし、その一方で契約をして失敗したという話も少なくありません。まずは、リース車がどのようなものなのかしっかりと知る必要があります。