カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

オートバックス車検ってどう?ディーラー車検との違いなど特徴をご紹介!

カー用品店大手のオートバックスは車検のサービスも行っています。では、オートバックス車検にはどんな特徴やメリットがあり、ディーラー車検とはどのような違いがあるのでしょうか?

オートバックス車検の特徴は?どんな人に向いているの?

オートバックスには、累計500万台以上の車を車検で扱った実績があります。国土交通省認証整備工場は全国に約600店舗と日本最大級の車検ネットワークを誇っており、一級自動車整備士30名。二級自動車整備士2,586名。自動車検査員1,565名を有しています。では、このように抜群の実績と大きな規模を持つオートバックスの車検には、どんな特徴があるのでしょうか?

オートバックス車検はスピーディで、事前に無料の見積もりを取った場合、部品交換などが必要なければ、即日で車を返してもらえる1日車検となっています。

※土曜および日曜の場合は、陸運局が閉まっているため、1日では対応できません。

オートバックス車検ではハイブリッド車にも対応しています。通常のガソリン車とは違い、車の内部にはたくさんのセンサーやコンピュータ、ハイブリッドシステムが搭載されていますので、点検するためには専用の診断機が必要になります。しかしながら、オートバックスでは専用の診断機を続々導入していますので、ハイブリッド車の車検にも対応可能です。

※店舗によってはハイブリッド車に対応していない場合があります。
※部品の手配などで時間がかかる場合には、店舗で所要日数を案内してもらえます。

オートバックス車検には、整備保証が付いています。保証期間は業界最長クラスの「12ヵ月または20,000km」です。万が一、点検および整備の作業を実施した箇所で不具合が生じた場合に、無償で再整備してもらえます。

※12ヶ月間または20,000kmいずれか短いほうの期間内となります。

また、オートバックス車検を受けた人は、車検有効期間初日から1年間、下記の3つの補償を受けることができます。

1 パンクによるタイヤ交換:30,000円まで補償(個人負担額1,000円)
2 窓ガラス修理・交換:30,000円まで補償(個人負担額1,000円)
3 バンパーキズ修理・交換:20,000円まで補償(個人負担額3,000円)

※金額はすべて税込表示にしています。

さらに、オートバックス車検はクレジットカードで車検基本料を支払うことができます。

車の所有者に義務として課されている自動車重量税や自賠責保険料などの法的費用の支払いには利用できませんが、オートバックスが実施する整備、点検、修理、交換などの料金はクレジットカードで決済できるのです。車検基本料はそれなりに高額になることもありますから、クレジットカードを使えるのはありがたいですね。

オートバックス車検は特にどんな人におすすめでしょうか?

オートバックス車検はディーラー車検と比べると料金が安く、車検にかかる時間も短いです。そのため、「車検費用をなるべく安く済ませたい人」や「車検を早く終わらせる必要がある人」におすすめと言えます。

また、オートバックス車検は、どんなユーザーに対しても対応ができます。オートバックスは大手のカー用品店ですので、いろいろな車種に対応する製品を販売しており、車検のサービスも車種に関係なく実施してもらえます。

例えば、すでに販売中止となっているような古い型の車の車検もできます。ですから、オートバックスは「古い型の車を車検に出したい人」にもおすすめです。

 

オートバックス車検よりディーラー車検が向いている人は?

前の項目でオートバックス車検の魅力についてご説明しましたが、すべての人がディーラー車検ではなくオートバックス車検を選ぶべきだということではありません。ディーラー車検に向いている人もたくさんいます。どのような人がディーラー車検に向いていると言えるのでしょうか?

ディーラーはユーザーとの付き合いを大切にしています。もしユーザーからの信頼を得られれば、次の車の買い替えの時にも引き続き、自社製品を購入してもらえるからです。そのため、車検の時にもユーザーに対して、きめ細やかな対応をしてくれます。

わからないことや知りたいことがあれば、納得いくまで詳細に説明してもらえるはずです。ですから、ディーラー車検は「車のことがよくわからない人」や「車について詳しい情報を教えてもらいたい人」に向いていると言えるでしょう。

また、ディーラーはユーザーの車のことを熟知しています。自社製品の車ですし、購入の段階からユーザーとの付き合いを続けていますので、ユーザーが普段どのように車を利用しているのかまで把握しています。そのため、車の持つ性能を最大限に発揮させることや、車が長持ちするような整備を行うことに長けていると言えます。

しかも、ディーラーはユーザーからの信頼を維持できるように、スタッフや整備士の質を全店舗で統一する努力をしています。ですから、どの店舗で車検を受けようと質の高いサービスを受けられます。このため、ディーラー車検は「質の高い整備を望む人」にもおすすめと言えるでしょう。

このように、ディーラー車検にもメリットや魅力があります。オートバックス車検よりも料金は高くなってしまいますが、ディーラー車検を選ぶのも1つの方法でしょう。

 

オートバックスでは車検以外にも乗り換えの相談にも乗ってくれる

オートバックスはカー用品の販売や車検サービスだけではなく、新車・中古車の販売や車の買取りや下取り、さらにはカーリースのサービスも取り扱っています。ですから、オートバックス車検に出してみて、費用が高くつくことがわかった場合には、車の乗り換えの相談をすることも可能です。

特にオートバックスのカーリース「まる乗り」は、頭金が不要な上、税金や自賠責保険料、メンテナンス費用、車検費用(※車検付きメンテナンスパックの加入が必要)がすべて月額料金に含まれており、手軽に新車を楽しめます。そのため、オートバックスで車の乗り換えをする際には「まる乗り」の利用を検討することをおすすめします。

 

車検のタイミングでの乗り換えならカーリースがおすすめ!

カーリースのサービスを提供しているのはオートバックスだけではありません。たくさんの会社がカーリースサービスを展開しています。

カーリースは、毎月定額の料金を支払うことで、3年や5年、7年などの定められた期間車を貸し出してもらえるサービスです。オートバックスの「まる乗り」もそうですが、頭金が不要な上、月々の料金に諸経費がコミコミになっているので、家計のやり繰りがしやすいというメリットがあることから、近年その人気は上昇しています。

設定できる契約期間や受けられるメンテナンスサービス、付けられるオプションなどはカーリース会社によってさまざまですので、カーリースに興味がおありであれば、各会社のサービスの特徴やメリット、デメリットなどをよく調べて比較してみることをおすすめします。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースでも車庫証明は必要!ケースごとに取得する流れを解説します!

カーリースも通常の購入時と同じように車の保管場所を届け出る必要があります。一般に「車庫証明」と言われるものですが、どのように取得すれば良いのでしょうか?また軽自動車でも車庫証明は必要なのでしょうか?今回はカーリース契約をする際の車庫証明について解説をします。

カーリースを利用したらキズをつけてしまった!保証はどうなる?

車は欲しいけれど維持費が高額だし、毎日乗るわけでもない、残念だけどマイカーを所有することはできない、と諦めている人も多いのではないでしょうか。しかしカーリースを利用すれば、簡単・安全に車のある便利な日常が手に入ります。 そこで「カーリース車にキズをつけたときの保証はあるの?」「どういう仕組み?」と、まだまだ分からないことだらけという人のために、ここではカーリースでキズをつけてしまった場合の保証について詳しく解説していきます。

軽自動車にかかる車検費用ってどれくらい?安く抑えるにはどうすればいい?

お洒落なデザインとリーズナブルな維持費で人気の軽自動車も、定期的に車検を受ける必要があります。車検費用は普通自動車よりも格安ですが、2年ごとの車検に経済的負担を大きく感じる方も少なくないのではないでしょうか? リーズナブルな維持費が軽自動車の魅力の1つですから、車検費用も安く抑えたいものです。軽自動車の一般的な車検費用や車検費用を安く抑えるポイントなどを紹介します。

壇蜜さんが出演しているCMのカーリース会社と言えば?

一昔前は、個人向けのカーリースのサービスは一般的ではありませんでしたが、今では個人向けカーリースのCMもよく流れるようになり、かなり認知度が高まってきました。カーリースのCMと言えば、壇蜜さんが登場するCMが有名ですよね。では、壇蜜さん出演のCMは、どのカーリース会社のCMでしょうか?

期間限定!白ナンバーの軽自動車をリースするチャンス!

軽自動車のナンバーと言えば黄色ですが、今、期間限定で軽自動車でも白いナンバープレートでの登録が可能になっているのです。白ナンバーの軽自動車に乗るということは滅多にできることではありません。ここでは、軽自動車を期間限定の白ナンバーに変更してリースしてくれる個人向けのカーリース業者をご紹介したいと思います。