カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

ガソリン代がキャッシュバックされる?走行距離が長い人におすすめのカーリースサービスとは

初期費用を抑えることができ、毎月の支払いも安定するため、近年利用者が急増しているカーリース。今回は特に走行距離が長い人におすすめのガソリン代キャッシュバック付きカーリースをご紹介します。

カーリースのメリット・デメリット

カーリースを利用する前に、メリットやデメリットを把握しておきましょう。

まずメリットとして言えるのが、初期費用が安いということです。ローン購入のように頭金が必要ありませんので、初期費用を節約して新車に乗りたい人に最適です。

そのうえ、車検、自動車税、自賠責保険料、自動車重量税といった維持費が月々のリース料金に含まれていて、リース期間中のそれらの維持費を毎月均等に支払うため、家計が安定するというメリットもあります。

車の所有者もカーリース業者になりますので、税金の納付、保険料の支払いなどはもちろん、事故後の対応などもカーリース業者に任せることができます。

デメリットとしては、全損事故などで走れなくなった場合、強制解約となって残金をまとめて払わなければならないことや、中途解約ができませんので、何らかの事情で解約する場合、解約金や違約金が必要になることがある点です。

そのほか、カーリースでは走行できる距離が設定されていますので、制限距離をオーバーしてしまうと超過料金を精算することになります。この点は、車にたくさん乗りたい人にはデメリットと言えるかもしれません。

とはいえ、燃費が良いハイブリッド車や4WDなど、高くて購入をためらってしまう人気車種も、初期費用を節約して安く乗ることができるのがカーリースの魅力です。その手軽さから、近年カーリースの利用者が急増しています。

 

カーリースを利用する際に特に気をつけたい走行距離の制限

カーリースを利用する際、見落としてしまいがちなのが走行距離制限です。カーリースでは、リース期間中に走行できる距離が制限されているのが一般的です。

うっかり走行距離をオーバーしてしまうと、返却時に精算が必要になってしまいますので、契約前にしっかり確認しておきたいところです。

なお、走行距離の制限は各カーリース業者によって異なります。主なカーリース業者の走行距離制限について比較してみますので、参考にしてください。

コスモスマートビークル
コスモスマートビークルは月間500kmから1,500kmまで、利用目的に応じて走行距離を選ぶことができます。

住友三井オートサービス
Carsma5、Carsma7は月間1,000kmの走行距離制限が設けられています。

定額ニコノリパック
定額ニコノリパックは5年間の走行距離が60,000kmに制限されています。月間にすると1,000kmとなります。

このように、各カーリース業者は独自に走行距離の制限を設定しています。もし走行距離をオーバーしてしまうと1kmあたり5~8円などの超過料金が発生します。

数km程度ならまだしも、せっかくカーリースを利用して節約に励んでいても、走行距離を大幅にオーバーしてしまうことで多額の精算金を請求される事態になりかねませんので、注意が必要です。

とはいえ、走行距離を気にしながらのカーライフは窮屈ですし、たくさん乗りたいのに我慢しなければならないのでは、新車を手に入れた楽しみも半減してしまいます。

そこで、たくさん乗りたい人におすすめしたいのが、カーコンビニ倶楽部株式会社のカーコンカーリースもろコミです。

カーコンカーリースもろコミの走行距離はなんと月間2,000km、つまり1ヶ月30日として毎日60km乗っても、まだ200km程度も余裕があるほど、長く設定されているのです。

 

たくさん乗りたい人はカーコンカーリースもろコミがおススメ

毎日の通勤や買い物、週末のドライブや連休中の家族旅行など、車が手に入ることで生活の質が一気に向上しますので、車に乗るのが楽しみという人も多いのではないでしょうか。

先ほど、各カーリース業者の走行距離の制限を比較し、カーコンカーリースもろコミが2,000kmと最も長く、たくさん乗りたいという人におすすめとお伝えしました。

ですが、走れば走るほど必要になるのがガソリン代です。ガソリン代はリース料金に含まれませんので、乗った分だけ負担が増えることになります。

節約のためにガソリン代を安く抑えたいけれど、そうするとカーライフを楽しめない……そんなジレンマを抱えている方も多いのではないでしょうか?

たとえば燃費20km/Lのハイブリッドカーをリースし、毎月2,000km乗るとします。ガソリン代を140円と仮定して算出してみると次のようになります。

140円×100L=14,000円

毎月14,000円のガソリン代が必要になり、年間にすると168,000円になります。

カーコンカーリースもろコミでは「月々税込8,000円」と1万円以下でリースできる人気車種が多数ありますが、ガソリン代を含めて年間で考えると

(8,000円+14,000円)×12ヶ月=264,000円

となり、結果的に他のカーリース業者と変わらないか、場合によっては高くついてしまうケースも考えられます。

では、たくさん乗りたい人にカーコンカーリースもろコミをおすすめする理由はどこにあるのでしょうか?

実は現在、カーコンカーリースもろコミでは、ガソリン代をキャッシュバックしてくれるキャンペーンを実施しています。

つまり、節約のためにガソリン代を安く抑えることも気にせず、思いっきりカーライフを楽しむことができるのです。

 

リース期間中のガソリン代が1Lあたり20円キャッシュバックされる!

カーコンカーリースもろコミのガソリン代キャッシュバックキャンペーンについて詳しくご紹介します。

内容は「契約期間中、ガソリン1Lにつき20円を毎月100L分までキャッシュバックしてくれる」というもので、毎月最大で2,000円、年間最大24,000円ものキャッシュバックがもらえるという訳です(※キャンペーンは変更される場合がありますので、目安としてご参考ください)。

ガソリン代補助サービス

このキャンペーンは、2018年4月1日以降にカーコンカーリースもろコミWEB、またはカーコンカーリースもろコミを提供しているもろコミ販売店で契約した車が対象となります。

レギュラー、ハイオク、軽油すべてが対象で、給油した翌月にカーコンカーリースもろコミを提供しているもろコミ販売店に次の書類を持参すれば、キャシュバックがもらえます。

※給油時に発行されたレシート
※契約車の車検証
※積算走行距離を証明できるもの(契約車で来店する場合は不要)

なお、一点注意したいのが、1L未満の端数は切り捨てになる点です。たとえば85.5Lの場合、キャッシュバックは85L×20円=1,700円となります。そのため、端数にならないような給油を意識すると良いかもしれません。

このように、節約のためにガソリン代を安く抑えたい、でもたくさん乗りたい、その両方を叶えてくれるのが、カーコンカーリースもろコミです。

カーリースの利用を検討している方はぜひ、カーコンカーリースもろコミで快適なカーライフを送ってみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースでN-BOXに乗ろう!

近年、個人向けカーリースが新しいスタイルの車との付き合い方として注目されています。以前と比べて、その人気はますます高くなっています。カーリース業者では、国産であれば、全車種、全メーカーの車に対応している場合が多いです。もちろん、安定した人気を誇るホンダのN-BOXも利用できます。ここでは、ホンダN-BOXの魅力に迫ると共に、 N-BOXを新車で安く提供しているカーリース業者をピックアップしていきます。

カーリースってどんな流れで契約するの?遠方納車は可能?カーリースの基本的な仕組みから納車までの流れを一挙にご紹介!

カーリースという言葉は聞いた事があるけれど、レンタカーより期間が長いという事以外、詳細について、実はあまり知らない方も多いのが現状です。この記事では、カーリースの際に遠方納車が可能かどうかなども含め、基本的な仕組みを一挙にご紹介します。