カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース会社の選び方のポイントとは?

個人向けのカーリースサービスに人気が高まり、今ではたくさんの会社がサービスを展開しています。しかし、カーリース会社の選び方が分からずに困ってしまう方もいることでしょう。そこで今回は、カーリース会社の選び方のポイントについて徹底解説します。

カーリース会社の選び方とは?

カーリース会社を選ぶ時に、まず気になるのは月々の料金だと思います。

ただし、リース料金はサービスの内容や契約条件によっても変わりますので、カーリース会社の選び方の中で、料金を見ることだけが重要なわけではありません。

自分がどんなサービスを望むのかを考え、それに合った会社を探すという選び方をするのが大切です。

カーリース会社の選び方で大きなポイントとなる「契約終了時に車を自分の物にできるか」「契約期間はどうなっているか」「メンテナンスサービスはあるか」といった点を、主要なカーリース会社ごとに見ていくことにしましょう。

 

契約終了時に車を自分の物にできるか

カーリースは車を借りるための契約ですが、カーリース会社や契約プランによっては最後に車の買い取りができたり、車をそのままもらえたりする場合があります。

カーリースを利用して、その後に車が気に入ったら自分の物にしたいという人にとって、これはカーリース会社の選び方の重要ポイントになるでしょう。 

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

・いまのりくん:車を返却する
・いまのりセブン:車を返却してキャッシュバックを受けるか、車をもらうかを選択できる
・いまのりナイン:車を返却するか、車をもらうかを選択できる

コスモスマートビークル(コスモ石油株式会社)

・買い取りプラン:買い取り、再リース、返却から選択できる
・返却プラン:再リース、返却のどちらかを選ぶ

カースマ(住友三井オートサービス株式会社)

・カースマ5:買い取り、再リース、返却から選択できる
・カースマ7:車をもらえる
・カースマC:買い取り、再リース、返却から選択できる

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

・もろコミ7:車を返却するか、車をもらうかを選択できる
・もろコミ9:車を返却するか、車をもらうかを選択できる

このように見てきますと、車を買い取ったりもらえたりするプランを、どこのカーリース会社も用意していることが分かりますね。

ちなみに、車をもらえる場合は、買い取りとは違って追加費用が発生しませんので、「もらえるのか」「買い取るのか」という点も、カーリース会社の選び方に影響を与えることになるでしょう。

 

契約期間はどうなっているか

次に契約期間について見てみましょう。人によってどれくらいの期間、車を借りたいのかは異なりますので、契約期間もカーリース会社の選び方で大切な点となります。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

・いまのりくん:5年間(2年経過後から中途解約が可能)
・いまのりセブン:7年間(5年経過後から中途解約が可能)
・いまのりナイン:9年間(7年経過後から中途解約が可能)

コスモスマートビークル(コスモ石油株式会社)

・3年、5年、7年の中から選択できる

カースマ(住友三井オートサービス株式会社)

・カースマ5:5年間
・カースマ7:7年間
・カースマC:3年、4年、5年の中から選択できる

カーコンカーリースもろコミ(株式会社カーコンビニ倶楽部)

・もろコミ7:7年間(5年経過後から中途解約が可能)
・もろコミ9:9年間(7年経過後から中途解約が可能)

ここで見た中で一番短い契約期間は3年間となっています。

ただ、他のカーリース会社では2年間で契約可能なところもあります。さらに、中古車を利用した短期のカーリースであれば、最短1カ月からの利用も可能です。

カーリースの契約は原則として中途解約できませんが、「オリックスカーリース」や「カーコンカーリースもろコミ」では、一定年数経過後に中途解約できるシステムにしています。

中途解約できないのは1つのリスクになりますから、この点もカーリース会社の選び方で大切になってくると思います。

 

メンテナンスサービスはあるか

カーリース会社の選び方の最後のポイントとして、メンテナンスサービスについて見てみましょう。

サービスが充実しているほどリース料金が高くなる傾向がありますが、その分だけ車の管理が楽になります。どれほどのメンテナンスサービスを望むかによって、カーリース会社の選び方は変わってくることでしょう。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

・リース料金に「車両代」「新車登録時手数料」「各種税金」「自賠責保険料」が含まれており、「車検」「エンジンオイル交換」「オイルエレメント交換」は無料クーポンで対応しています。車検時には「タイヤローテーション」「バッテリー液・ウォッシャー液補充」「ブレーキオイル交換」「ロングライフクーラント交換」などもしてもらえます。

コスモスマートビークル(コスモ石油株式会社)

・ホワイトパック:「車両代」「登録諸費用」「各種税金(重量税を除く)」のみが含まれており、「ガソリン代1Lあたり1円引き」の特典もあります。

・シルバーパック:「車両代」「登録諸費用」「各種税金」「自賠責保険料」「車検整備代」の他に「法定点検」「定期点検」「オイル交換」がサービスに含まれており、「ガソリン代1Lあたり3円引き」の特典も付きます。

・ゴールドパック:「シルバーパック」の内容に加えて「タイヤ交換」「バッテリー交換」「ブレーキパッド交換」などのサービスも含まれており、「車両の延長保証」「ロードサービス」「ガソリン代1Lあたり5円引き」の特典もあります。

カースマ(住友三井オートサービス株式会社)

・カースマ5:「車両代」「登録諸費用」「各種税金」「自賠責保険料」「車検基本工賃」の他、「エンジンオイル交換」「オイルエレメント交換」「ブレーキオイル交換」もサービスしてもらえます。

・カースマ7:「カースマ5」と同じ内容となっています。

・カースマC:「フルメンテプラン」を選ぶと「法定点検」「夏タイヤ交換」「バッテリー交換」「消耗部品交換」のサービスも受けられます。

カーコンカーリースもろコミ(株式会社カーコンビニ倶楽部)

・もろコミ7:「車両代」「車両登録時手数料」「各種税金」「自賠責保険料」が含まれています。車検には「車検無料クーポン」で対応しています。軽自動車の場合、「メンテナンスパック」を付けると「タイヤ交換」「バッテリー交換」「ブレーキパッド交換」「Vベルト」交換などのサービスも受けることができ、契約期間中にガソリン代1Lあたり20円(毎月最大2,000円)のキャッシュバックを受けられるキャンペーンも実施しています。

・もろコミ9:「もろコミ7」と同じ内容となっています。

それぞれのカーリース会社が、様々なメンテナンスサービスを実施しているため、こうしたメンテナンスサービスの中身も、カーリース会社の選び方で重要になります。

さらに、ガソリン代サービスなどの特典がある所もあります。こうした特典もカーリース会社の選び方に影響を与えるでしょう。

 

まとめ

今回は、カーリース会社の選び方のポイントを3つ取り上げました。選び方によっては後悔することもあり得ますから、カーリース会社を選ぶ際には、しっかりと情報集めをして、自分に合ったプランを提供している会社を探すようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

車のリースは月々いくらくらい!?支払い方法や料金以外にもチェックしたいポイントなども併せて解説します!

車をリースする場合、月々いくらくらいで乗り始めることができるのでしょうか?リース業者によって設定は様々ですが、現時点で確認できる最安プランをご紹介します。また、月々のリース料金と併せてチェックしておきたいポイントも併せて解説をしていますので、車のリースを検討されている方はぜひチェックしてみてください。

ペーパードライバーから抜け出したいのに車がない…そんなときはカーリースを活用しよう!

ペーパードライバーを抜け出したい!と思っても、急に車を買うのは事故のリスクの高さや気持ちの準備だけでなく、お金も必要ですので、簡単な決断ではありません。その点、カーリースはフラットな支払いで生活を圧迫することなく車に慣れるのに最適です。今回はペーパードライバーの方にカーリースがおすすめである理由を詳しく紹介していきます。

カーリースで中古車も選べる!中古車をリースする際の注意点と絶対知っておくべきこと3選

カーリースでは新車以外に中古車もリースすることができます。当然、新車をリースするよりもリース料金が安くて済みますが、あくまで中古のため新車とは多少異なる点がいくつかあります。メリット・デメリットや新車との比較、中古車をリースする際に押さえておきたいポイントについて解説をします。

カーリースで新車にお得に乗るにはどんなところに気をつければ良いの!?知らないと損するポイントも知っておこう!

「カーリースは新車にお得に乗ることができる」という話は聞いたことがある方も多いかも知れませんが、具体的にどのような点がお得なのでしょうか?リーズナブルに新車に乗るためのポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。