カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

任意整理した人はカーリースを利用できる?

任意整理した人は、その後5年間はローンを組んで車を購入するのが難しくなると言われています。では、カーリースの場合はどうでしょう。カーリースは、ローンを組むのとは違うため、任意整理後でも利用できるのでしょうか?

任意整理とは?

任意整理とは何か?

任意整理とは、貸金業者と交渉して借金を減額したり、利息をカットしたりすることで、現在の支払いよりも負担を軽くする手続きです。和解交渉の1つで、多くの場合、弁護士や司法書士などの法律の専門家が、債務者から依頼を受けて交渉にあたります。

任意整理をすると、借金の元本自体が減額になる可能性があります。「利息制限法」の利息に従って借金を計算し直しますので、いわゆる「グレーゾーン」の金利を支払っていた場合には、借金をかなり減らせるかもしれないのです。

また、今後に課される金利もカットする方向で和解交渉が進められますので、交渉がうまくいけば、将来の利息分の支払いも回避できるかもしれません。

よく、任意整理と債務整理を混同する人がいますが、任意整理は債務整理の中の1つです。債務整理には、他にも「個人再生」や「自己破産」などの手続きがあります。これらは裁判所を通す手続きですので、任意整理よりも一歩踏み込んだ債務整理となります。

任意整理のデメリット

任意整理には、借金を減らすうえでメリットがありますが、デメリットもあります。それは「信用情報機関」の「信用情報」に債務整理歴が載ってしまうということです。

冒頭で「任意整理した人は、その後5年間はローンを組んで車を購入するのが難しくなる」と述べましたが、その理由は信用情報にあります。

信用情報に債務整理歴が載っている人は、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることが難しくなるのです。債務整理歴は、任意整理をしてから5年間、もしくは任意整理をして借金を完済してから5年間消えることがありません。

「過払い金の請求」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは利息制限法に照らし合わせて、払い過ぎていた利息分を貸金業者から返してもらうことです。

借金を完済した後に請求をした場合や、借金の返済中の請求であっても過払い金との相殺で借金がなくなった場合などには、これが信用情報に載ることは基本的にありません。

ただし、借金の返済中の請求で、請求した後もなお借金が残っているという場合には、任意整理の記録として信用情報に載ることになりますので、この点は注意しましょう。

 

任意整理をした人はカーリースの契約を結べるのか?

では、任意整理をした人は、その後にカーリースを利用することはできるのでしょうか?結論から言いますと、任意整理をした人はその後、5年間はカーリースを利用することはできないと考えられます。

なぜなら、カーリース会社は契約の前に審査を実施し、その際に申込者の「信用情報」を照会するからです。カーリース会社はクレジット会社やローン会社と同様、信用情報機関に情報を照会することができるのです。

しかし、カーリースは車をリースするサービスであり、そのためにローンを組んだり、お金を借りたりすることはありません。それなのに、カーリース会社はなぜ審査を実施するのでしょうか?

カーリースの契約期間は3年、5年、7年などの長い期間にわたり、中途解約は原則としてできず、月々のリース料金は決して安くはありません。

車両代や各種税金、メンテナンス費用などがリース料金に反映されますから、車両代から設定残価が差し引かれるとはいえ、それなりの金額になります。契約者はリース料金を契約が終わるまで毎月払い続けなければなりません。

もし契約者がリース料金を途中で支払うことができなくなったらどうなるでしょうか?カーリース会社はリース契約が成立した時点で、ディーラーから車両を調達し、その費用は全額カーリース会社が負担します。

つまり、契約者がリース料金を最後まで支払わないと、カーリース会社は損失を被ることになるのです。そのため、カーリース会社は契約にあたって、申込者の経済能力を確認するために審査を実施し、任意整理を含む債務整理歴も確認するのです。

 

他にどんな人はカーリースを利用できないか?

ここまで、任意整理をした人は、その後少なくとも5年間はカーリースを利用できない可能性が高いことについて見てきました。では、他にはどんな人がカーリースを利用できない可能性があるのでしょうか?

カーリース会社によって審査基準は多少異なりますが、カーリースの審査基準について、一般的に言われていることを元に考えてみましょう。

未成年

未成年はカーリースを利用できない場合があります。ただし、連帯保証人を付ければ、未成年でも利用できるカーリース会社も存在します。

パートやアルバイト

パートやアルバイトの場合、安定した収入がないとみなされ、カーリースを利用できないことがあります。しかし、ほとんどの場合、連帯保証人をつければ利用できます。

年収が200万円未満の人

毎月の収入が安定していても、その金額が少ないと十分な収入がないとみなされ、カーリースを利用できないかもしれません。ただし、この場合も連帯保証人を付けることで問題は解決します。

借金の遅延や延滞の履歴がある人

クレジットカードやローン払いなどで、遅延を何度も繰り返していたり、2か月以上の延滞があったりする場合、信用情報機関の信用情報に記録が載ってしまう可能性があります。情報が載っている間は、カーリース会社の審査で不利になるかもしれません。

債務整理歴のある人

任意整理をした人がカーリースを利用するのが難しいわけですから、任意整理よりも重い手続きである個人再生や自己破産をした人は、なおさら利用が難しいでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースを利用中に乗り換えたくなったらどうする?乗り換えの流れや便利なサービスをご紹介!

カーリースは便利なサービスではありますが、契約期間が数年間単位で行われるサービスでもあるので、契約期間中の様々な変化に対応できるのか、気になりますよね。特に、契約期間中の車の乗換えは、誰もが気になるところでしょう。今回は、カーリースの利用中に乗り換えをしたくなった場合に、どのような選択肢が考えられるのかまとめていきます。

カーリース車でバッテリー切れや故障を起こしてしまった時はどうする?

カーリースとはカーリース会社所有の車を使用する仕組みです。気軽に新車に乗れる方法として、近年カーリースを利用する人が増えてきています。 しかし車に乗っていればバッテリーがあがったり、故障してしまったりトラブルはつきものです。カーリースしている車が故障した時は注意しなければいけません。カーリースした車の所有者はカーリース会社だからです。 万が一の際に慌てることのないように、カーリースの車のバッテリー切れや故障の際の対処方法を事前に把握しておきましょう。

車検にかかる日数はどれくらい?車検に時間がかかるケースや業者ごとの違いについて解説!

車検は有効期限が切れるまでに受けなければいけません。車検が切れてしまうとその車は公道を走れなくなってしまいます。そこで気になるのは、車検完了までにいったい何日かかるのかということです。 車検にかかる日数は一律なのでしょうか。それとも、年式や業者によって異なるのでしょうか。車検に出すベストなタイミングを決めるためにも、車検にかかる日数についてみてみましょう。

車検はいつからいつまでに受ければいい?車検の期間や切れてしまった時の対処法

車を使用する上で切っても切り離せないのが車検です。車検は2年、もしくは3年に一度という頻度で毎年あるものではないので、ついうっかり次の車検がいつからか忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。 車検切れを防ぐためには車検をいつからいつまでに受ければいいのか、しっかりと把握しておく必要があります。ここでは車検をいつからいつまでに受ければいいのか、さらに万が一、車検切れになってしまった際の対処法をご紹介します。