カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

ローンが通らなくてもカーリースができる!自社ローンの仕組みとメリット・デメリット

カーリースは、基本的に信販会社と契約を結ぶことで利用することができます。つまり、審査に通らなければ利用はできないということになります。 審査に通らなそうだからと言って、金利の高いローン契約をしてしまうのも考え物です。そんな方におすすめなのが「自社ローン」となります。 ここでは、自社ローンの仕組みと自社ローンでカーリースする際のメリット・デメリットについて詳しく答えます。

タイトルアイコン

初期費用無・諸費用込・毎月定額で車が持てる

カーリースは頭金0なので初期費用無し!税金や車検代もコミコミの毎月定額で車が手に入るので月々の支払いがわかりやすく安心です。

自社ローンとは

自社ローンとは、一般的に何を意味するのでしょうか?

自社ローンとは

自社ローンとは、車を購入する時にディーラーや自動車販売店が独自に用意している自動車ローンのことです。車の購入費用を銀行や信販会社を通さずに販売店が立て替え、利用者はそのお金を販売店に毎月返済していきます。簡単に言うと、利用者が販売店と分割払いの契約をすることです。

自社ローンのメリット・デメリットは以下の通りです。

自社ローンのメリット

自社ローンは、金融機関や信販会社を通さないので、一般的なカーローンよりも審査が早く終わり、納車までの期間も短くなります。

別のメリットは、審査に比較的通りやすいということがあります。一般的なカーローンの審査では、住宅ローンや携帯などの分割払い、クレジットカードのリボ払いなど複数の借入れを抱えたりしていると審査に通らないことがありますが、自社ローンではそうした点についての審査が緩めだと言われています。

また、銀行や信販会社のカーローンでは、過去の債務歴など、今までの実績から支払い能力を判断しますので、返済の遅延や延滞の記録があったりすると審査でかなり不利になります。一方、自社ローンの場合は今現在の支払い能力の有無を重視する傾向があります。さらに、自営業者や派遣社員、フリーターなどでも比較的通りやすいのが特徴となっています。

自社ローンのデメリット

自社ローンは審査が比較的甘い分、頭金を用意することや安定した収入を持つ連帯保証人を付けることが条件になることがあります。

また、自社ローンは金利を安く設定していることがあり、場合によっては「0%」と謳っていることもあるのですが、車両価格が高く設定されている場合が多いので、支払う総額は結局多くなってしまいます。このため、銀行や信販会社系のローンの審査に通過できる人はそちらを利用した方がお得です。

自社ローンに向いている人

・複数のローンを組んでいる人

銀行や信販会社のカーローン審査では、複数のローンや分割払いを抱えていると多重債務者と判断されて審査通過が難しくなることがあります。一方、自社ローンでは他での支払い状況を考慮せずに審査をする場合があります。

・信用情報に不安がある人

銀行や信販会社は、個人の今までの債務歴を記録しているCICやJICCなどの信用情報機関のデータを確認して、滞納や延滞の記録が残っている場合には審査を通過させないことが多いです。でも、自社ローンは現在の支払い能力を重視する傾向にありますので、債務歴にキズがある場合でも審査に通る可能性があります。

・勤続年数が短い人

一般的なカーローンの審査では勤続年数も審査基準の一つになっており、ある程度の収入があるとしても同一の職場での勤続年数が1年未満の場合は、収入が不安定であるとみなされてしまうことがあります。一方、自社ローンでは勤続年数を不問としているケースもあります。

 

自社ローンのカーリースもある!

自社ローンとは、カーリースを行っている会社自身が、独自に行っている貸し付けのことです。オートローンのように、ジャックスやセディナジャックスやセディナ、オリコなどの信販会社・ローン会社を「自社ローン」は通しません。

つまり会社自身が、利用希望者の信用状況を独自の審査基準で判断する形となります。信販会社を通さないため、他社でローンに落ちてしまった場合など自社ローンを試す価値はありそうです。

カーリース会社は、リースを利用する人が本当に信用できる人なのか、支払い能力がある人なのかを調べる必要があります。そのため、ほとんどの場合審査機関などを使用します。

この審査機関などを省いて自社の基準で審査を行い、リース契約をするのがカーリースにおいての「自社ローン」なのです。

 

カーリースの魅力とは?

カーリースはさまざまなメリットがあるため、近年人気を集めています。以下で、カーリースの魅力をご紹介したいと思います。

初期費用がかからない

車をカーローンで購入する場合、頭金が必要になることがあります。一方、カーリースでは頭金が基本的に不要です。また、新車を購入する時にかかる税金やその他の諸費用はすべての毎月のリース料に組み込まれています。このため、初期費用をかけずに新車に乗り始めることができます。

家計の管理が楽

カーローンで車を購入した場合、毎月の返済とは別に自動車税、重量税、自賠責保険料、車検代などをその都度用意しなくてはなりません。一方、カーリースの場合、毎月定額のリース料に契約期間中に発生するそうした費用がすべて含まれていますので、家計のやり繰りが楽です。また、プランによっては、オイル交換や消耗部品(タイヤやバッテリーなど)の交換などのメンテナンスもサービスに含めることができますので、車にあまり詳しくない人でも楽に車を維持していくことができます。

・車の乗り換えが楽

車を購入した場合、車を乗り換える時にはそれまで乗っていた車を売却するか廃車にするかしてから、新しい車の購入手続きをしなくてはなりません。でも、カーリースの場合は車の乗り換えが非常に楽です。それまでの車を返却して新たに別の車をリースすればそれで済むからです。

お手頃な料金で新車に乗れる

カーリースでは、契約満了時の車の予想下取り価格を設定して、その価格を新車価格から差し引いた上でリース料を算定するのが一般的です。このため、カーローンよりも車両に対する支払額を抑えることができ、リーズナブルな月額料金で利用することができます。

好きな新車を選べる

レンタカーは基本的に在庫の中から車を選ばなければなりませんが、カーリースは好きな新車を選んで利用できます。契約者が希望する新車をカーリース会社がディーラーから購入して貸し出すという仕組みになっているからです。車種だけではなく、グレードや色、オプションも自由に選べます。

 

自社ローンでカーリースする際のメリット

信販会社・ローン会社を通さないので、比較的審査が通りやすそうな自社ローンですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょう。

・審査に通りやすい

自社ローンは、信販会社・ローン会社を通さないので、過去の信用情報は審査に一切影響しません。過去に何かしらの理由でローン審査が通らなかった人でも、上記の理由から審査に通る可能性があります。

自社ローンの審査方法は、勤務先や勤続年数を書類で確認するものや、面接で決定するものなどさまざまで、審査基準もカーリース会社によって異なります。希望のカーリース会社があるのであれば、事前調査を行っておくようにしましょう。

・金利が不要

オートローンは金利がつきますが、自社ローンのほとんどは金利が0%です。商品を販売して金利をつけるには、賃金業務取扱主任の資格をもった社員が会社に必要になります。

一般的なカーリース会社に、賃金業務取扱主任の資格をもった社員がいることは稀なので、ほとんどが金利商品を扱うことは出来ません。

これが、自社ローンに金利が付かない理由です。金利が高くなるほど総支払額が高くなるので、大きなメリットといえます。

・手続きがスムーズ

オートローンなどは信販会社に審査を通す必要があるため、審査結果が出るまでに数日間かかることがあります。

自社ローンの場合、カーリース会社が独自に審査を行っているため、書類申請の手間も時間もかからず最短日で結果が判明します。

場合によっては当日に判明することもあるので、早く車を利用したい人にとってはメリットといえるでしょう。

 

自社ローンでカーリースする際のデメリット

魅力的に感じる自社ローンですが、デメリットも存在します。

・高級車をリースする場合は自社ローンが組めないことがある

高級車をリースするには、月々の支払額が増えるため収入によっては自社ローンが組めないことがあります。

・月々のリース料の支払いが滞ると車を引き上げられてしまう

月々のリース料の支払いがなんらかの理由で滞ってしまうと、止むを得ずカーリース会社からリース車を引き上げてしまうケースがあります。

ほとんどの場合、利用者には原状回復責任があることが多く、傷や故障があれば自己負担で元の状態に戻さなければなりません。

・保証人が必要

自社ローンを組む場合は、保証人が必要となるケースが多いです。保証人になってもらうのは、誰でもいいというわけではありません。基本的には、保証能力が高い親・兄弟・親族を保証人として立てます。

 

自社ローンのカーリースが向いている人

自社ローンが向いている人は、通常のローン審査が通らなかった方やローンが組めない方です。具体的には、以下のような方に向いているといえます。

・年金受給者

・自己破産経験者

・カードブラック経験者

・任意整理経験者

・他のカーリース会社でリース契約できなかった方

・勤務先での勤続年数が浅い方

・携帯電話料金の滞納でローンが通らない方

・年齢が若すぎることが理由で通らない方

 

自社ローン対応・審査なしのカーリース会社

実際に自社ローンに対応している、または審査なしのカーリース会社をいくつか紹介します。

・チューレン汰

チューレン汰では、中古車を安くリースすることが可能です。自社ローン対応のため、月々の支払いが可能であれば、誰でも利用できます。

1ヶ月~最長2年間まで、中古車リースが可能となっています。リース料に含まれているものは以下の通りです。

・車検
・重量税
・自動車税
・自動車保険
・定期点検
・オイル・エレメント交換
・任意保険
・JAFロードサービス・タイヤ(夏・冬各4本まで)
・バッテリー(1個まで)
・一般修理

リース期間中の一括請求などはなく、毎月のリース代を払えば問題なく使用できます。

car shop CONER

car shop CONERでは、全国のオートオークションの中から車を選ぶことができ、レンタカーのように気軽に利用できる会員制システムのリースです。リース料には車検・税金、登録費用・自動車税・車検代はもちろん含まれています。

さらに、故障した場合は無料で修理、同車種・同クラスへ無料で乗り換えができるなどの特典もあります。ローン契約ではないので、審査や金利などはありません。

gap access

個人事業主や中小企業経営者向けで、車だけでなくOA機器・口調設備など事業で必要なものがリース可能な、関東地区専門のリース業者です。以下のような場合でも、書類審査だけでなく事業内容を評価して審査します。

・新規開業で実績が今はない
・金融機関から融資を断られたことがある
・個人で営業している
・事業計画書の作成ができていない
・個人の信用情報に履歴がある
・決算書が赤字

比べてレンタカーリース

比べてレンタカーリースは、カーリースプランとレンタカープランの2種類があります。ローン契約ではないのでリースの審査はなく、会社を立ち上げたばかりでも契約しやすくなっています。

希望車の在庫があれば注文を受けてから、最短即日から乗車も可能です。他にも「比べてレンタカーリース」のリースには、以下のような特徴があります。

リース代にはメンテナンス代も含まれている

リース代金以上に重要なのは、維持費や突発的な故障時の自費負担です。「比べてレンタカーリース」では上記のようなリスクもすべて負担してくれます。車を維持するのに必要な、オイル交換・タイヤ交換などのメンテナンスはもちろん無料です。

継続契約年数がないため契約途中の車種変更も可能

「比べてレンタカーリース」では、契約年数の縛りや解約精算金等がありません。そのため、タイミング問わず、台車、車種、全て自分の都合に合わせて乗り換えでき、解約も可能です。

今回は、ローンが通らなくてもカーリースができる!自社ローンの仕組みとメリット・デメリットについて詳しく紹介しました。近年、自社ローンの利用者は増加しています。

ですが、どこのカーリース会社でも自社ローンを行っているというわけではないので、希望店に直接問い合わせる等、しっかり事前調査をしてから契約に挑むようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

「Honda SENSING」を全タイプに標準装備!ホンダN-BOXの安全性能を徹底解説

軽自動車でありながら室内空間の広さを売りとして登場したホンダN-BOX。2011年に発売されて以来現在に至るまで高い人気を維持しています。驚異的な販売台数を誇るこの軽スーパーハイトワゴンは安全性能にも力を入れています。今回は「Honda SENSING」を全タイプに標準装備したホンダN-BOXの安全性能について解説します。

カーリースで一番安いところを調べるためにはどんな方法がある?

個人向けのカーリースは、数多くの会社が事業を展開している状況にあり、利用者としてはどれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。人によっては、料金で選ぶ人もいますし、サービスやオプションなどで選ぶ人もいます。今回は、特に料金にフォーカスして、安くカーリースを利用できるところはどこなのかについて解説していきます。