カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの審査基準は?審査に落ちてしまったら?

カーリースにもローン購入と同様に審査がありますが、カーリースはどのような審査基準なのでしょうか。また、審査に落ちてしまったらどうすればいいでしょうか。今回はカーリースの審査基準とそれをクリアする方法を徹底解説します。

なぜ、カーリースに審査があるのか?

そもそも、カーリースになぜ審査があるのでしょうか?

カーリースはリース料金を支払うことによって車を借りられるサービスです。その契約期間は5年や7年などの非常に長い期間になるのが一般的です。ユーザーは契約期間中、車両価格から契約終了時の予想残価を差し引いた金額を元に、算出されたリース料金を毎月払い続けることになります。

このように、ユーザーは長い期間にわたって毎月料金を継続して支払っていく必要がありますので、カーリース業者としてはユーザーに支払い能力があるかどうかを確認するために審査を実施します。カーリースの審査基準にかなわなければ「支払い能力なし」と判断されてカーリースを利用することはできません。

 

カーリースの審査基準とは?

では、カーリースの審査基準とはどのようなものなのでしょうか?カーリース業者によって審査基準の内容は異なりますし、公開もされていませんから、ここでカーリースの審査基準を厳密に書き記すことはできません。ただし、審査基準のポイントだと一般的に言われていることはわかりますので、それについて解説します。下記の2つの審査基準があります。

1 個人情報

「個人情報」には「年齢」「職業」「年収」「住居」などの情報が含まれます。こうした情報を通して「成年か」「安定した十分な収入のある定職についているか」「住居は賃貸か持ち家か」「緊急時にすぐに連絡が取れるか」といったことが確認されます。

当然、収入が安定していればいるほど審査に受かりやすくなります。最低でも年収が200万円はないとカーリースの審査基準をクリアしにくくなると言われていますが、担保にできるような何らかの財産(不動産など)を用意できる場合には、審査に受かることがあります。

住居が「賃貸」の場合、収入に対して家賃が高いと支払いが難しいと判断される可能性があります。

2 個人の信用情報

「信用情報」とは、クレジットカードやローンといった借金や返済についての履歴情報です。この信用情報を保管するいくつかの機関があり、クレジットカードやローン会社はその情報を自由に見ることができます。

具体的には「クレジットカードやローンで期限までにしっかりと料金を支払っているか」「遅延や延滞の履歴はないか」「借金があるか、あるとしたらどれくらいあるか」などの情報が含まれます。借金の支払いの遅延履歴があったり、借金を多数抱えていたりすると審査が通りにくくなります。

さらに、この信用情報で重要になるのが「債務整理歴」です。債務整理歴とは、過去に自己破産や任意整理、個人再生など、法的手段を用いて債務を整理したり免責したりしたことがあるかを記したものです。この債務整理歴があると、法律に基づいた債務処理だとしても、お金の支払いを破棄したことがあるとみなされ、カーリースの審査基準をクリアできない可能性が高くなります。

 

カーリースの審査基準は甘い?

ここまで見てきた通り、カーリースにも審査があり、ユーザーはカーリースの審査基準を満たしている必要がありますが、その審査基準はキャッシングローンの審査と比較すると甘いと言われています。その理由は大きく分けて3つあります。

1 総量規制が適用されない

車のリースはキャッシングローンではありませんから、年収の3分の1までの金額でないとリースができないなどの総量規制を受けることはありません。

2 リースしている車が事実上担保の役目を果たす

カーリースの場合、車両の所有権はリース業者にありますので、リース車が担保になっているような状態です。しかも、リース業者が定期的にメンテナンスを実施する契約内容になっている場合も多いので、車の良好な状態が維持されて担保単価が保たれます。

3 支払能力の判断はリース業者に直接委ねられる

カーリースの場合、ユーザーの支払い能力は、キャッシングローンとは異なり審査部によって判断されることがありません。各業者がそれぞれのカーリース審査基準に基づいて直接判断しますから、比較的審査に通りやすいと言われています。

 

審査に落ちてしまったらどうするか?

カーリースの審査基準がローンと比べて甘いことはわかりましたが、それでも審査に落ちてしまうことがあります。では、審査に落ちてしまったらどうしたらいいでしょうか。あるいは、どんな対策があるでしょうか。

先に述べた債務整理歴や大きめの借金がある場合、それらがネックで落ちた可能性が高いです。カーリース業者によって審査基準は異なりますので、別の業者にチャレンジしてみることはできますが、その場合は審査を受ける前に債務整理歴や借金があることを業者に伝えて相談するのが良いでしょう。

または、契約者名義を家族に変更するという方法もあります。家族の中で審査に通りそうな人の名義で申し込むのです。

債務整理歴や多額の借金がなくてもローンを複数抱えているために審査基準にかなわない、ということもあるようです。例えば、住宅ローンを抱えていた上に家族の分を含めて携帯を何台も分割払いで支払っていたために、多重債務者と判断されてしまったというケースもあります。

また、クレジットカードを何枚も持っていてキャッシング枠の合計が高額になっている場合も注意が必要です。将来的なリスクが高いとみなされてしまった可能性があるのです。再度審査を申し込む前に、なるべく債務を解消させたり、クレジットカードの不要なキャッシング枠を無くしておいたりするべきでしょう。

収入が不十分な場合や、とりわけ年収が200万円を下回っている場合、それが原因で審査に落ちた可能性があります。その場合は担保となる財産を用意することで審査をクリアできるかもしれません。

または連帯保証人を用意するという方法もあります。連帯保証人は、ユーザーが支払いをできなくなった時に代わりに支払いをする法的責任を負います。このように連帯保証人には重い責任が課せられ、その収入証明が求められる場合もありますから、連帯保証人を立てるのは本人に確認して同意を得てからにしましょう。

金銭的に余裕があるのであれば、頭金を入れることで審査に受かるかもしれません。頭金を払うことで月々の支払いを減らすことができ、カーリースの審査基準のハードルが低くなるからです。車のグレードを下げるという手段もあります。リース料金が安価であればあるほど審査に通りやすくなります。

今回は、カーリースの審査基準について見てきました。カーリースでは一定の審査基準に基づいて審査がおこなわれますが、それをクリアするのはローンの審査と比べれば難しくはありません。カーリースは、比較的利用しやすいサービスと言えるでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

高級車のカーリースでお得に憧れの車に乗ろう

独身時代や結婚して子供が生まれる前、あるいは子供が大きくなり夫婦2人だけの生活に戻ったときなど、憧れの車に乗りたいなという方もいるのではないでしょうか。特に男性はスポーツカーや外車などの高級車に1度は乗ってみたいという願望があると思います。そんな憧れの車にお得に乗れることが出来たら嬉しいですよね。ここでは高級車のカーリースについてご紹介します。

最強の国産オフロード車!ジムニーを手に入れるならカーリースがおすすめ

1970年から販売され根強いファンが多いスズキのジムニーは、本格オフロードで国内だけでなく海外からの人気もある車です。オフロード車は数多くありますが、これだけ長い間愛される魅力はなんでしょうか。 そんな人気のジムニーに乗りたいのであれば、カーリースがおすすめです。カーリースであれはお得に、手軽にジムニーに乗ることができるのです。今回は、カーリースの仕組みをご紹介しつつ、お得にジムニーに乗れる理由をみてみましょう。

佐賀県で利用可能な優良カーリース会社をご紹介!

月々のリース料金を支払うことで車を長期間借りることができるカーリースは、その利便性から利用者も増えています。以前はカーリースと言えば法人向けのサービスでしたが、今では個人向けのカーリースを行なう会社も全国的に多数あります。もちろん、車が必需品と言われる佐賀県でもカーリースは利用できます。ここでは佐賀県で利用できる優良な個人向けカーリース会社をご紹介したいと思います。