カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース契約時の審査不要!審査なしの業者まとめ

カーリースは頭金などの初期費用や月々の支払いを抑えながら車に乗ることができるとても便利なサービスですが、リース期間中はローンと同じように毎月支払いをしていかなければなりませんので、基本的には借りるための「審査」があります。具体的にどのような審査基準があるのか、もし審査に落ちてしまった場合はどうすれば良いか、などについて解説をいたします。

カーリース会社によっては審査不要の場合もある?

 

カーリースとは、毎月カーリース料金を支払うことでカーリース会社所有の車を使用できる仕組みです。利用者が希望する車をカーリース会社が購入して貸し出すような形なので、レンタカーとは異なり、新車に乗ることも可能ですし、費用を抑えたいのであれば中古車をカーリースすることも可能です。

カーリース料金は、車両本体価格から契約満了時の車の価値である予定残存価格車を差し引いて設定します。その価格に購入時必要な税金や手続きなどの諸費用、維持に必要な自動車税などの税金や車検代、メンテナンス代などを足した金額を契約月数で割ったものが毎月のカーリース料金になります。

新車の場合は、カーリース会社が利用者の代わりにディーラーから車両を購入し、利用者は契約期間分の車両価格を分割で支払っていきます。契約満了まで、毎月カーリース料金を受け取ることでカーリース会社は契約期間中の車両代金を回収することになるので、カーリース会社にとって利用者が契約満了まで支払いを行なえるかどうかは重要なポイントです。

そのためカーリース会社は、契約時に利用者の支払い能力を審査し、カーリース料金を最後まで支払ってもらえるかを判断するのが一般的です。カーリースの仕組み上、審査することはカーリース料金の未払いというリスクを回避するために欠かせません。

一部カーリース会社では、審査不要で契約が可能というところもありますが、「審査不要」はカーリース料金を支払ってもらえないしれないというリスクを高める行為です。審査不要のカーリースは、そのリスクがあるうえで、審査不要にする何らかの理由や条件があることがほとんどでしょう。

カーリースは年単位で契約し、乗り続けるものです。審査不要にするために不安や不便さを抱えて利用し続けるよりも、一般的な条件でカーリースを利用する方が安心感を得られるかもしれません。

まずはカーリースの審査がどういうものかを知って、審査に通りやすいカーリース会社選びや審査に通りやすい工夫をしてみましょう。

 

カーリースの審査基準とは

カーリースはローンやキャッシングなどとは違いますが、同じように月々の支払いが生じてきますので「リース代を支払ってもらえないリスク」があると判断された場合、契約ができない可能性があります。どんなに借りたい車が見つかっても、月々の支払いも問題ないという確信があっても、審査でそのような結果が出てしまってはどうしようもありません。まずは審査基準にはどのようなものがあるのか、把握しておきましょう。

 

■一般的な審査基準

基準と言いましても、カーリースだけの特別な審査基準があるという訳ではなく、一般的にはカーローンの審査などをイメージすると良いでしょう。詳しい基準については各社明確にはしておらず、審査に落ちてもなぜ落ちたのか理由は説明してもらえないケースがほとんどです。ここでは一般的な基準をご紹介します。

 

まずは「個人情報」。住所・職業・年齢・年収などを確認することになります。これは基本的に「安定した収入があるか」「毎月のリース代を支払える程度の余裕がある年収か」「緊急時などにすぐに連絡が取れるか」「住居は賃貸か持ち家か」といったことに繋がります。例えば年収の割に家賃が高い賃貸物件に住んでいる場合、審査が若干通りにくくなる可能性が考えられるのです。なお、年収については200万円が最低ラインと言われています。しかし、例えば担保にできるような不動産などの財産がある場合、あるいは保証人を用意できる場合などは200万円に満たないケースでも契約できることがあります。トータルで判断されることになるでしょう。

 

次に最も大切なのが「個人の信用情報」です。例えば過去に「ローンなどの支払いが滞ってしまったことはないか」「債務整理等をした経歴はないか」「現在借金を抱えていないか・抱えているとしたらいくらか」といった情報を照会することで判断されます。消費者金融や銀行などから借り入れがあり、何らかの理由で支払えなくなってしまい法的に債務整理を行ったとしても、客観的には「契約不履行および破棄」と判断され、契約が難しくなってしまうことも考えられます。

 

一般的な審査基準はこの2点になりますので覚えておきましょう。

 

カーリースの審査に通りやすいのはこんな人!

審査で見られる様々なポイントがありますが、どのような人が審査に通りやすいのでしょうか。一般的な審査基準を踏まえて、審査に通りやすい人にはこのような特徴があります。

・年収200万円以上の人

カーリースを契約すると毎月数万円の出費が増えます。出費が増えても支払いを毎月続けるだけの余裕があるか、という観点で年収200万円以上が目安にされています。

・正社員や公務員など安定した雇用形態

契約期間中の支払い能力として、収入に安定性があると審査に有利になります。アルバイトや自営業は正社員、公務員と比べて収入が滞るリスクが高いとみられてしまうのです。

・勤続年数が長い

勤続年数が長いと就業に対する安定性があると判断されます。カーリース会社によっては求める勤続年数を決めているところもあります。

反対に1年未満だと、またすぐに仕事がなくなるのではないかと思われてしまい、審査には不利になります。

・持ち家に住んでいる

持ち家は資産とみなされます。万が一、収入が少なくなっても資産を持っている人は支払う手段が残されているため、支払い能力が高い人とされるのです。賃貸に住んでいても、別に不動産や土地を所有していれば同じように審査に有利な要素になります。

年収が低くても不動産をたくさん持っていれば、年収の足りない分をカバーできることもあります。

・今まで自己破産や債務整理、支払いの滞納などをしたことのない人

カーリースの審査では支払い能力だけでなく、信用情報も重視されます。自己破産、任意整理、滞納はこれまでに支払いをしなかった経歴として、信用できない人とされる判断要素です。クレジットカードや携帯料金の支払いの遅延を繰り返し行っていたという経歴も同様です。

そのため、今までそういった履歴がまったくない人は信用性が高い人として審査に通りやすくなります。

・借金や複数のキャッシング、カードローンがない人

すでに多数の借り入れをしていると、お金に困っていると思われます。こういったものが一切ない人は収入内でやり繰りできている、またカーリース料金という支払いが増えても対応できる、とみなされます。

・虚偽の申告をしていない

年収、職業、勤続年数、債務履歴など良い条件にしたくて虚偽の申告をするとそれだけで信用が失われます。虚偽の内容があると、正直に書いた部分の真偽も疑われてしまうでしょう。どんなに小さな内容でも発覚すると審査に落ちることは免れないかもしれません。当然のことですが、正直に申告することは審査に通るために大切な条件です。

・きちんとした保証人を持っている人

学生や主婦だと、年収や勤続年数、資産など上記の条件に当てはまる人は少ないかもしれません。しかし配偶者や両親など、上記の条件に当てはまる保証人がいるなら審査に有利になります。

 

審査を通す前に確認してみよう

審査を通す前に必ず確認をしておきたいことが「債務を抱えていないか」ということです。忘れているという方はさすがにいないと思いますが、不用意な審査不合格を避けるためにも、念のため確認をしておくようにしましょう。この情報は隠しても審査の時にバレてしまいますので、もし債務がある場合、審査の前にリース会社に相談してみることをお勧めします。そこで審査が通りやすい車(グレードなどは落ちる可能性がありますが)を借りることや、その他の条件をつけることでクリアできる可能性があります。

契約時点で、すでに税金や携帯、クレジットカードの支払いを延滞していると審査に不利に働きます。もしあるなら審査を受ける前に支払いを済ませて、滞納している支払いがないようにしておきましょう。

また契約内容が収支のバランスを崩さないものになっているかどうかも重要な点です。

カーリースを契約するとガソリン代、駐車場代など様々な出費が増えます。カーリース料金に加えそれらの維持費を毎月支払っていかなければいけません。収入に対してこれらの出費が多すぎるようなら、カーリース料金を毎月支払っていくのは難しいのではないかと思われてしまいます。

もちろん憧れの車種で契約をしたい気持ちはあるでしょう。しかしカーリース料金が収入に見合わないものだと審査に落ちてしまう可能性があるため、収支のバランスを確認するようにすることが大切です。

 

ブラックリスト入りは審査に通らない?

「ブラックリスト」は信用情報を判定するうえで、カーリースに限らず様々な審査において重要視されています。ブラックリストとは信用情報機関に登録されている事故情報のことです。多くのカーリース会社は、ブラックリストに契約者の記録が載っていないか調べて信用情報を審査します。

ブラックリストに載ってしまう理由には以下のものがあります。

・支払いの延滞

一律の基準があるわけではありませんが、一般的には2ヵ月から3ヶ月以上の延滞があるとブラックリストに載ってしまう可能性が高いです。特にこういった短い延滞を繰り返していると、その度に支払いを済ませていても遅延としてブラックリストに記録されることがあります。

・債務整理や自己破産

自己破産や任意整理を行なったことがある人は事故情報としてブラックリストに記録されます。

・強制解約

支払い滞納を行なって契約を解除されてたことがあると、その情報が残ります。

ブラックリストに載っている人はこれまで支払いの遅延や未払いを行なったことがあるため信用に欠けると判断できるのです。どこで遅延、未払いをしたとしても、その情報は信用情報機関へ共有されるためすぐにわかってしまいます。

しかしブラックリストに一度載ってしまったからといって、もう二度と審査に通ることができないわけではありません。ブラックリストの記録は永久的なものではなく、一定の年数が経過すると消滅するからです。

ブラックリストの記録が消滅するまでの期間は内容によって異なります。延滞や強制解約は5年程、自己破産は5年から10年程が目安です。この年数が経って、記録が消滅すると、その人の信用情報は回復するのでカーリースの審査に大きな影響を与えないと考えて良いでしょう

 

自分の信用情報がわからない場合は調べてみよう

ブラックリストに記録があるということは、経済状況が安定していない、またはこれまで支払いをしなかったことがあるということです。カーリース会社としては、最後までカーリース料金をきちんと払う人でなければ契約したくありません。ブラックリストに名前が記載されていると、審査結果に大きく影響します。すでにブラックリストに載ってしまっているなら、保証人をつけるなど他の審査基準を有利なものにする工夫をしなければいけないため、一度カーリース会社に相談した方が良いでしょう。

ブラックリストに載っているかわからない場合はどうすればいいでしょうか。ブラックリスト入りの条件に心当たりがある、もしくは以前載ったことがあるけど記録がまだ残っているかわからない、という人は信用情報機関へ「信用情報の開示申請」を行ってみましょう。

信用情報機関には、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)、JICC(株式会社日本信用情報機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)があり、それぞれに情報開示を求められます。JBAは郵送での申請のみですが、CIC、JICCは郵送の他、窓口、インターネットでの申し込みが可能です。簡単な手続きでブラックリストに載っているか確認でき、載っていなければ安心してカーリースの審査に進めます。不安な方は信用情報の情報開示をしてみると良いでしょう。

 

もし審査におちたら…?

「債務はない」「審査基準も満たしているはず」という場合でも、もしかしたら審査に落ちてしまうケースも少なくありません。もし落ちてしまったら次の方法を試してみてください。

 

■頭金を入れる

「頭金不要・月々1万円から」などがカーリースの魅力ではありますが、もし審査が通らなかった場合、経済的に余裕があるようであれば頭金を入れればどうか?ということも確認してみましょう。頭金を入れることで月々の支払いを減らせることになりますので、その分審査にも通りやすくなる可能性があります。相場としては車体価格あるいはリース総額の50%程度が目安とされています。

 

■リース会社を変えてみる

リース会社ごとに審査基準が異なるケースが多く、A社がNGでもB社はOKだったということもあります。

 

■連帯保証人をつける

連帯保証人をつけることで審査が通る可能性があります。しかしながら連帯保証人は「契約者が万が一支払えなくなった場合に一括で全額を支払わなければならない」「債務者(リース会社)の要求に異議申し立てができない」といった非常に重い責任が伴いますので、基本的には家族などの身内を立てることとなります。

 

■リース会社に相談をしてみる

審査に落ちた理由については説明してもらえない可能性が高いのですが、グレードを下げることで月々の支払いが減り、審査に通りやすくなる可能性は残されています。

 

審査に通るかどうか、審査基準はカーリース会社ごとに異なる

審査基準や審査に通りやすい人、審査に落ちたときの対処法をすべて当てはめたからといって審査に通るとは限りません。収入、勤続年数、雇用形態などの基準や審査で重要視するポイントはカーリース会社によって異なるからです。

年収200万以上ある正社員であれば必ず審査に通るわけではなく、信用情報などほかの条件が悪ければ審査に落ちることもあります。反対に、年収が低くても不動産を持っていたり勤続年数が長いことから定期的な収入があると判断されて審査に通るかもしれません。

信用情報に関しても、信用情報機関のブラックリストに載っていなかったからといって必ずしも大丈夫というわけではありません。各会社の独自のブラックリストというものも存在します。1つの会社に対して繰り返し滞納や遅延を繰り返していた場合、その会社から信用できない顧客として登録される可能性があります。もしも契約するカーリース会社がその会社の系列会社だった場合、独自ブラックリストに載っている顧客の審査は厳しくなるかもしれません。

この条件をクリアしていたら必ず審査に通る、というものはないので、審査に通るかどうかは申し込んだカーリース会社次第です。支払いの延滞をなくしたり、勤続年数が長いタイミングで申し込んだり、できるだけ審査に有利になりそうな条件をそろえて申し込むといいでしょう。

 

まだ諦めないで!契約審査不要や独自審査のリース業者もある!

それでも審査に落ちてしまった…という方、まだまだ諦める必要はありません。実は「審査不要」なリース業者や「独自審査」を行っているリース業者もあります。

 

審査不要のリース業者

エースカーリース&レンタル

大阪府岸和田市に店舗を構えているエースカーリース&レンタルは審査不要のリース業者です。1日500円~借りることができ、軽、乗用車、ミニバンなど車種も豊富です。

 

car shop CONER

car shop CONERは兵庫県西宮市に店舗を構えるカーショップで、同じく審査はありません。全国のオートオークションから好きな車を選ぶことができ、購入するよりもお得に乗ることができます。

 

■西九州カーライフ

長崎県諫早市・大村市の中古車カーリース専門店が西九州カーライフです。リース料金が前払い制(前月支払い制)のため審査が不要となっており、契約から納車までの間でも代車を無料貸し出してくれるサービスも行っています。

 

万が一の際のリース業者側のリスクが大きくなってしまうため、まだまだ「審査不要」というリース業者は非常に少ないのが残念ではありますが、もし近くに審査不要のリース業者がなくても諦める必要はありません。独自審査を行っているリース業者であれば、簡単な審査のみで契約ができる可能性が残されています。

 

■独自審査を行っているリース業者

チューレン汰

長野県、新潟県、石川県、群馬県に加盟店をもつチューレン汰は、独自の審査を導入しています。ローン会社を通しませんので、もし審査が通らなかった場合には相談してみましょう。

 

今回はカーリースの審査についてご紹介してきました。まずはなるべく審査に落ちないようにするために、「自分の債務の確認」「過去の支払い状況」などを確認し、通るかどうか微妙な場合は最も確率が高い方法を提案してもらうためにも正直にリース業者に相談をするようにしましょう。

カーリースの審査は、カーリース会社にとってリスクを減らすために不可欠のものです。その審査を不要、もしくは独自審査で基準を甘くとしているカーリース会社は、厳しい審査がない代わりにデメリットがある可能性もあります。審査不要のカーリース会社で多い条件は、地域が限られている、中古車など選べる車が限られている、カーリース料金の設定が高い、などです。

カーリース料金が高い、もしくは契約中のサービスが劣っているカーリース会社を選ぶと、契約期間中に不便を感じることも考えられます。せっかく憧れのカーライフを手に入れても、あまり気に入らない中古車だと喜びも半減です。

審査に通ることだけを重視してカーリース会社を選ぶのではなく、契約内容など総合的に比較検討することが求められます。審査不要のカーリース会社を選ぶ際はしっかり内容を確認するようにしましょう。

人気カーリースを見る

 

関連する記事

カーリースは個人事業主にもおすすめ!具体的なメリットをご紹介

頭金の支払いがなく、月々の支払いだけで新車に乗れるということで、カーリースを利用する人が増えています。実はこのカーリース、個人事業主にもおすすめです。個人事業主がカーリースを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。審査基準や注意点なども含めて徹底解説します。

今人気のカーリース、初めての人も安心して利用できる秘密を大公開!

人によってはお得に車を利用することができる「カーリース」ですが、いまいち聞きなれない分、どのような契約なのか、知らない部分も多いかと思います。そこで今回は、初めての人でも安心して利用できる人気のカーリースについて解説していきます。カーリースについて、少し気になっているという方は、ぜひチェックしてみてください。

カーリースでスバルの車に乗ろう!カーリース料金を徹底調査

日本の中堅自動車メーカーである「スバル」は、販売台数こそ少ないものの品質の高い車を提供することによって確固たる地位を築いてきました。その走行性や乗り心地の良さは多くの人の心を掴んでいます。現在では、そんな「スバル」の車をカーリースして乗ることができます。今回は「スバル」の魅力を解説すると共に、「スバル」の人気車種である「ステラ」、「インプレッサ」、「フォレスター」にカーリース業者の「オリックスカーリース」、「定額ニコノリパック」でどれくらいの料金で乗ることができるのかを調べてみました。