カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーローンの審査に落ちないためには?審査に通るためのポイント

車を一括購入するためのまとまったお金が手元にない場合、カーローンを組むと分割払いで車を持つことができます。しかしカーローンは必ず審査が行われ、審査に通らなければ希望の車は手に入りません。そこで、今回はカーローンの審査では何をチェックしているのか、カーローンの審査が心配な方が確認しておくといい点をまとめてみました。

カーローンの審査でチェックされているポイント

カーローンの審査は、その人にカーローンを完済するだけの支払い能力があるかどうかを確認するためのものです。一般的にどんな点をチェックしているのかみてみましょう。

過去の金融事故

ローンや借金返済の延滞や自己破産、債務整理をした過去がないか信用情報機関の記録を確認します。これまで返済が滞ったことがある人は、また同じことをするかもしれないので、カーローンの審査では厳しくチェックされるのです。クレジットカードや携帯電話料金の支払いや税金の延滞も金融事故としてマイナス評価になる場合があります。

他社の金融機関からの借り入れやローン

すでにほかの金融機関からの借金があると、返済状況に問題がなくても、新たにカーローンを組んで返済するのは難しいのではないかと判断される可能性があります。

年収のうち1年間の返済額が占める割合を返済比率といい、カーローン会社によって異なりますが、一般的にカーリースでは年収の30パーセント以内の返済比率が目安と言われています。

クレジットカードのキャッシング

見落としがちですが、クレジットカードのキャッシングも抱えている返済額とみなされます。クレジット―カードの分割払い、リボ払いや携帯料金、エステ、英会話スクールなどの分割払いも返済額として審査の際にチェックされるでしょう。

雇用形態と勤続年数

カーローンは数年かけて返済していくものなので、信用情報だけでなく収入の安定性もチェックされます。例えばフリーターや自営業の方は正社員より収入がなくなる可能性が高いとみられてしまいます。また勤続年数が少ないと、まだ収入が安定していないと判断されるかもしれません。

年収

カーローンの借入金額が年収に見合ったものかどうか審査されます。借入金額を返済できるだけの収入があるのか、年収から判断します。

虚偽の申告をしていないか

申込内容に偽りがあったなら、その時点で信用を失いカーローンの審査を通過することは難しいでしょう。借り入れの有無や勤務状況など信用情報の照会や在籍確認で虚偽申告はすぐにわかってしまいます。また記入ミスがあると虚偽申告を疑われてしまうので、記入内容に間違いがないよう気を付けましょう。

 

カーローンの審査を通過するためにできること

カーローンの審査には、「正社員は必ず通る」「支払いを延滞したことがあると落ちる」といった明確な基準はありません。そこで審査に不安を感じる人は、審査に通りやすいポイントを抑えて、なるべく有利な状況を整えるようにしましょう。

金融事故の情報を確認する

自己破産や債務整理などの情報は一生消えないわけではありません。内容にもよりますが、5年から10年ほどで記録が抹消されます。

金融事故の記録が残っているか心配な方は信用情報機関への照会が可能です。郵送やインターネットで確認でき、手数料も1000円前後なので、気になる場合は確認することをおすすめします。

車のグレードや頭金を見直して年収にあった借入額にする

欲しい車やこだわりのグレードがあるかもしれませんが、借入額を高額にしすぎてカーローンの審査に落ちてしまっては意味がありません。頭金を多めに払ったり車のグレードを下げたりすることで、審査に通りやすい金額にしましょう。

他のローンやキャッシングなどの返済をしてから申し込む

できるだけ他の借り入れがない方が審査に有利になるため、現在のローンやクレジットカードのキャッシング、リボ払いなど返済を終えてから申し込むといいでしょう。

カーローンを申し込むタイミングでの転職を避ける

転職直後の審査は勤続年数が不利になってしまいます。審査中の転職は避け、転職の予定があるなら、先にカーローンの審査を済ませた方がいいでしょう。

保証人を立てる

収入や職業、年齢など信用情報で審査の通過が難しそうな場合は、保証人を立てて審査に通りやすくする方法があります。その場合、保証人は信用情報がしっかりしている人でなければいけません。

 

審査が通りやすいカーローンはあるの?

お金の借り入れである以上、どんな人でも絶対審査が通るカーローンは存在しません。カーローン会社は返済能力がない人にお金を貸すというリスクを背負いたくはないからです。

しかし種類によっては、「通りやすいカーローン」というものがあります。カーローンは大きく分けて「銀行系のカーローン」と「ディーラー系のカーローン」があり、「ディーラー系のカーローン」の方が審査に通りやすいと言われています。

この2種類の違いやメリット、デメリットを見てみましょう。

銀行系のカーローンは銀行からの借り入れで、金利が低い代わりに審査が厳しいことが特徴です。一方ディーラー系のカーローンは、ディーラーを通して信販会社から借り入れを行ないます。銀行と異なり、審査をクリアさせて車を買ってもらいたいため、審査が甘い傾向があると言われています。

しかしその分、金利が高いこと、また車を担保とするため返済が終わるまで車の所有者がカーローン会社になってしまうというデメリットを考えなければいけません。

変動があるため一概には言えませんが、ディーラー系カーローンだと金利は5パーセントから7パーセント程です。銀行系のカーローンは低いところだと2パーセント台の金利で借り入れられるため、借入額や支払期間によっては支払う金利の差は数十万円になるでしょう。また所有者がカーローン会社だと、基本的には返済が終わるまで車を売れないため、気軽に車を乗り換えることはできません。

審査が通りやすいということは、支払いが滞るかもしれないリスクに備えて金利を高くし、車の所有権を確保するなど、利用者にとっては不利な条件が含まれているということです。審査が不安だから通りやすいカーローンを組みたいと考えている方は、デメリットも把握したうえで申し込むようにしましょう。

 

カーローンの審査が心配ならカーリースがおすすめ

カーローンの審査が心配な方は、カーリースを利用する方法もあります。

カーローンはお金を借りて車を購入することなのに対し、カーリースは車を借りて使用する方法です。借り入れの返済ではなく、車の使用料としてカーリース料金をカーリース会社に支払います。車を借りると言っても、カーローンでの購入時と同じようにメーカーやカラー、グレード、オプションを選べ、自分の車のように使うことが可能です。

毎月のカーリース料金は、契約年数に応じた車両価格と税金、車検代、メンテナンス代など車の維持にかかる費用の合計を契約月数で割った金額です。カーローンは毎月の返済額の他に、税金、車検代などの維持費を別に取り分けておかなければいけませんが、カーリースは車にかかる費用がまとまっているため管理がしやすいというメリットもあります。また頭金も不要なので初期費用もかかりません。

プランによっては契約期間の途中で車を乗り換えられ、カーローンよりも気軽に車を持てます。カーリースにも審査はありますが、カーローンでお金を借入れることや金利に不安を感じるという方はカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

カーリースで滞納したらどうなる?途中解約することはできるのか?

お手軽な料金で利用できることばかりが注目されがちなカーリースですが、その仕組みを知らず安易に契約してしまうと、あとから後悔することになるかもしれません。 カーリースは契約期間中、月々の使用料を払い続けなければなりません。もし滞納してしまったら、どうなるのでしょうか。また支払えなくなったからといって、途中解約は可能なのでしょうか。ここではカーリースを利用する際には絶対に気を付けておくべき滞納や途中解約についてお伝えしていきます。

カーリース業車の評判を徹底調査!人気のカーリース業者3選

カーリースの人気が急上昇するにつれて、リース業者もどんどん増えてきています。多様な車種やプランの中から選べるのは利用者にとっては嬉しいことですが、「どの業者が自分にとって最適なのか?」と考えた時に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?カーリースの利用を考えている方のために、今回は選ぶ際のポイントとともに人気のカーリース業者をご紹介します。

カーリース利用時に車検を受ける際の必要書類は?確認しておきたいポイントを解説!

車を持っていると必要な手続きの1つが車検です。この車検はどのように行なえばいいのでしょうか。そもそも、車を借りている状態のカーリースでも、使用者が車検を行なわなければいけないのでしょうか。 車検の必要書類など、どのように用意しなければいけないのか正確に知らないという人も少なくありません。「車検の期限が迫ってきたのに必要書類が足りない!」なんてことにならないように、車を持つなら車検についてきちんと把握しておきましょう。

お得な車両調達手段カーリース!気になる月額料金や車の利用で生じる費用とは

車両購入を行わずカーリース会社が代理購入した車両と使用権を借りて使用するカーリースには、月額料金に車両維持費用まで含まれた契約がありお得に車両使用ができますが、「どの位の月額料金が生じるのか?」が気になりますよね。ここでは、カーリースの月額料金目安などを紹介します。

カーリースのリース料に含まれる税金とは?自動車税から重量税・取得税まで解説

車を維持するには、自動車税や自動車重量税といった「税金」を納めていかなければなりません。カーリースのリース料に含まれる税金には、どんな種類があるのでしょうか?この記事では自動車税をはじめとする各種税金の基礎知識と、税金が含まれてお得なカーリース、カーコンカーリースもろコミを紹介します。