カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース会社によっては、ガソリン代を割引してくれるところも!知って得するカーリース情報まとめ

カーリース会社の中には、ガソリン代割引のサービスを提供しているところもあることをご存知でしょうか?今回は、ガソリン代が割引になるお得なカーリースサービスをご紹介します!

カーリースのメリットとは?知っておきたいデメリットもご紹介

まず、カーリースのサービス自体にどんなメリットがあるのかを見てみましょう。

カーリースのメリット

頭金なしで利用できる

カーリースでは基本的に頭金は必要ありませんので、まとまった初期費用を出さずに利用できます。

車両に対する支払額を抑えられる

カーリースでは多くの場合に残価設定がありますので、購入するよりも車両に対する支払額を抑えることが可能です。

車に関係する支払いがフラットになる

詳しくは後述しますが、毎月定額のカーリースの料金には、車両価格だけではなく、車に関係する諸々の費用が含まれていますので、出費がフラットになり、お金のやり繰りが非常にしやすくなります。

車の維持管理の手間がかからない

契約プランによっては、車のメンテナンスをカーリース会社に一任できますので、車の維持管理の手間を省くことができます。

手軽に車の乗り換えができる

カーリースでは、契約満了時に車を返却して別の車を新しくリースすることによって、手軽に車の乗り換えをすることが可能です。

ここまで見てきたように、カーリースにはたくさんのメリットがあります。しかし、デメリットがないわけではありません。以下でそのデメリットを説明しますので、参考にしてみてください。

カーリースのデメリット

最終的に車を買い取った場合、トータルでの支払いが購入よりも多くなる

契約満了時には、残価で車を買い取ることもできます。ただし、その場合の総支払額は、購入した場合にかかる総費用よりも多くなってしまいます。なぜなら、月々のリース料金やその他の費用に金利がかけられているからです。

契約満了時に残価精算がある

契約満了時に、返却車両の査定額が設定残価を下回った場合には、その差額を請求されます。そのため、カーリースの車は大切に扱う必要があります。

中途解約が原則としてできない

カーリースの契約は原則として中途解約ができません。やむを得ない事情で解約する場合には、高額な違約金が必要になります。

車の使用に制限がある

カーリースでは走行距離に制限が設定されることがほとんどです。超過した場合には、距離に応じて追加料金を請求されます。また、カーリースの車に勝手に改造やカスタマイズを加えることはできません。

このように、カーリースには注意すべき点もあります。ただし、月々無理のない支払いで手軽に新車を楽しめますので、便利で魅力的なサービスであるのは間違いありません。これからも、その人気は高まっていくことでしょう。

 

カーリースの料金に含まれないのは「ガソリン代」

カーリースには、メンテナンスリースとファイナンスリースの2種類があります。

メンテナンスリースでは、月額料金に、車両価格、登録諸費用、自動車取得税、自動車税(契約期間分)、自動車重量税(契約期間分)、自賠責保険料(契約期間分)だけではなく、車検代(契約期間分)、整備点検、オイル交換、消耗部品交換などのメンテナンス費用も含まれます(希望に応じて任意保険も付けられる)。料金は高めになりますが、車両の維持管理をカーリース会社にお任せできるのが魅力です。

ファイナンスリースでは、月額料金に、車両価格、登録諸費用、自動車取得税、契約期間中に発生する自動車税、自動車重量税(初回の車検まで)、自賠責保険料(初回の車検まで)のみが含まれます(任意保険も付けることが可能)。車を調達したいというニーズに応えるための金融的な性格の強いリース形態で、料金はメンテナンスリースよりもリーズナブルです。

法人向けカーリースの場合、上記のメンテナンスリースとファイナンスリースのいずれかを選択する形になっていることがほとんどですが、個人向けカーリースの場合は、ベースとなる料金(車両価格、登録諸費用、各種税金、自賠責保険料、車検代などが含まれる)に、希望に応じてメンテナンスパックを付けるというシステムになっていることが多いです。

メンテナンスリースのように、月々の料金に諸々の車の維持費用が含まれているプランであれば、リース料金以外で必要になるお金はガソリン代くらいになりますので、とても楽な気持ちで車を利用できます。

さらに言えば、ガソリン代も割引になれば、毎月のコストをさらに安く抑えられるのでうれしいですよね?次の項目から、ガソリン代割引のサービスを受けられるカーリースサービスを2つご紹介します!

 

コスモスマートビークルならガソリン代の割引を受けられる!

コスモ石油が運営するコスモスマートビークルでは、メンテナンスパックの種類に応じてガソリン割引が受けられるサービスを実施しています。メンテナンスパックには、ゴールドパック、シルバーパック、ホワイトパックの3つがあります。

ゴールドパックは、車検、整備、消耗品交換など、必要な費用が全てコミコミのパックで、車両の延長保証やロードサービスの特典も付きます。ガソリン代は5円/ℓ引きになります。

シルバーパックは、標準的な項目をカバーしたライトメンテナンスパックです。ガソリン代3円/ℓ引きのサービスを受けられます。

ホワイトパックは、車両代金と自動車税を含んだ、車に乗るために必要最低限のパックです。ガソリン代は1円/ℓ引きになります。

※ガソリン代割引を受けるにはコスモ石油指定のカードを使用する必要があります。

※ガソリン代割引は最大100ℓ/月までが上限となります。

 

出光オートフラットでもガソリン代の割引がある!

出光オートフラットでは、ユーザーの乗り方に合わせて、フルメンテプラン、マイメンテプラン、メンテなしプランの3つの契約プランを用意しています。

フルメンテプランは、車検等の点検や消耗部品の交換まですべてコミコミのプランです。故障修理対応や代車手配のサービスも付きますので、万が一の時も安心です。ガソリン代は7円/ℓ引きになります。

マイメンテプランは、重要なメンテナンス項目に絞ってリース料金に含めたプランです。定期点検やオイルの無料交換サービスを受けられます。ガソリン代は5円/ℓが割引となります。

メンテなしプランは、車両代金、登録諸費用、自動車取得税、自動車税のみのシンプルなプランです。ガソリン代は3円/ℓ引きになります。

※ガソリン代割引を受けるには「出光カードまいどプラス」を使用する必要があります。
※ガソリン代割引は最大100ℓ/月までが上限となります。

今回見てきたように、コスモスマートビークルや出光オートフラットなどは、石油会社系列の強みを活かしてガソリン代割引サービスを実施し、他社との差別化を図っています。ガソリン代を安く抑えたい方は、こうしたカーリースサービスを利用すると良いでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースを利用するために必要な年収は?

クレジットカードを申し込む時や、車のローンや住宅ローンを組む時、部屋を借りる時などには必ず年収について聞かれます。これは言い方を変えれば、年収によって、それらを利用できるかどうかが左右される場合があるということです。では、カーリースを利用する上で、年収は関係してくるのでしょうか、関係するとしたら、年収はいくらくらい必要なのでしょうか?

カーリースでN-BOXに乗ろう!

近年、個人向けカーリースが新しいスタイルの車との付き合い方として注目されています。以前と比べて、その人気はますます高くなっています。カーリース業者では、国産であれば、全車種、全メーカーの車に対応している場合が多いです。もちろん、安定した人気を誇るホンダのN-BOXも利用できます。ここでは、ホンダN-BOXの魅力に迫ると共に、 N-BOXを新車で安く提供しているカーリース業者をピックアップしていきます。

人気のカーリース会社のお得なサービスをご紹介!

個人向けのカーリースでは、月々の料金に「車両代」に加えて「登録諸費用」「各種税金」「自賠責保険料」「車検代」などが含まれるのが一般的です。多くのカーリース会社では、他にもメンテナンスサービスを実施したり、付加的な特典を付けたりして、他社との差別化を図っています。 今回は、人気のカーリース3社(カーコンビニ倶楽部株式会社、コスモ石油、オリックス自動車)がどんなサービスを提供しているのかをまとめてみました。

プリウスをグレード別に比較!おすすめのグレードをご紹介!

日本を代表するハイブリッド車プリウスですが、数多くのグレードが用意されているので迷っている方も多いのではないでしょうか。グレードによって価格や装備が異なるので、それぞれの特徴を知ったうえで選びたいですよね。今回はプリウスをグレード別に比較し、おすすめのグレードを紹介します!

新型スズキジムニーの全カラーはこれだ!人気カラーもご紹介

ジムニーと言えば本格的なクロカン軽自動車、どちらかというと玄人好みの車種でしたが、20年ぶりにフルモデルチェンジをした新型ジムニーの人気が爆発的に上昇しています。新しいファンを取り込むことに成功した新型ジムニーは豊富なカラーのラインアップも魅力的です。ここでは新型ジムニーの全13カラーと、その中から人気のカラーを紹介します。