カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

ガソリンスタンドで契約可能?人気のカーリースをご紹介!

今人気のカーリースサービスの中には、ガソリンスタンドで気軽に契約できるものもあります。また、ガソリンスタンドでメンテナンスサービスを実施していたり、ガソリン代を割引したりしているカーリース会社もあります。今回は、そんなガソリンスタンドでのサービスを充実させている、おすすめのカーリース会社をご紹介します!

コスモスマートビークル

ガソリンスタンドを展開する企業のカーリースサービスと言えば「コスモ石油」の「コスモスマートビークル」が有名です。

「コスモスマートビークル」の大きな特徴は、自分のライフスタイルに合わせて「メンテナンスプラン」「契約期間」「走行距離制限」「頭金やボーナス払いの有無」などを自由な組み合わせで設定できることです。

「メンテナンスプラン」は「ゴールドパック」「シルバーパック」「ホワイトパック」の3つの中から選びます。

「ゴールドパック」では、カーリースの料金に「車両代」「登録諸費用」「自動車取得税」「自動車税」「重量税」「自賠責保険料」「車検代」「法定点検費用」「定期点検費用」「オイル交換費用」「タイヤ交換費用」「バッテリー交換費用」「その他の消耗品の交換費用」などが含まれ、とても手厚いメンテナンスサービスを受けることができます。

特典として「車両の延長保証」「ロードサービス」が付きます。さらに「コスモ石油」のガソリンスタンドで「ガソリン代1リットルあたり5円引き」のサービスを受けることが可能です。

「シルバーパック」は「ゴールドパック」から「タイヤ」や「バッテリー」などの長期的に交換するものを除外したパックで、標準的なメンテナンスサービスとなっています。「コスモ石油」のガソリンスタンドで「ガソリン代1リットルあたり3円引き」のサービスを受けられます。

「ホワイトパック」ではカーリースの料金に「車両代」「登録諸費用」「自動車取得税」「自動車税」のみが含まれます。メンテナンスサービスが「なし」のプランとなっています。「コスモ石油」のガソリンスタンドで「ガソリン代1リットルあたり1円引き」の特典を受けることができます。

契約期間は「36か月」「60か月」「84か月」から選択することができます。1ヶ月あたりの「走行距離制限」は「500km以内」「1,000km以内」「1,500km以内」から設定します。頭金は「なし」「10万円」「30万円」「50万円」から、ボーナス払いは「なし」「3万円」「5万円」から選ぶことができます。

「コスモスマートビークル」では、全国にある「コスモ石油」のガソリンスタンド(カーリース取り扱い店舗)で相談や契約が可能です。ウェブサイトから申し込む際に希望するガソリンスタンドや店舗を指定することができます。

また、リース車のメンテナンスも「コスモ石油」のガソリンスタンドで実施してもらえますので、非常に便利です。ガソリン代の割引サービスもそうですが、「コスモスマートビークル」では「コスモ石油」の強みを生かしてガソリンスタンドでのサービスを充実させています。

 

定額ニコノリパック

「定額ニコノリパック」は「ニコニコレンタカー」を展開している「株式会社MIC」のカーリースサービスです。基本的に5年契約でサービスを提供しており、車種によって月額で1万円・2万円・3万円(税抜)のプランを用意しています。

カーリースの料金には「車両代」「登録諸費用」「自動車取得税」「自動車税」「重量税」「車検代」「新車1カ月点検の費用」「新車6カ月点検の費用」「エンジンオイル交換費用(計9回)」「ウォッシャー液補充費用」「バッテリー液補充費用」「クーラント液補充費用」などが含まれます。

リース期間中には「ガソリン代1リットルあたり5円引き」の特典も受けられます(リース契約をした販売店のガソリンスタンドのみ)。

リース料金にメンテナンスサービスもいくつか含まれていますが、より一層内容を充実させたい方のために、月額2,000円(税抜)で「ライトプラン」、月額3,000円(税抜)で「バリュープラン」というメンテナンスパックを用意しています。

「ライトプラン」では「法定6カ月点検」「法定12カ月点検」や、諸々の「消耗部品交換」のサービスを受けられます。「バリュープラン」では「ライトプラン」の内容に加えて「タイヤ交換」「バッテリー交換」がパックに含まれます。

契約期間終了時には下記の4つの選択肢が与えられ、ユーザーは自分の希望に合わせて、自由に選択することができます。

・車を返却して契約を終了する
・車を返却して新しい車に乗り換える
・契約を延長して同じ車を再リースする
・車を買い取る

「定額ニコノリパック」はガソリンスタンドに店舗を構えています。これにより、ガソリン代割引のサービスが可能となっていますし、ガソリンスタンドは土日でも開いていますから困った時にも頼りになります。

 

番外編!おすすめのカーリース会社

ここまで、ガソリンスタンドでのサービスが充実しているカーリース会社について見てきました。もちろん、ガソリンスタンドでのサービスがないとしても、おすすめできるお得なカーリース会社は他にもたくさんあります。その中の1つは「カーコンビニ倶楽部株式会社」です。

「カーコンカーリースもろコミ」の最大の特徴は「残価設定」がないということです。残価設定が0円なので、契約期間満了時には追加費用なしで車をもらえます。

「残価設定」のあるカーリースでは、契約終了時に車の「査定額」と「設定残価」の差額精算が実施されて、思わぬ費用が発生することがありますが、「カーコンカーリースもろコミ」では、そのような可能性はありませんので、安心して車を利用することができます。

「カーコンカーリースもろコミ」のカーリースの料金には「車両代」「自動車取得税」「登録諸費用」「自動車税」「重量税」「自賠責保険料」「車検代」が含まれています。

「もろコミ」には、7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」があります。それぞれ、契約期間満了の2年前から自由に車の返却や乗り換えができるようになる、非常に親切なプランとなっています。

また、カーコンカーリースもろコミを契約すると、契約期間中ずっと1Lにつき20円キャッシュバックという嬉しいキャンペーンも行われており (4月17日時点)、より充実したカーライフをサポートしてくれます。

「カーコンカーリースもろコミ」は非常に便利でお得なサービスとなっていますので、利用に値するカーリースの1つと言えるでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース業車の評判を徹底調査!人気のカーリース業者3選

カーリースの人気が急上昇するにつれて、リース業者もどんどん増えてきています。多様な車種やプランの中から選べるのは利用者にとっては嬉しいことですが、「どの業者が自分にとって最適なのか?」と考えた時に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?カーリースの利用を考えている方のために、今回は選ぶ際のポイントとともに人気のカーリース業者をご紹介します。

レジャー好きの大家族などにおすすめ!7人乗り自動車をカーリースで手に入れよう

何らかのイベントなどで親戚や友人が集まった時、「7人乗りの車があれば便利なのに」と感じることがあるのではないでしょうか。もとより大家族という場合はなおさらです。しかし、7人乗りのミニバンやSUVなどの新車は、コンパクトカーなどに比べるとかなり価格も上がり、なかなかハードルが高いといった問題も出てくるでしょう。 その点、カーリースを利用すれば、高額な初期費用なしで7人乗りの車が手に入ります。ここでは、そんなお得なカーリースの仕組みや、人気の7人乗りミニバンやSUVのカーリースの料金をご紹介します。

1日500円で車が手にはいるワンコインのカーリース

「1日たったの500円で車に乗れる!?そんなことってあるの!?」実は、あるんです。今、ワンコインカーリースを提供するリース業者が徐々に増えつつあります。とはいえ安すぎると「ボロボロの車じゃないの?」「キツい縛りがあるんじゃないの?」などなど、不安を感じてしまう方も少なくないでしょう。今回はワンコインのカーリースについて詳しく解説をします。

カーリースで利用している車の車検費用は誰が支払うの?

カーリースは月々のリース料金を支払うことで、長期間車を借用できるサービスです。車を「借りる」という契約ですから、車の「所有者」はカーリース会社となります。そして、ユーザーはその車の「使用者」という扱いになります。それでは、その車の車検費用はいったい誰が支払うのでしょうか。カーリース会社でしょうか、それともユーザーでしょうか?

カーリースで中古車も選べる!中古車をリースする際の注意点と絶対知っておくべきこと3選

カーリースでは新車以外に中古車もリースすることができます。当然、新車をリースするよりもリース料金が安くて済みますが、あくまで中古のため新車とは多少異なる点がいくつかあります。メリット・デメリットや新車との比較、中古車をリースする際に押さえておきたいポイントについて解説をします。

カーリースに興味があるけれど運転に自信がない方必見!リース車の事故対応や修理費用について解説

「カーリースって便利そうだけど、いまいちどんなものかよくわからない…」そんな風に思っている人は多いのではないでしょうか。 中でも、「車はほしいけれど運転に自信がないから傷つけてしまわないか心配」「リース車の修理は誰がやるの?」などの不安は色々とあるのではないかと思います。 今回は、リース車を傷つけてしまった場合の修理はどのようにすれば良いのかというお話を、カーリースの基本的な仕組みの説明と併せて行っていきます。