カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

クレジットカード払いでの車検は要注意?車検の分割払い時に知っておくべきこと

車検は車の維持費の代表格ともいえる負担の大きなものであり、急遽必要となった車検費用が家計を圧迫してしまうことも珍しくありません。その際に、分割払いができるクレジットカードは非常に便利です。今回は車検をクレジットカード払いする前に知っておくべきことをご紹介します。

タイトルアイコン

車検基本料もコミで急な出費なし!毎月定額で車を購入

カーリースなら頭金なし、自動車税や車検基本料など諸費用が毎月のリース料にコミコミなので車の維持がとっても楽に!特に負担となる車検をお任せできるのはカーリースならではのメリットです。お得かつ楽に車に乗りたければカーリースがおすすめです!

車検でクレジットカード払いが必ずできるわけではない

クレジットカードはキャッシュレスでお会計を済ませることができ、さらにその費用を一括だけでなく月々の分割払いにして一時的な負担を減らすことのできる、魅力的な支払い方法です。

クレジットカードには手数料や年会費が必要な場合もありますが、その分ポイントが貯められるなど様々なメリットが存在します。

そんなメリットの多いクレジットカード払いですが、結論からお伝えすると車検費用はクレジットカード払いできない可能性があります。

もちろん、車検費用を全額カード払いに対応しているお店もありますが、車検にかかる一部費用は現金で支払う必要があったり、最悪の場合だと車検費用全てにカード払いが対応していないことも少なくありません。

特に多いのが車検を通す際に支払わなければいけない自動車重量税や自賠責保険などといった法定費用の現金払いです。

法定費用はどのような車両であっても1万円を超える決して負担の軽いものではありません。

そのため、車検のカード払いを検討している場合は依頼する店舗へあらかじめ確認しておき、車検後の支払いで困ることのないよう注意必要となります。

 

車検をクレジットカード払いできない理由

車検をクレジットカード払いできない理由についてですが、単純にお店がクレジットカード払いに対応していないなど考えられますが、カード払いに対応している場合であっても車検に関しては支払いが難しいことがあります。

これは車検がお店の中で利益となるウエイトが大きく、カード払いで一時的に立て替えるためにはそれなりの資金が必要となるからです。

特に、車検費用の中でも自動車重量税や自賠責保険などの法定費用は、直接的にお店の売り上げとなる費用ではなく、そのまま国や保険会社へ支払う費用となります。

このことから、大きなグループ会社などでなければ車検のクレジットカード払いは難しく、できたとしても法定費用のみは現金にて支払わなければならないケースも多いです。

また、お店によっては売り上げの大きなウエイトを車検費用の未払い防止策として、一部前払いの意味合いで法定費用の現金による先払いを求められる場合もあります。

法定費用に含まれる自動車重量税は車種や年式によって変化しますが、基本的にどの車両であっても3万円前後は必ず必要となる費用です。

前もって用意しておかなければ現金で一括というのは難しい負担だと思いますので、車検までに法定費用についてだけでも積み立てておく必要があるでしょう。

 

クレジットカード払いで支払う車検費用の詳細

車検費用の中で法定費用に関してはクレジットカード払いが難しい可能性があることをお伝えしましたが、車検の費用が具体的にどのように構成されているかご存知でしょうか?

簡単に説明すると、車検は自賠責保険や自動車重量税、届出に必要な印紙代などの法定費用と、実際に行う検査費用や検査を通すために必要な点検、部品代金の車検基本料金、または整備費用に大きく分けられます。

ここでは、この法定費用と車検基本料について詳しい内訳をご紹介します。

法定費用

法定費用は主に下記のような車検を通す上で合わせて支払いが必要な税金や保険の総称となります。

・自動車重量税
・自賠責保険料
・印紙代

その中で自動車重量税は、その名前の通り車両の重量に応じて課税金額が変動する税金となっており、普通乗用車の場合は0.5トン毎に年間4,100円を2年間分まとめて納税しなければなりません。

軽自動車の場合は、普通乗用車と異なり重量にかかわらず一律で年間3,300円の負担となります。

重量税にはエコカー減税が適用されるため、適合する車両の場合は免税、または一部減税を受けることが可能ですが、初回登録から13年以上が経過した車両は0.5トン毎に年間5,400円と増税されることとなり、さらに18年経過で0.5トン毎に年間6,300円にまで跳ね上がります。

また、自賠責保険料については、普通乗用車であれば24ヶ月契約で21,550円、軽自動車の場合24ヶ月契約で21,140円と年式などで費用が変化する心配はありません。

近年の事故被害を軽減させる様々な安全技術の進化によって、事故率の低下と共に自賠責保険料金も2020年4月にその料金が引き下げられています。

ここまで紹介した費用に手数料として支払う印紙代が2,000円ほど必要となりますので、もしも法定費用のカード払いが不可能な場合は、一般的な1.5トン程度の普通乗用車を例に挙げると5万円程度の負担を現金にて先払いを覚悟しなくてはなりません。

車検基本料

車両が公道を走行する上で基準を満たしているのか実際に検査する費用や点検費用はこの車検基本料となります。

車検では、主に法定24ヶ月点検と呼ばれる点検と、検査員によって車両の排気ガスや排気音、各部灯火類の点検からブレーキテストまで検査する検査業務の2つが存在し、これらは車検基本料として表記されていることが多いです。

もし車検の際にどこも交換する部品がない場合は車検基本料と法定費用の合計が車検にかかる総額となりますが、多くの場合は車検を通すために必要な部品交換や、車検と同時に行う定期メンテナンスなどの追加整備費用が必要となります。

特に、タイヤなどは走行距離にもよりますが、ゴム製品となるため3年などのスパンで交換することが多い部品となっており、費用もそれなりにかかります。

タイヤのような定期交換部品以外にも、車検基本料が占める割合は不具合や交換部品が多くなる年式の伸びた車両ほど多くなりますので、車検時以外の点検で定期的に部品を交換などして負担を分散することがオススメです。

 

クレジットカード払い以外で車検を分割する方法がある?

クレジットカード払いが難しい場合のある法定費用も含めた車検費用の内訳についてご紹介しましたが、車検にかかる費用はクレジットカード以外の方法でも分割できる可能性があります。

たとえば、車の所有者であるカーリース会社と契約して車の使用者となるカーリースも有効な方法の1つです。

あらかじめ決められたプランに合わせて月々一定の金額で車を使用できるカーリースでは、今回ご紹介した法定費用に含まれる自賠責保険料金や自動車重量税が月々の費用に含まれていることから車検時にまとめて負担する必要がありません。

また、プランによっては車検基本料から、車検時に必要となる交換部品代や整備費用まで月々の費用の中に含まれている場合もあるため、カード払いと同様に車検の負担を完全に分散することもできます。

もちろん、車検費用や点検費用が全て月々費用に盛り込まれたプランは、月々支払う負担も大きくなってしまいがちですが、駐車場代やガソリン代などといった維持費以外を把握しやすく家計をより安定させることにも繋がるでしょう。

カーリースした車両も一定期間で車両をそのまま自分の名義にできるプランまで様々存在するため、自分のライフスタイルに合わせた自由なプラン設定ができるのもカーリースの魅力となっています。

 

カーリースの魅力は車検費用の分散以外にも!

カーリースによる車検費用による負担の分散についてお伝えしましたが、既に車を所有されている方にとっては、自分は当てはまらないとお考えの方もいるかと思います。

それもそのはず、車の新車購入は非常に手間がかかり、簡単に乗り換えたり売ったりすることは非常に面倒ですし、頭金などの準備も必要となります。

しかし、新車契約時に頭金の用意が必要ないこともカーリースの魅力です。

カーリース会社やプランによっては頭金の設定ができ、頭金を支払った方が月々費用に含まれる車両代金が減ることから負担を減らすことが可能ではありますが、頭金を用意せずにカーリースを開始することは不可能ではありません。

もちろん、車両は自身の好きな車両から選択できますので、今お乗りのお車から好きな新車に気軽なお乗り換えが可能です。

また、クレジットカード払いでの車検費用の分散を意識すると、クレジットカード払いに対応していないお店を選ぶことができず、依頼する店舗の制約によって手間や費用的な不利益を被ることも防止できます。

ただし、カーリースには一般的な車両購入時に使用するローン審査と同じように、リース会社からの審査に通過しなければなりませんので、契約前にご自身の経済業況や信用情報について確認しておくようにしましょう。

 

車検のクレジットカード払いは前もって確認を…

今回は車検費用をクレジットカード払いする場合の注意点やカーリースへの乗り換えについてご紹介しました。

車検は年式や走行距離が伸びれば伸びるほど、車検にかかる費用は大きくなるものです。

特に、クレジットカード払いが難しい法定費用に含まれる自動車重量税も、一定の年式に応じて増税となってしまいますので、車両に未練がない場合はカーリースを活用も視野に入れて維持費の少ない新車へ乗り換えを検討することも大切となるでしょう。

また、クレジットカード払いを検討している際は見積もり時にカード払いが可能であるか確認しておくことも重要です。

特に日頃から点検をカード払いしている場合は車検時に法定費用のみ現金払いとなって困らないよう更なる注意が必要となります。

可能であれば車検時に負担が集中しないよう日頃から車をメンテナンスするなどし、前もって積み立てておくことも意識してみるとよいでしょう。

クレジットカード払いもカーリースによる新車への乗り換えでも、できるだけ早めに確認し、車検ギリギリで焦って損をすることがないようご注意ください。

関連する記事

カーリースでN-BOXに乗ろう!

近年、個人向けカーリースが新しいスタイルの車との付き合い方として注目されています。以前と比べて、その人気はますます高くなっています。カーリース業者では、国産であれば、全車種、全メーカーの車に対応している場合が多いです。もちろん、安定した人気を誇るホンダのN-BOXも利用できます。ここでは、ホンダN-BOXの魅力に迫ると共に、 N-BOXを新車で安く提供しているカーリース業者をピックアップしていきます。

カーリースは頭金ありのローンと何が違う?契約前のチェックポイントを徹底解説!

個人向けのカーリースが増えつつあり、ライフスタイルに合わせたカーリースでの車の所有といった、新しい車の乗り方が提案されています。カーリースを利用する上で、メリットとなるのがコスト面ですが、カーリースと頭金ありのローンはどう違うのでしょうか。今回はカーリースと頭金ありのローンの違いや、契約前のチェックポイントを解説します。

60歳以上でもカーローンは組める?対策やおすすめのカーリースについても解説

還暦や定年を迎えてもまだまだ続くカーライフ。ライフスタイルの変化に伴ってクルマの買い替えを考えることもあることでしょう。とはいっても退職金に手を付けて一括購入するのはちょっとためらってしまうかもしれませんね。今回は60歳以上でもカーローンを組むことは可能なのか、対策や新しい車の乗り方として注目を集めているカーリースも含めて解説します。