カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを利用するメリットはどこにある!?月々定額で賢く車を購入する

定額料金で利用できるサブスクリプションサービスが注目されていますが、月額利用料でリース車を使用できるカーリースはまさに自動車のサブスクサービスと言っても過言ではない魅力的なサービスです!ここでは、カーリースで車両調達を行うメリットを紹介します。

タイトルアイコン

顧客満足度97%!今すぐ車に乗るならもろコミへ

カーコンビニ倶楽部が提供するカーコンカーリースもろコミはお客様満足度95%を誇るカーリースブランド!各種税金・自賠責など毎月のリース料金にコミコミはもちろん、契約満了で車がもらえる!残価設定なしでカーリースにありがちなトラブルの心配もなく、安心してカーライフを楽しめます。

カーリース最大のメリットは希望車両を定額料金で自由に利用できる

車を手に入れる手段として新車購入や中古車購入が思い浮かべられるケースが多いようですが、購入せずに希望車両を購入車両同様に使用できる理想的な車両調達手段として近年利用者が急増しているのが自動車のサブスクサービスであるカーリースです。

カーローン返済や維持費の捻出などの経済的な直接負担が大きい自動車購入

カーローンを利用した車両購入が最もポピュラーな新車の調達手段だと言えますが、カーローンを利用すると完済まで車の所有権はローン会社に帰属し、利用者は使用権を利用して購入車両を使用することになります。

しかし自動車諸税や各種保険料、車検や法定点検を含むメンテンス費用は利用者負担となるため、利用者は経済的負担が小さくないカーローン返済と車両維持費用の支払いを行いながら車両を使用する必要があります。

カーリースは月々の定額料金で希望する車両を利用できる車のサブスクサービス

月額利用料を支払いカーリース会社が代理購入した利用者の希望車両と使用権を借り受けるのがカーリースで、利用者には使用権が貸与されるのでカーリース契約期間中は定額料金で希望車を購入車両同様に使用できるのが魅力です。

車両を購入してもローン完済まで利用者には使用権しか与えられないため、「最終的に利用者の手元に車両が残るか、残らないか」が車両購入とカーリース利用の違いだと言えるでしょう。

 

初期費用が不要なこともカーリースのメリット!

カーローンを利用する場合は頭金の支払いを求められるのが一般的ですので車両購入の際は購入前に頭金として支払うために一定額を用意する必要がありますが、カーリース会社が代理購入したリース車を借り受けるカーリースは頭金なしでの契約も可能です。

頭金の支払いやボーナス加算をすると同じ契約期間でも月額利用料が安くなる効果はありますが、頭金やボーナス加算を行わない契約を結び定額料金でリース車両を使用することで自動車のサブスクサービスのメリットをよりカーリースに生じさせられます。

また、頭金や初期費用を準備する必要がないことから、月々の予算額によっては、想定していたグレードよりワンランク上のグレードをカーリースすることもできるかもしれませんね。

 

カーリースのメリットを最大限に受けるために知っておくべきこと

カーリースのリース料金に含まれるもの

カーリース会社によって若干の違いはありますが、一般的なカーリース契約では、環境性能割や新車登録費用を含む車両調達費用に加え、契約期間中に生じる

・自動車税や自動車重量税などの諸税
・自賠責保険料
・車検基本料
・法定点検や一般点検費用

など車両維持に必要となる費用が幅広くサポートされています。そのため、税金支払い時期や車検時のまとまった出費をなくすことができ、車にかかる費用を一定にさせることができます。

また、カーリース会社によってはオプションも用意されており、オイル交換やバッテリー交換、タイヤ交換などを月々のリース料金に含めることも可能です。

オイル交換はさほど大きな出費になることはありませんが、タイヤ交換などは場合によってはまとまった出費になることもあるため、車の維持にかかる部分の費用も安定させたいという方は、メンテナンスパックがあるカーリース会社を選ぶとよいでしょう。

残価設定について

一般的なカーリース会社の多くは、リースする車両に残価設定を行うことで、月々の費用を抑えてリースしています。この残価設定については、契約満了時にさまざまなトラブルを招きかねませんので、しっかりと理解しておきたい点です。

契約満了時の車両の資産価値を算定し車両調達費用から差し引くのが残価設定

カーリースの月額利用額の算定条件のなかで大きなウェイトを占めるのが車両購入費用ですが、カーリース会社は想定できる契約期間満了時のリース車の中古車価格を算出して車両調達費用から差し引くことでリーズナブルな月額利用料を実現しています。

契約期間満了時のリース車の中古車価格を算出し車両調達費用から差し引くことを残価設定と呼び、残価設定には月額利用料を引き下げるメリットと共にリース車両の返却や残価設定を下回った場合は違約金や追加料金が発生する落とし穴が存在するのも事実です。

残価設定を行った車両は契約満了時にカーリース会社に返却する必要がある

カーリース会社が残価設定を行うことでリース車をお得に利用できるのがカーリースのメリットですが、既述のとおり残価設定を行うことで契約期間満了時にはカーリース会社からリース車の返却が求められます。

また契約期間満了時にはカーリース会社で査定が行われ査定額が残価設定を上回れば差額の払い戻しを受けられるメリットが生じますが、査定額が残価設定を下回ると違約金や追加料金を請求されるケースがあることは既に紹介したとおりです。

残価設定がないカーリースも存在する

カーリースは上手に利用すればメリットの多い魅力ある車両調達手段だと言えますが、残価設定を行うカーリースサービスには思わぬ落とし穴が潜んでいてメリットを得られないケースも存在します。

ですが、中には、残価を設定していないカーリース会社も存在します。例えば、カーコンビニ倶楽部が提供する「カーコンカーリースもろコミ」は残価設定なしのカーリース会社です。7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2つのプランで提供されていますが、契約期間満了時に使用中のリース車がプレゼントされるのです!

そのため、カーリース契約中の走行距離制限を気にしたり、お子様を載せたことで車内に傷がついたり、汚れても気にする必要がないので、購入した時同様に好きに車に乗ることが可能です。

トラブルやデメリットを気にするのであれば、カーコンカーリースもろコミのようにメリットの多いカーリース会社を選ぶとよいでしょう。

 

カーリースはお得に新たなカーライフを実現できる魅力的な車両調達手段!

車両購入せずカーリース会社が代理購入した車両を借り受けて使用するカーリースで自動車のサブスクサービスとしてのメリットをフル活用するためには、カーリースの仕組みをよく理解し、メリットだけでなくデメリットを含めて自分に合った車の購入方法であるか慎重に検討することが重要です。

車に乗る頻度、月々の走行距離、毎月車にかけられる費用、今後のライフステージなどを踏まえて、自分にとってメリットのあるカーリース会社、プランを選ぶようにしてください!

関連する記事

カーリースを利用する場合、保険料はどうなるの?カーリース料金の内訳や保険の種類について解説!

車を利用する上で欠かせないのは保険です。万が一の備えとして、ほとんどの人が自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入しています。では、カーリースを利用する場合、保険料はどうなるのでしょうか。カーリース料金に、保険料は含まれているのでしょうか?

カーリース利用時に必要なものとは?カーリースの契約の流れや必要書類について解説

カーリースを利用するなら、契約から納車までの流れや、必要なものなどを事前に把握しておくとスムーズです。この記事では、カーリース利用時に必要なもの、契約の流れなどを解説します。カーリースのメリット・デメリットにも触れているので、併せて参考にしてください。

カーリースでも駐車場は必要!車庫証明の取得の流れを徹底解説

カーリースの大きな魅力の1つは、諸々の費用が月々のリース料金に込みになっているため車に関わる出費の計画が立てやすいということです。では、カーリースでは駐車場代も込みなのでしょうか?残念ながらそうではありません。カーリースの駐車場代は自分で払うことになります。さらに言えば、駐車場を自分で確保して車庫証明を取得することが必要です。ここでは、その車庫証明の取得の流れを徹底解説します!

マニュアル車で運転を楽しみたい人へ!マニュアル車をお得にカーリースする方法をご紹介

マニュアル車の数は減ってきているとはいえ、まだまだ根強い人気があります。マニュアル車は「マシーンを操作している」という実感が運転中に存分に味わうことができるため、とても楽しいものです。カーリースでも多数のマニュアル車が取り揃えてあるのは、そうしたファンが多いからだと言えるでしょう。今回は、マニュアル車のカーリースについて詳しくお伝えしていきます。