カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

燃費で選ぼう!カーリースにかかるコストを大幅にカットする方法とは

カーリースのコストは、車検や税などがコミコミで一定となっているため、一時的な支払いがなく、計画的な車の利用が可能です。車を利用すると燃料費が別にかかります。乗る機会が多い方や運転に慣れていない方など、燃費によってはコストが多くかかってしまうこともあります。 カーリース会社のサービスには、燃費管理や燃費で車選びができるサービスもあるのをご存知でしょうか。今回は、燃費管理によってカーリースにかかるコストをカットする方法をご紹介していきます。

■コストカットの基本!燃費削減に力を入れるトヨタレンタリースのECOドライブサポートとは?

1.燃費管理はカーリースコストカットの基本!

カーリースにかかるコストは、カーリースする車種や走行距離制限、各カーリース会社の各プランによるカーリース年数などによって変化します。契約したカーリースのコストを支払うことに加えて、日常的な出費としてガソリン補給があったり、万が一の場合の出費や、交通事故による中途解約金といった出費があったりとコストがプラスされます。

そこで、カーリースのコストをカットする方法があるのをご存知でしょうか。

決まったカーリース料からコストをカットするためには、車を燃費で選ぶことが基本として挙げられます。燃費管理によってコストカットを実現するのが、トヨタレンタリースの「ECOドライブサポート」です。

2.トヨタレンタリース「ECOドライブサポート」を活用しよう

トヨタレンタリースの「ECOドライブサポート」は、カーリースコスト削減のためにエコドライブをサポートする企業向けの燃費管理専用の無料Webサイトです。

燃料費の削減、交通事故の防止、企業目線で見たコンプライアンスの強化といった3つがエコドライブによって実現されます。

登録は簡単です。企業ごとのWebサイトに専用IDでログインし、エコドライブの対象とする車両を登録します。IDはトヨタレンタリースにお問い合わせすることで取得でき、その後はトヨタレンタリースの担当者の方がついてくれるので手続きも安心です。

登録後は、企業内でのエコドライブの意識付けのために役立つ「ECOドライブのコツ」といったガイドや各種教育ツールを使って、社内でエコドライブについて共通理解を深め、実践に活かしましょう。

実践に移してからのサポートが手厚いのも特徴です。

登録車両の走行距離や給油量をWebサイトのシートに記録することで、トヨタレンタリースの担当者から結果のフィードバックを受けることができます。結果の分析だけでなく、全国ランキングも出るので、日頃の燃費意識を高めることが可能です。

3.PDCAサイクルで「ECOドライブサポート」のメリットを最大限に活用しよう

トヨタレンタリースではPDCAサイクルによって、燃料費の削減、交通事故の防止、コンプライアンス強化を実現します。Plan(計画)は、エコドライブの共通理解や教育、燃費目標設定などがあり、Do(実践)では、実際に運転した実績をシートに記録、確認します。

Check(検証)は、トヨタレンタリースの担当者による結果の分析結果やランキングをもとに目標設定や値の達成度のチェックをします。最後にAction(改善)でエコドライブの成果や改善点を実践に生かし、さらなるエコドライブにつなげます。

上記のサイクルを繰り返すことで、エコドライブのメリットをさらに引き出すことができます。

実際のデータとして、70%もの企業で燃費が向上し、燃料費の削減や安全運転の意識の向上が実現されています。燃料費の削減などで悩まれている企業の方は、ぜひトヨタレンタリースの「ECOドライブサポート」を利用してみましょう。

 

オリックスカーリースオンラインは、燃費から車選びが可能!

燃費を意識することで、カーリースのコストを大きくカットすることができます。トヨタレンタリースの「ECOドライブサポート」は企業向けのサービスでしたが、オリックスカーリースオンラインのサービスは個人の利用でも活用できます。

オリックスカーリースオンラインでは、燃費からカーリースで利用する車を選ぶことができます。燃費で車を絞り込むだけでなく、月々の料金も表示されるので、カーリースのコストの計画を立てやすく、おすすめです。

燃費30km/L以上、25~30km/L、20~25/L、15~20km/L、15km/L以下と分かれているため、検索しやすく、燃費に合わせて、乗りたい車種も探すことができます。ご自身の支払い計画に合わせて、燃費などを参考に車選びをしてみましょう。

 

カーリースで人気の低燃費車をランキングでご紹介!

第5位 マツダキャロル 37km/L

マツダから販売さているキャロルは、軽自動車ながら広々とした車内空間が魅力の車種です。車両の軽量化、減速時のエネルギーチャージ、可変バルブ機構などによって、高水準な燃費性能を実現しています。安全装備も充実しているので、カーリースにおすすめです。

第4位 スズキアルト 37km/L

スズキから販売されている軽自動車のアルトは、軽量化により、最高レベルの燃費効率の良さを実現しています。軽自動車ならではの愛着の湧くフォルムに加えて、車内環境も過ごしやすくなっています。グレードによって、エネルギーチャージシステムなどの機能がるので、乗り方次第でも、燃料費を削減できる可能性を秘めた車種です。

第3位 トヨタアクア 37km/L

トヨタから販売されているアクアは、スタイリッシュな見た目や車内の快適さに加えて、燃費の良さも実現した車種です。ハイブリットな性能による燃費軽減だけでなく、エコドライブモード、EVモードの2つから選べるエコ運転でさらに燃費を削減することができます。自動ブレーキなどの安全機能もしっかりとついているので、カーリースの万が一の出費のリスクの防止にもつながるでしょう。

第2位 トヨタプリウス 34~40.8km/L

トヨタで販売されているハイブリッド車を代表する車種です。グレードによっては、世界トップレベルの燃費である40.8km/Lを実現します。燃費だけでなく、スタイリッシュなフォルムや快適な車内空間、無駄な音のしないストレスフリーな設計など多くの魅力があるので、お得でカッコイイ車種の一つです。

第1位 トヨタプリウスPHV 30.8~61km/L

プリウスのプラグインハイブリッド方式のモデルです。プラグインハイブリッドとは、家庭用電源などから充電ができる方式のことで、外部電源からの充電に対応し、バッテリーにもリチウムイオンバッテリーを採用しているため、ハイブリット機能が充実しています。充電も短時間でフル充電できるので、快適さも魅力です。プリウスのプラグインハイブリットモデルでワンランク上の燃費管理をしましょう。

 

燃費で車を選んで、カーリース料を節約しよう!

今回は、燃費管理によってカーリース料を節約できる方法をご紹介しました。企業向けのトヨタレンタリース「ECOドライブサポート」や、オリックスカーリースオンラインの燃費で車選びができるシステムを活用して、燃費意識の定着や、燃費による燃料費の削減ができます。

カーリース会社のサービスと合わせて、低燃費車のランキングも参考にして、カーリースのコストをカットし、より計画的なカーライフを送りましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

最近人気のカーリースとは?

昨今、カーリースというサービスが人気を集めています。昔はカーリースと言えば法人向けのサービスでしたが、今は個人向けのカーリースを行なう業者も増えています。ここでは「そもそもカーリースとは一体何なのか?」「リースとローンとではどちらがお得なのか?」をチェックし、「おすすめのカーリース会社」を徹底解説します。

クレジットカードでも料金を支払える!おすすめのカーリース会社をご紹介

個人向けのカーリースのサービスは近年人気の高まりを見せています。月々定額の料金で長期間車を利用できることがカーリースの魅力です。各会社はユーザーのニーズに合わせて様々なプランを提供しており、サービスの内容も便利になってきています。 例えば、口座振替だけではなく、クレジットカードでもカーリース料金を支払えるようにしている会社も存在します。ここでは、クレジットカードで料金を支払えるおすすめのカーリース会社をご紹介していきます。

初期費用ゼロでマイカーライフを始められる!大きな出費を避けたい人はカーリースを利用しよう

若者の車離れが話題になっている昨今、注目を集めているのが、初期費用ゼロでも新車に乗ることができるカーリースというカーライフスタイルです。 今回は、初期費用ゼロでマイカーライフを始められると評判のカーリースについて、なぜ初期費用ゼロでも車が持てるのか、どんなメリットがあって、どのような人に向いているのか等、カーリースの魅力に迫ってみたいと思います。