カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの審査基準は?ブラックリストにのってても利用できる?

カーリースを利用するためにはローン購入と同様に審査をパスしなければなりません。カーリースの審査基準はどのようなものなのでしょう。ブラックでも審査を通過することは可能なのでしょうか?今回はカーリースの審査基準について解説していきます。

なぜカーリースに審査があるのか?

そもそも、カーリースは車を借りるサービスであって、お金を借りるサービスではありません。にもかかわらず、なぜ審査を受けなければならないのでしょうか?

カーリースの契約期間は3年や5年、7年などの長い期間にわたります。中途解約は基本的にできません。その間、ユーザーはリース料金を毎月払い続けなければなりません。リース料金はリーズナブルな車種を選んだとしても月額で最低2万円(月々均等払いの場合)ほどかかります。

このように、ユーザーは長い期間にわたってリース料金を毎月継続して支払っていく必要があるため、カーリース会社はユーザーに十分な支払い能力があるかを確認するために審査を実施するのです。

 

カーリースの審査基準とは?

カーリースではどのような基準で審査が行われるのでしょうか?残念ながらカーリース会社によって審査基準は異なりますし、審査基準は公開もされていません。

そのため、カーリースの審査基準を厳密に特定することはできません。ただし、審査のポイントになると一般的に言われていることが大きく分けて2つありますので、以下に記します。

1 個人情報

「個人情報」とは契約者の「年齢」「職業」「年収」「住居」などの情報のことです。「個人情報」を通して「成年か」「定職についているか」「収入は安定しているか」「住居は賃貸か持ち家か」といった内容がチェックされます。

未成年がカーリースを申し込むためには連帯保証人が必要になります。収入が安定していなかったり、年収が200万円未満だったりする場合も、連帯保証人を用意する必要がある条件になることが多いです。

住居が「賃貸」の場合、収入に対して家賃が高過ぎると審査上不利になりますが、連帯保証人を用意することによってクリアできる可能性があります。

2 信用情報

「信用情報」とは個々人の借金や返済についての履歴情報です。信用情報を保管するいくつかの機関があり、クレジットカード会社やローン会社、カーリース会社は情報を閲覧することができます。

具体的にはクレジットカードやローン払いで遅延や延滞の履歴があるか、残債がどれくらいあるか、「債務整理歴」があるかなどがチェックされます。

ちなみに、債務整理歴とは「自己破産」「任意整理」「特定調停」「個人再生」などの法的手段を用いて債務を減額したり、免責したりしたことがあるかの履歴のことです。

いわゆる「ブラック」とは信用情報機関において「ブラックリスト」に入れられている人たちのことを言います。ただし、ブラックリストなるものが存在するわけではなく、支払いの延滞情報や滞納情報、債務整理歴が信用情報機関に残っている状態のことを「ブラックリストに載っている」と表現しています。

一般的には、2ヶ月以上の支払い遅延があったり支払い遅延を何度も繰り返していたりするとブラックリストに載ってしまう可能性があり、債務整理歴のある人もブラックリストに登録されてしまいます。ただし、債務整理の中でも「過払い金の請求」に関してはブラックリストの対象外です。

ブラックになってしまうと、クレジットカードが作れなくなったり、住宅ローンや自動車ローンを組めなくなったりすると共に、カーリースの利用にも影響があります。

 

カーリースの審査基準は甘い?ブラックの人も利用できる?

カーリースの審査基準はキャッシングローンの審査と比べるとやや甘いと言われています。理由を以下でご説明します。

1 カーリースは総量規制の対象外である

カーリースはキャッシングローンではないため「総量規制」の対象外です。

総量規制とは債務者への過剰な貸付を防止するための規制です。具体的には年収の3分の1を超える借入ができないようにしています。

2 リース車が事実上の担保となっている

リース車の所有者はあくまでもカーリース会社です。ユーザーが月々のリース料金を支払わない場合、カーリース会社はリース車を引き上げることが可能です。

つまり、リース車が担保のような役割を果たすのです。しかも、リース車にはメンテナンスが定期的に実施されますので、車のコンディションが保たれて担保価値が維持されます。

3 審査はカーリース会社が直接行なう

ユーザーの支払い能力の有無はカーリース会社が直接判断します。カーリース会社は利益を上げるためにもなるべく契約を成立させたいと思っています。ですから、審査は比較的甘くなる傾向にあります。

このような理由で、カーリースの審査基準は比較的甘いです。では、カーリースであればブラックの方でも利用可能でしょうか?

残念ながら、ブラックですとカーリースの利用も難しくなります。ただ、ブラックリストに載っている理由(ブラックの度合い)によっては、連帯保証人などを付けることによって利用が可能になるかもしれません。

地方の中小のカーリース会社の中には審査不要のサービスを提供している所もありますので、ブラックの方はそうした会社を利用することもできます。

下記は審査不要のカーリース会社の例です。

car shop CONER(兵庫県西宮市)

中古車のカーリースを行なっています。

西九州カーライフ(長崎県諫早市・大村市)

リース料金が前払い制のため審査なしで利用することが可能です。

 

審査に落ちてしまったら?

カーリースを申し込んだものの、審査に落ちてしまったらどうすればよいでしょうか?

ブラックリストに載っている方が審査に落ちた場合、ブラックであることがネックになった可能性が 大です。その場合、契約者をブラックリストに載っていない家族の名義にすることによって審査に通る可能性があります。

前述の通り、ブラックの度合いによっては連帯保証人などを用意することにより審査に通る可能性もあるため、再度申し込む前にカーリース会社に相談してみるとよいでしょう。

ブラックではない方でも、ローンを複数抱えているために審査基準にかなわないということもあるようです。住宅ローンや携帯の分割払い、クレジットカードのキャッシングなどが重なって多重債務者と判断されてしまった可能性があります。

この場合は、再度審査を申し込む前に、残債を一括払いで解消したり、クレジットカードのキャッシング枠を無くしたりしておくことで審査に通るかもしれません。

今回はカーリースの審査基準について見てきました。基準は比較的甘く多くの人にとって利用しやすいサービスであるのは間違いありませんが、一定の基準をクリアしなければならないことを覚えておきましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの保険にはどのようなものがある?カーリース専用保険をご紹介

自動車を運転するためには、自賠責保険(強制保険とも呼ばれる)に加入しなければなりませんが、それだけではダメなのでしょうか?ここでは、カーリース利用時に任意保険に加入するメリットと、カーリースを契約する際におすすめのカーリース専用保険について詳しく解説します。

法人・個人事業主の方は必見!事業用でカーリースを使うメリットとは?

昨今、法人や個人事業主の間では自社車両を購入して所有するより、リースで運用しようという選択が定着してきています。それは、いったい何故なのでしょうか? そこで今回は、法人や個人事業主の方必見の事業用カーリースの魅力やメリット、申し込み方法にフォーカスした情報をお届けします。

車検を受けるなら事前の準備は確実に!自動車税の納税証明書は必要?

初めて車検を受ける場合、このような悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。また、久しぶりの車検で、用意するものを忘れてしまった方もいるかもしれません。そこでこの記事では、車検を受ける際に必要なものについて解説します。中でも、納税証明書は平成27年度から扱いが変わっていますので、特に詳しく説明していきます。3分程度で読めますので、ぜひ参考にしてくださいね。