カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

ネット審査が可能な注目のカーリースをご紹介!

カーリースの利用を申し込むうえで必ずといっていいほどあるのが審査ですよね。カーリースを利用する上で、料金を支払う能力があるかどうかを審査されるのですが、この審査に通過できないとカーリースを利用することができません。また、カーリースの審査は店頭だけではなく、ネットでも可能なカーリースが多くあります。今回はカーリースのネット審査を中心にまとめていきます。

カーリース審査の仕組みは?ネット審査はある?

カーリースでも、車をローンで購入する上でも、審査は必ずといっていいほどあります。長期的にお金を支払っていくための能力がなければ、会社側としても利用させるのが難しくなりますよね。

主に、カーリースの審査では、利用者の支払い能力を見定めていくのですが、具体的にどのような項目を審査しているのでしょうか。まずは、カーリースの審査の仕組みから解説していきます。

そもそも、カーリースは車を借りるサービスです。サービスの利用期間は長期間にわたるものが多く、3年~9年といったスパンで利用することになります。また、中途解約についても基本的に認められず、利用者は契約満了まで利用料金を毎月支払うことになります。

月々の料金はリーズナブルかもしれませんが、それが長期にわたって続くとなれば、それなりの金額を支払うことになります。そのため、カーリースの審査では、長期的に相応の金額を支払うことができるかどうかの支払い能力を確認されるのです。

カーリースの審査は、主に「個人情報」と「信用情報」という2つの項目を基準に行われます。

まず、個人情報については、住居、年齢、職業といった基本的な内容から、年収などもチェックされます。特に、職業と年収の重要度は高く、カーリースを継続的に利用するために必要な経済力と安定した収入が見込めるかどうかが判断されます。

一般的に、カーリースの審査を通過する上での、年収のボーダーラインは200万円以上といわれています。ただし、この年収に届いていない場合でも、連帯保証人を用意することによって、審査に通過しやすくさせることができるといった対処方法もあります。

次に、信用情報についてです。信用情報は、主に個人の債務履歴などが調べられます。過去に、自己破産や任意整理など借金に関するトラブルの経験があるかどうかや、クレジットカードの支払いの遅延があるなど、信用情報に傷が付いてしまっている場合、審査をパスすることができないことがあります。

カーリースの審査では、主にこのような項目がチェックされます。自分の個人情報や信用情報に自信がない人は、カーリースの店舗に足を運び、相談をしてみるといいかもしれません。

また、カーリースの審査はネットでも行うことができます。わざわざ店舗に行く必要がないので、非常に便利ですし、時間もかからないので手間を省けます。

 

大手カーリース会社では、ネット審査が可能な場合が多い!

カーリースの審査はネットで行うことができる場合があると説明しましたが、もちろん来店のみの対応となっているカーリース会社もあります。では、ネットで審査を受けることができるカーリース会社にはどのようなものがあるのでしょうか。

実際に、ネット審査を行っているカーリース会社としては、「コスモスマートビークル」や「オリックスレンタカー」があります。どちらも納車までの手続きをネットのみで完結することができるので、非常に便利ですね。

このように、比較的大手の会社が運営しているカーリースでは、ネットでの審査が可能な場合が多い傾向にあります。店舗に行く時間がない人や、家の近くに店舗がないといった人は、ネットですべてが完結するカーリース会社を選ぶというのも一つの選択肢ですね。

 

カーリースにおけるネット審査の流れ

カーリースの審査はネットで行うことができるということがわかりました。では、具体的にネット審査はどのような流れで行われるのでしょうか。

ここでは、「オリックスカーリース」を例に出して、ネット審査の流れを簡単にまとめていきます。

オリックスカーリースでは、「カーリース・オンライン」というサービスを行っており、ネット上で、車種の選択から見積もり、契約プラン、審査までを行うことができます。これだけのことをネット上で完結することができるのです。

それでは、オリックスカーリースのネット審査などの流れをまとめます。

まず、カーリース・オンラインのページから、希望の車種を選びます。オリックスカーリースでは、国産全メーカー、全車種から好きな車をカタログから選ぶことができます。

希望の車種を選んだら、契約プランやオプションなどを決め、オンライン上で見積もりを発注します。表示された見積金額に納得した場合は、契約の申し込みとなり、審査に移行します。

審査に関しても、ネット上ですべて完結するようになっています。審査に通過した場合、契約に必要な書類を郵送にて送ります。この時点でも、まだ店舗に来店する必要は全くありません。

契約成立後、車庫証明や住民票などを郵送し、最後に納車となります。オリックスカーリースでは納車に関しても、自動車販売店から自宅に納車してくれます。

申し込みから、審査、契約、納車といった全ての手続きを、家にいながらでも行うことができるというのは非常に便利です。近くにカーリースの店舗がなくても、カーリースを利用することができます。

以上が、オリックスカーリースの申し込みから納車までの具体的な流れになります。全ての手続きがネット上または自宅で完結してしまうというのは中々ない、便利なカーリース会社といえるでしょう。

 

カーリースのネット審査で落ちる可能性があるのはこんな人!

カーリースの利用には審査が必要となるのですが、この審査に通過するかどうか不安に感じている人も多いはずです。ここでは、ネット審査において、落ちる可能性がある人の特徴を紹介していきます。もし、当てはまった場合は注意が必要です。

まず、第一にカーリースの審査基準でもある個人情報と信用情報が審査を通過する水準に達していない人は、審査に通過するのは難しいでしょう。

年収が200万円に達していない人、安定した収入を得ていないアルバイトなどの職業の人、収入のない主婦はもちろんそうですし、信用情報に傷が付いているような人も注意が必要です。

また、ネット審査においては、このような判断基準を満たしていたとしても、審査に落ちる可能性があります。それは、審査に使う情報が不正確な場合です。

ネット審査の場合は、必要項目に自分の情報を記載していく形になるのですが、その際に、不正確な情報を記載した場合、審査する側としては、記載情報が審査基準を満たしていても、審査に通過させることが難しくなります。

例えば、記載されている年収や職業が実際のものと異なる場合や、過去の債務履歴を隠している場合など、調査会社からの報告と記載情報に食い違いが見受けられた際には、審査する側としては不信感を持つことになります。

そのため、店舗で具体的に相談ができない分、ネットでの審査においては、提供情報に正確性や誠実性が求められるということを覚えておいた方がいいでしょう。また、審査に通過する自信がない場合は、審査不要のカーリースを利用するという手段もあります。

例えば「car shop CONER」では、審査不要でカーリースを利用することができるので、年収や債務履歴に不安がある人でも安心です。
人気カーリースを見る

関連する記事

車リースは本当にお得!?新車を購入した時と比較してみた!

近年、カーリースを利用したいという方が増えています。月々の支払いを安く抑えながら新車に乗ることができるカーリースですが、新車をローンで購入する場合と比べるとどちらがお得なのでしょうか?月々の支払いや金利なども含めて比較してみました。カーリースを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

カーリース契約満了時に車はどうなる?4つの選択肢について解説

カーリースを利用して長年乗った愛車が契約満了を迎えると、いったいどうなるのでしょうか?「カーリースの仕組みがよくわからない」「契約満了後の手続きが複雑そう」などと考え、カーリースの利用を躊躇している人もいるかもしれませんね。今回は、契約満了時に選べる4つの選択肢について解説します。