カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車の維持費が気になる方は必見!カーリースを利用してガソリン代を安く抑える方法とは?

車の維持費に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?特にガソリン代は、車を持っている方なら誰もが「できるだけ安く抑えたい」と思うものです。今回はカーリースを利用してガソリン代を安く抑える方法をご紹介します。

カーリースの仕組み

ガソリン代を安く抑えるために、まずはカーリースの仕組みを知るところから始めましょう。

とはいえ、カーリースを利用したからと言って、必ずしもガソリン代が安くなるという訳ではありません。

では、なぜガソリン代を安く抑えるためにカーリースの仕組みを知る必要があるのでしょうか。そのために、まずはカーリースの基本的な仕組みを解説します。

カーリースとは、あなたが希望する車をリース業者が購入し、毎月一定額を支払うことで車を使用できる仕組みです。

実際の使用者は契約者本人ですが、所有者はリース業者となりますので、税金や保険の支払い、車検など面倒な手続きはすべてリース業者に任せることができます。

また、カーリースでは残価を設定してリース料金を算出するのが一般的です。残価設定とは、リース期間満了後にその車に残っている価値をあらかじめ算出して設定し、車両本体価格から差し引く仕組みです。

たとえば、300万円の車を5年リースするとして、5年後に予想されるその車の価値(下取り価格のイメージ)を100万円と予想したうえで、実質200万円で乗り始めることができるというものです。

車両本体価格200万円に加えて、リース期間中の自動車税、自賠責保険料、自動車重量税、メンテナンス費用および金利などをトータルし、リース月数で均等に割ったものが毎月のリース料金となります。

なお、契約内容によって、メンテナンス費用は含まなかったり、オプションを含んだり、ボーナス払いを併用したりするなど、支払い項目は異なります。

たとえば、ローン購入した場合、毎月3万円のガソリン代やローン購入費用の支払いが必要だとすると、メンテナンスが必要になった月は15万円程度、車検月は20万円程度の出費になってしまうことも珍しくありません。

一方、カーリースでは、車検、税金、保険、メンテナンス代などを含めて毎月均等に支払っていきますので、車検や税金などのまとまった出費を心配する必要ありません。

直接的にガソリンの単価が下がる訳ではありませんが、カーリースを利用することで、ローン購入した時のように車検や税金の支払いなど一時的な多額の出費が発生しないため、毎月の支払いが安定します。

そのため、結果として全体的な出費を抑えることに繋がっていくのです。

 

メンテナンスリースとファイナンスリース

続いてメンテナンスリースとファイナンスリースの違いについて解説します。

メンテナンスリースとは、車両本体価格のほかに、各種税金、自賠責保険、点検、修理、事故対応、車検、消耗品および部品交換などの維持に必要な費用がすべて含まれているリース方式です。

一方、ファイナンスリースは、車両本体価格のほか、各種税金と自賠責保険のみが含まれるケースがほとんどで、点検、修理、事故対応、車検、消耗品および部品交換などはすべて契約者が行わなければなりません。

つまり、ファイナンスリースでは点検や修理、車検などの都度、出費が必要なのです。

そのため、たとえガソリン代やリース費用が毎月3万円程度と一定でも、メンテナンスの月は15万円、車検の月は20万円などの出費が必要となり、毎月の支払額が安定しません。

一方、メンテナンスリースはそうした維持費をリース料金に含めて毎月均等に支払うため、まとまった出費が必要なく、毎月の出費を抑えることができます。

 

どんな乗り方でもガソリン代はつきもの

少し前になりますが、2014年に国土交通省が行った調査の結果、自家用車のガソリン代の平均は1ヶ月あたり4,380円だったと発表しています。

あくまで平均値ですが、上記を例にガソリン代を算出してみると次のようになります。

4,380円×12ヶ月=52,560円

ということで52,560円が自家用車の年間ガソリン代の平均になります。

たとえば5年間、カーリースを利用した場合は以下のとおりです。

52,560円×5年=262,800円

このように、リース期間中のガソリン代は20万円を大きく超えると予想されます。

低燃費の車も増えていますが、それでも普通乗用車の平均燃費は10km/L程度です。毎月の走行距離が1,000kmの場合、100Lのガソリンが必要になります。ガソリンの単価を135円と仮定すると、

135円×100L=13,500円

年間で算出すると、

13,500円×12ヶ月=年間162,000円

5年リースでは、

162,000円×5年=5年間810,000円

なんと5年間で80万円以上も、ガソリン代に費やしていることになります。

ガソリン代は車の維持費の中でも特に意識的に節約できる部分ですので、できるだけ安く済ませ節約したいところですが、入れない訳にはいきません。

家族サービス、帰省、通勤などで、車はどうしても必需品であるため、ガソリン代を安く節約したくてもなかなかできないというのが現実ではないでしょうか。

ガソリン代の相場も、一時期より下がったとはいえ、未だレギュラーガソリンの単価は135円前後を推移しています。

しかし、

「カーリースを利用しても結局ガソリン代は安く抑えられないのか」

そう思った方、ちょっと待ってください。

実は、カーリースを利用してガソリンを安く抑えるおすすめの方法があるのです。

 

今ならカーコンカーリースもろコミでガソリン代が毎月最大2,000円分キャッシュバック!

カーリースを利用してガソリン代を安く抑えるおすすめの方法は何でしょうか?

それはカーコンビニ倶楽部株式会社のカーコンカーリースもろコミを利用することです。

カーコンカーリースもろコミでは現在、リース期間中のガソリン代をキャッシュバックしてくれるという斬新なキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックの金額はレギュラー、ハイオク、軽油問わず1Lにつき20円、毎月100Lが上限ですので、最大2,000円もキャッシュバックされるという訳です。

つまり、

2,000円×12ヶ月=24,000円

最大で年間24,000円のキャッシュバックがもらえることになります。

カーコンカーリースもろコミは9年リースと7年リースがありますが、フルで活用した場合は

7年リース 24,000円×7年=168,000円

9年リース 24,000円×9年=216,000円

このように、かなりのキャッシュバックがもらえる計算になります(※キャンペーンは変更される場合がありますので、目安としてご参考ください)。

その他の詳しい条件や注意事項についてはガソリン代補助サービスのページをご確認ください。

毎月の支払いを均一にできるため、家計に優しいだけでなく、購入後の面倒な手続きからも解放され、ガソリン代まで大幅に安く抑えることができるカーリースは、カーコンカーリースもろコミ以外にありません。

カーリースを利用してガソリン代を安く抑えたい方は、ぜひともカーコンカーリースもろコミを利用してみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

車のリース料金の相場ってどれくらい?リース料金を抑えるためにできること

自分でローンを組んで購入するのではなく、期間限定のリース契約として車を借りる「カーリース」ですが、実際に毎月の料金はどのぐらいかかるのでしょうか。いくらお得とはいっても、税金やメンテナンスなどの諸経費も含まれるとなればそれだけ高額になるのでは…?などとても気になりますよね。もちろんカーリースの会社によっても相場に違いはありますが、車のリースの平均的な料金を見てみましょう。

トヨタレンタリースってどんなサービス?トヨタレンタリース以外でもトヨタ車をカーリースすることは可能?

数あるカーリースサービスの中に「トヨタレンタリース」というサービスがあります。その名の通り、トヨタ系列のカーリースサービスです。では、トヨタレンタリースはどんな特徴を持つサービスなのでしょうか。また、トヨタレンタリース以外でも、トヨタ車をリースすることは可能でしょうか?

カーリースとオートローンはどちらがお得なのか?

カーリースが車を「借りる」ためのサービスなのに対して、オートローンは車を「購入する」ためのものですから、それぞれの目的は違います。一方で、数年にわたって毎月コンスタントにお金を支払っていくという点で共通点があります。 さらに、カーリースでも購入の場合と同じように全メーカー・全車種から車を選ぶことができ、オプションも付けることが可能です。そのため、実際のところ両者にはかなり似ている部分があります。では、そんなカーリースとオートローンではどちらが一体お得なのでしょうか?

カーリースしている車で長距離通勤ってコスパは良い?悪い?知っておきたいカーリースの走行距離制限

カーリースを検討している人の中には、毎日長い距離を車で通勤しているという人もいるでしょう。しかし、長距離通勤者の人がカーリースの仕組みを知らずに契約してしまうと、契約満了時に思いがけない出費を被る恐れがあります。 そこで今回は、特に長距離通勤者の方が注意すべき走行距離制限についてまとめ、カーリースを選ぶポイントをまとめました。