カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースお役立ち記事

車検費用に含まれている“印紙代”ってどういうもの?金額はどれくらい?

車を維持するうえで定期的に受けなければいけない車検は、車検費用が決して安くはないことなどから、多くの方にとって頭の痛い問題なのではないでしょうか。車検整備費用などは依頼先によってリーズナブルに抑えることができますが、法定費用に関しては節約しようがなく、腹立たしい存在だと言えるでしょう。 特に法定費用に含まれる「印紙代」に対して、何の費用なのか理解できないと感じている方も少なくないかと思われます。車を維持する以上、免れることができない車検システムを少しでも理解するために、車検費用に含まれる「印紙代」について紹介します。

『忘れていた!』とならないために…車検を受けるのに必要な持ち物を知っておこう!

車の維持のためには避けて通れないのが定期的に受けることが義務付けられている車検の存在だと言えるでしょう。万が一、車検が切れた車を公道で走らせると道路交通法違反で刑事処分を受けることになるので、車検は必ず受け、自分の車が国土交通省の定める安全基準を満たしていることを確認する必要があります。 しかし、車を維持するために必要であることは理解していても、やはり車検は煩わしいものであり、問題なくクリアしたいのが本音です。書類に不備があると車検を受けることができませんので、車検場で「忘れていた!」とならないために、車検に必要となる書類など、車検の際の持ち物を紹介します。

社用車で車検を受けた場合、費用の仕訳はどうすればいいの?

車は個人で使用する自家車以外にも、社用車などの法人名義のものが存在します。車を維持するにあたって、車検を受けることが義務付けられていますが、その時に必要な車検費用の捻出は、個人にも法人にも頭の痛い問題です。特に車が法人名義の場合は、車検費用に対する会計処理も必要となってきます。 会計処理は事業運営の上で必ず必要となる業務ですが、専門家でない限り、勘定科目の仕訳は複雑で一筋縄にいかないのも事実です。車検費用の仕訳をしっかり把握していなければ、定期的に受ける必要がある車検の度に苦労することになりますので、ここでは、法人名義の車の車検費用の仕訳について詳しく紹介していきます。

ペーパードライバー卒業を目指す人にカーリースをおすすめする理由とは?

気がついたらペーパードライバーになってしまったという方も多いのではないでしょうか。生活スタイルが車に乗る必要がない場合、いつの間にか車を運転しなくなっていたということがあります。 車がなければ、なかなかペーパードライバーから卒業するのは難しいものです。そこでおすすめなのがカーリースです。このカーリースを活用して、ペーパードラーバーを卒業しましょう。

カーリース車でバッテリー切れや故障を起こしてしまった時はどうする?

カーリースとはカーリース会社所有の車を使用する仕組みです。気軽に新車に乗れる方法として、近年カーリースを利用する人が増えてきています。 しかし車に乗っていればバッテリーがあがったり、故障してしまったりトラブルはつきものです。カーリースしている車が故障した時は注意しなければいけません。カーリースした車の所有者はカーリース会社だからです。 万が一の際に慌てることのないように、カーリースの車のバッテリー切れや故障の際の対処方法を事前に把握しておきましょう。