カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは全国どこでも利用できる?カーリースの店舗数をチェック!

個人向けのカーリースは、人気の高まりに伴い、世の中にかなり普及してきました。今やカーリースは全国的なサービスであると言っても過言ではありません。では、カーリースの店舗はどれくらいあるのでしょうか?今回は主なカーリース会社の店舗数を調べてみました。

新車を扱うカーリース会社の店舗数

新車を扱うカーリース3社の店舗や加盟店の数をエリア別に見てみましょう。なお、新車のカーリースの店舗と言っても、そこにカーリース用の車が置いてあるわけではありません。

店舗で契約をしてからカーリース会社がディーラーに車を発注しますので、納車はディーラーにしてもらうことになります。契約から納車までは通常1~2か月かかります。

コスモスマートビークル(コスモ石油株式会社) 

・北海道:53店舗
・東北地方:113店舗
・関東地方:206店舗
・中部地方:138店舗
・近畿地方:197店舗
・四国地方:31店舗
・中国地方:54店舗
・九州地方:64店舗
・沖縄県:4店舗

大手のカーリース会社ということあり、全国的に店舗を展開していますね。ただ、県単位で調べてみると、福井県、徳島県、宮崎県、鹿児島県など、店舗が1つもない県もありました。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

・北海道:31店舗
・東北地方:16店舗
・関東地方:71店舗
・中部地方:80店舗
・近畿地方:54店舗
・四国地方:6店舗
・中国地方:44店舗
・九州地方:63店舗
・沖縄県:1店舗

「コスモスマートビークル」よりは店舗が少ないですが、それでも全国的に店舗を展開していると言ってよいでしょう。

定額ニコノリパック(株式会社MIC)

・北海道:店舗なし
・東北地方:2店舗
・関東地方:11店舗
・中部地方:2店舗
・近畿地方:6店舗
・四国地方:1店舗
・中国地方:2店舗
・九州地方:店舗なし
・沖縄県:店舗なし

「定額ニコノリパック」の店舗はまだ少なく、全国展開には至っていませんね。現在加盟店を募集して、徐々にサービスの範囲を広げていこうとしています。

 

中古車を扱うカーリースの店舗数

次に、中古車を扱うカーリース4社の店舗や加盟店の数を見てみましょう。新車を扱うカーリース会社と比べると、店舗数は少なめです。中古車のカーリースサービスでは基本的に在庫の中から車をリースします。

そのため、店舗に車を保管していなければならず、たくさんの店舗は持つことはできないのです。その代わり、新車の場合よりも早く納車してもらえます。

リボーン・カーリース(リボーン・カーリース株式会社) 

・北海道:4店舗
・東北地方:7店舗
・関東地方:店舗なし
・中部地方:3店舗
・近畿地方:3店舗
・四国地方:2店舗
・中国地方:店舗なし
・九州地方:店舗なし
・沖縄県:店舗なし

ニコリース(株式会社MIC)

・関東地方:6店舗

※関東地方のみでサービスを展開しています。

ニチゴカーリース(株式会社FIFTEEN)

・関東地方:4店舗

※国内は関東地方のみでサービスを展開しています。海外ではオーストラリアに1店舗あります。

アラジン(ウイングス株式会社)

・中国地方:2店舗
・九州地方:22店舗

※中国地方、関東地方のみでサービスを展開しています。

 

コスモスマートビークルの特徴

ここで、店舗数の多い新車のカーリースサービス「コスモスマートビークル」の特徴をご紹介したいと思います。

「コスモスマートビークル」では、メンテナンスプラン(ゴールドパック or シルバーパック or ホワイトパック)、契約期間(3年or 5年or 7年)、1カ月当たりの走行距離制限(500km or 1,000km or 1,500km)、頭金(0円 or 10万円 or 30万円 or 50万円)、ボーナス払い(0円 or 3万円 or 5万円)を自由な組み合わせで設定することができます。

メンテナンスプランの中では「ゴールドパック」が非常に充実したサービスとなっています。

このパックの場合、月々のカーリースの料金に「車両代」「登録諸費用」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検代」の他に「法定点検」「定期点検」「オイル交換」「タイヤ交換」「バッテリー交換」「ブレーキパッド交換」「ワイパーゴム交換」「エアコンフィルタ交換」などの費用も含まれます。

このように、「メンテナンスをカーリース会社に任せて楽をしたい!」という方におすすめのパックです。

ただし「ゴールドパック」の場合、月々のリース料金は少し高めになりますので、注意が必要となります。リース料金を抑えたい方は「シルバーパック」や「ホワイトパック」を利用することができます。

なお、「ゴールドパック」には「車両の延長保証サービス」、「ロードサービス」、「ガソリン代1リットルあたり5円引き」の特典も付いています。

 

リボーン・カーリースの特徴

店舗数の多い中古車のカーリース会社「リボーン・カーリース」についてもご紹介したいと思います。

「リボーン・カーリース」では、主に軽自動車をラインナップした「安心ライフ」(月額16,200円~)、コンパクトカーを中心にラインナップした「快適ライフ」(月額22,680円~)、ファミリーカーやカスタムカーを揃えた「満足ライフ」(月額29,160円~)の3つの価格帯のカーリース商品を用意しています。

「リボーン・カーリース」の月々の料金には「車両使用料」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「整備費用」が含まれています。契約時に「初回登録等手続き費用」が別途かかります(軽自動車の場合は16,200円、普通自動車の場合は23,760円)。

「初回登録等手続き費用」の内訳は、「名義登録費用」「納車前整備点検費用」「エンジンオイル交換費用」「各種油脂類の交換・補充費用」などです。

契約期間は1か月以上であれば自由に設定できます。契約期間の延長も可能ですし、1カ月以上利用していれば契約期間終了より早く返却することもできます。また、走行距離の制限はありませんので好きなだけ車を利用できます。

 

 

今回は主なカーリース会社の店舗数を確認しました。全国展開をしているカーリース会社もあることが分かりました。

もちろん、店舗が多いというだけで優良なカーリース会社とは言えませんが、店舗が多い方が利用しやすいのは事実でしょう。今はまだ店舗が少ないカーリース会社も、今後は店舗を増やしていくに違いありません。

 

※今回ご紹介した店舗数は2018年4月12日現在の情報です。店舗数は増減することがあります。

※店舗を地方別にご紹介しましたが、地方の区分は下記の通りです。
・東北地方:青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県
・関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
・中部地方:新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
・近畿地方:三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
・四国地方:徳島県、香川県、愛媛県、高知県
・中国地方:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
・九州地方:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース料金に含まれるものとは?点検費用や税金はどうすれば良い?

最近ではカーリースで車を手に入れる人が増えてきました。カーリースの料金には必要な諸費用が含まれるものなので、維持費の面倒な手続きもすべてお任せできます。 しかし、この「諸費用」とは一体何が含まれているのでしょうか。含まれるものをきちんと把握していないと思わぬ出費が発生したり、二重に負担してしまったりすることがあります。そうならないために、カーリースの料金に含まれるものと、契約の流れを見てみましょう。

カーリース料金、マツダの人気車種ではどれくらいで乗れるのか?

クリーンディーゼルエンジンで名を馳せているマツダ。「人馬一体」の走りはもちろん、洗練され高級感のあるエクステリアで、若い世代を中心に大きな人気を集めています。2017年にはマツダのSUVのフラグシップとなるCX-8の登場も話題を呼びました。 近年、マイカー導入の大きな流れとなりつつあるカーリースにおいても、マツダは高い人気を誇ります。ここではマツダの人気車種がカーリースではどのくらいの価格で利用できるのか、ご紹介します。