カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースにもデメリットが存在する?リース車をお得に利用するポイントとは

車両購入を行わずカーリース会社が代理購入した希望車種を、月額利用料を支払うことで借り受け、自由に使用できる車のサブスクサービスとして賢い消費者に注目されるカーリース。ですが、そんなカーリースの利用で生じるデメリットをしっかり理解できておらず、トラブルになった…という方も多いのではないでしょうか。今回はカーリースのデメリットについて紹介していきます。

タイトルアイコン

残価設定なし!もろコミなら契約満了で車がもらえる

残価設定なしのカーコンカーリースもろコミなら契約満了で車が自分のものに!契約満了時の精算金トラブルも心配無用、しかも毎月定額なので月々の支払いがわかりやすくてGood! 安心・お得にカーリースするならもろコミがおすすめです。

車両購入なしで希望車両を利用できるカーリースサービスとは?

カーリース会社が代理購入した利用者が希望する車両と車両使用権をリース期間中利用者に貸し出すのがカーリースサービスで、利用者は月額利用料を支払うことで車両を購入せずに希望する車両を自由に使用できます。

カーリースは契約内容で月額料金か維持費用のどちらを抑えるかが選べる

カーリースの契約には車両調達費用など最小限の費用から月額料金を算出するファイナンスリースとリース車両の維持費用の大部分がサポートされるメンテナンスリースの2つが存在するので契約時にどちらの契約内容なのかを確認する必要があります。

ファイナンスリースは月額利用料を抑えることができますが維持費用は利用者負担となりメンテナンスリースは月額利用料以外に燃料代や駐車場代、任意保険料などの負担でリース車両を利用できます。

月額利用料で希望車種を利用できるカーリースはお得なサブスクサービス

カーリースは頭金やボーナス加算の有無を選んでリースプランを選ぶことができ、仮に頭金を支払えば月額利用料を低く抑えることができますしボーナス加算を行わなければカーリース契約期間中に定額料金を支払って車両が利用できます。

現在さまざまなサービスが定額料金で利用できるサブスクリプションに対応し賢い消費者から選ばれていますが、定額料金でリース車を使用できるカーリースは自動車のサブスクサービスだと言えるでしょう。

カーリース会社が残価設定を行うことで月額料金が抑えられている

頭金を用意することなく月額利用料の支払いだけで希望する車両を使用できるのがカーリース最大の魅力ですので、ボーナス加算なしのメンテナンスリース契約でカーリースを利用するのが一般的ですが月々のリース料が高額となるデメリットが生じます。

そこでカーリース会社は契約期間満了時に中古車としていくらの価値がリース車両に見込めるかを予想し、予想額を車両調達費用から差し引いてリース料金を決定する残価設定を行ってリーズナブルな月額利用料を実現しています。

 

お得な車両調達手段であるカーリースに潜むデメリットとは?

人気のサブスクリプションサービスで希望する車両を使用できるカーリースは理想的な車両調達手段ではないかと考えられますが、カーリースの利用には思わぬ落とし穴が潜んでいるのも事実ですのでカーリースの利用で生じるデメリットを紹介します。

残価設定された車両は契約満了時に原状回復してカーリース会社に返却する必要がある

リーズナブルな月額利用料を実現するためにカーリース会社が残価設定を行っていることは既に紹介しましたが、残価設定を行ったカーリース契約は契約期間満了時にリース車両をカーリース会社に原状回復して返却する必要がある点がデメリットだと言えます。

契約満了時にはリース車両をカーリース会社に返却する必要があるため、カーリースは月額利用料を長期間支払っても手元に車が残らないのが実状で車両が手元に残らない点がカーリースのデメリットとして挙げられるケースが珍しくありません。

基本的に中途解約が行えないカーリース!ライフステージに合わせた乗り換えが困難

5~9年の長期契約を結ぶことでカーリース会社は代理購入した車両の利用に対してリーズナブルな月額利用料を実現している側面も存在するため、基本的にカーリース契約は中途解約できず契約期間満了まで車両返却や乗り換えが行えないのがデメリットです。

ライフステージに合わせた乗り換えは短期契約のカーリース利用で実現できますが、短期間で車両調達費用を償却するため月額利用料が高額になるので、長期契約で期間満了までリース車両を使用し続けるのが一般的となり乗り換えが難しい点はデメリットだと言えます。

改造や過走行などで契約満了時に違約金や追加料金が生じるケースも存在する

既述のとおり一般的にカーリースは契約期間満了時に原状回復したリース車両をカーリース会社に返却する必要があり、手元に車両は残りませんし、返却時にカーリース会社が算出した残価を下回る場合は違約金や追加料金が発生するデメリットも存在します。

通常使用で生じる経年劣化は免責となりますが原状回復が困難となる事故や改造を行うと違約金や追加料金が生じますし、走行距離と反比例して車両の資産価値が下落するため走行距離制限を超過する過走行の場合も同様にデメリットだと言えるでしょう。

 

カーリースに潜むデメリットを克服したカーリースサービスは存在する?

月額利用料で希望する車両を使用できるカーリースは上手に利用すれば理想的な車両調達手段として活用できる反面、契約満了時には車両返却が求められ、カーリース会社が算出した残価を下回る場合は違約金や追加料金が生じるリスクも存在します。

しかしカーリースに潜むデメリットを克服した、非常に魅力的なカーリースサービスを提供するカーリース会社が存在するので紹介します。

カーリースに潜むデメリットを克服した「もろコミ」は理想的なカーリースサービス

カーリースは非常に魅力的な車両調達手段だと言えますが一般的なカーリース会社が提供するカーリースサービスには「車両が手元に残らない」や「残価設定を下回ると違約金や追加料金が発生する」などのデメリットが存在するのも事実です。

残価設定はリーズナブルな月額利用料を実現する反面カーリースにデメリットを発生させる原因にもなる諸刃の剣だと言えますが、カーコンカーリースもろコミでは残価設定をしていないため、契約満了時の違約金や追加料金などの心配をする必要がありません。そのため、カーコンカーリースもろコミなら、デメリットの影響を受けずにカーリースで理想的なカーライフを実現できます。

ほかにも、カーコンカーリースもろコミにはメリットが存在します。

カーコンカーリースもろコミなら契約満了時にリース車がもらえる

カーコンカーリースもろコミは残価設定なしかつ、契約満了でクルマがもらえるという魅力的なサービスを提供しています。そのため、車両の傷や走行距離を気にせず利用できます。

一定の契約期間が経過すれば車両返却や乗り換えも可能な「もろコミ」

契約満了時に車両が手元に残らないと言うカーリース最大のデメリットを克服するカーリースサービス「もろコミ」は、さらに契約期間中に車両返却や乗り換えが行えないと言うデメリットも克服しています。

 

デメリットを克服したカーリースを使用して理想的なカーライフの実現を!

頭金やボーナス加算なしの定額料金で車両維持費用を直接負担しないメンテナンスリースを利用することで、自動車のサブスクサービスであるカーリースのメリットを最大限に活用することができると言えます。

しかし一般的なカーリースサービスにはデメリットも存在するためデメリットの影響を受けないように慎重にリース車を使用する必要があります。その一方で左記にご紹介したカーコンカーリースもろコミのようにカーリースのデメリットを克服したカーリースもありますので、カーリースのデメリットを気にすることなく理想的なカーライフを謳歌することができると言えるでしょう。

関連する記事

たった1か月から利用できる短期のカーリース特集!

現在、「カーリース」というサービスが人気を呼んでいます。カーリースとは、月々のリース料を支払うことによってリース会社から車を貸し出してもらえるサービスです。レンタカーの長期バージョンだと考えてもらってもいいと思います。 リースの契約期間の長さは、一般的には3年間とか5年間など、数年に及びます。ただ、短期のカーリースのサービスを提供している業者も中にはあります。1年単位もしくは数か月間単位、中には1か月単位で契約できる業者もあります。ちょっとの間だけ車が必要という人にとってはとても便利なサービスと言えるでしょう。 ここでは、短期のカーリースについて詳しく解説したいと思います。

“月々1万円で車乗り放題!”のあのカーリース会社の特徴やメリットについて調べてみた!

カーリースは月々定額のリーズナブルな料金で利用できることで人気を集めていますが、中には毎月1万円で車乗り放題のサービスを提供しているカーリース会社もあります。今回は“月々1万円で車乗り放題!”で話題の、あのカーリース会社について徹底解説します。

カーリースと割賦(かっぷ)は同じもの?カーリース・レンタル・割賦の違いを解説!

マイカー購入とレンタルの違いは分かるけれど、カーリースと割賦(かっぷ)の違いとなると、はっきりと説明できない方もいます。この記事では、カーリースとレンタル、割賦の違いを詳しく説明します。違いを見極めて、ご自分にふさわしい利用方法を見つけましょう!