カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

パートやアルバイト、専業主婦の人たちがカーリースを利用するために知っておきたいポイントとは?

パートやアルバイト、専業主婦の人たちもカーリースを利用することは可能です。でも、事前に知っておくべき大切なポイントがありますので、見てみましょう。

カーリースとはどんなサービス?

そもそも、カーリースとはどんなサービスなのでしょうか?

カーリースは、毎月のリース料を支払う代わりにカーリース会社から定められた期間車を貸し出してもらえるサービスです。リースする車は在庫の中から選ぶわけではなく、カーリース会社がディーラーから車を調達してきてくれますので、さまざまなメーカーや車種から車を選ぶことができます。

カーリースの契約期間は3年、5年、7年などの長期にわたるのが一般的です。また、レンタカーのように同じ車を不特定多数の人に貸し出すことはなく、自分だけでリースした車を使い続けますので、まるでマイカーのような感覚で車を楽しむことができます。

新車購入時には頭金が必要になりますが、カーリースの場合は基本的に頭金が不要です。そのため、まとまった初期費用を出すことなく、手軽に新車に乗り始めることができます。

カーリースには、残価設定があるのが一般的です。つまり、契約満了時の車の予想下取り価格(残価)をあらかじめ設定し、その金額を車両価格から差し引いた上で、毎月のリース料を算出します。ですから、車両に対する支払いを安く抑えることができ、ワンランク上の車を利用することも可能です。

また、新車購入のケースでは月々のローンの支払いとは別に、毎年の自動車税、車検ごとの車検基本料や自賠責保険料、自動車重量税などが必要になり、その都度まとまったお金を準備しなければなりません。

一方、カーリースはリース期間中に発生するそれらの費用がすべて月々定額のリース料に組み込まれています。ですから、毎月の支払いをフラットすることができ、家計のやり繰りがしやすいというメリットがあります。

さらに、車の所有者はカーリース会社ですので、税金の支払いや車検の手続きなどはカーリース会社が行ってくれます。また、契約によってはオイル交換や消耗部品の交換などのメンテナンスもカーリース会社にお任せできます。ですから、車の維持管理の手間がかからず、非常に楽です。

このように、カーリースにはさまざまなメリットがありますので、近年その人気は上昇を続けています。

 

カーリースの「審査」とは?パートの人が気をつけたい点は?

カーリースには、ローンと同じように審査があります。カーリースはローンのようにお金を借りる契約ではありませんが、契約者は毎月決まった額を長期間支払い続けなければなりませんから、カーリース会社としては契約者に本当に支払い能力があるかを確認したいわけです。

では、どんな基準で審査が行われるのでしょうか?以下で審査の重要なポイントになることを取り上げます。

債務整理歴

債務整理歴とは、過去に自己破産や任意整理、個人再生などの法的手段で債務を整理したり免責したりしたことがあるかということです。債務整理歴についての情報は、信用情報機関に保管されており、カーリースの審査の際にも確認されます。債務整理歴が残っていると、カーリースを利用するのは難しくなると言われています。

借金やその返済状況

クレジットカードやローンといった借金や返済についての履歴情報も、信用情報機関に保管されており、カーリースの審査の際にチェックされます。ローンの返済で遅延を何度も繰り返していたり、2か月以上の延滞があったりする場合には、審査で不利になります。

収入

収入は、年収200万円以上あることが1つの審査基準になると言われています。また、年収が十分でも安定していないとみなされるとマイナスポイントになる可能性があります。専業主婦の場合は収入がないでしょうし、パートやアルバイトの場合は、年収が200万円に届かないことも多いでしょう。さらに、パートやアルバイトは安定した職業とは通常みなされません。ですから、パートや専業主婦であることはカーリースの審査において不利だと言えます。

 

パートやアルバイトの人はカーリースの利用に連帯保証人が必要なケースも!

前の項目で、パートやアルバイト、専業主婦の人たちはカーリースの審査で不利になる点についてご説明しました。しかし、だからと言ってカーリースを利用することができないということではありません。ほとんどの場合、連帯保証人を付けることで、カーリースの契約が可能になります。

カーリースでは通常連帯保証人は不要なのですが、専業主婦などで収入がない場合、また、パートやアルバイトで安定的で十分な収入があると判断されなかった場合には、万が一に備えて連帯保証人が必要になるのです。

実際のカーリース会社が定めている連帯保証人についてのルールの具体例を見てみましょう。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

Q:カーコンカーリースもろコミのリース契約を申込したいのですが、連帯保証人は必要ですか?

A:原則不要です。お客様の職業が「専業主婦」「パート、アルバイト」「学生」など安定的な収入が見込めない場合は、安定収入のある方の連帯保証が必要になります。その際には、別途ご案内させていただきますので、お気軽にカーコンカーリースもろコミにお申込み願います。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

Q:リース契約を申込したいのですが、連帯保証人は必要ですか?

A:正社員として1年以上同じ会社に勤続している方であればご本人様のみでお申込みいただけます。(審査の結果、お願いする場合もあります。)また、お客様の職業が「専業主婦」「パート、アルバイト」「学生」など安定的な収入が見込めない場合は、安定収入のある方の連帯保証が必要になります。

 

パートの人でも保証人不要のカーリースもある!

前の項目で、パートやアルバイト、専業主婦の人たちがカーリースを利用するには原則として連帯保証人が必要になることを確認しました。

でも、パートや専業主婦の人たちでも連帯保証人不要で利用できるカーリースのサービスも中には存在します。例えば、オリックスカーリースの「おくるま女子応援プロジェクト」はそうしたサービスの中の1つです。サービス紹介ページには下記のように説明されています。

Q:専業主婦/パート・アルバイトでも申し込める?

A:はい。専業主婦の方やパート、アルバイトの方でも保証人なしでお申し込みいただけます。リースには審査があります。審査の結果、お引き受けできない場合があります。

「おくるま女子応援プロジェクト」で利用できるのは、ホンダ「N-BOX」やダイハツ「Mira TOCOT」など、軽自動車の6車種に限定されていますが、カーナビやバックアイカメラなどのフルオプション付きで、リーズナブルな料金で利用できるのでおすすめです。

今回は、パートやアルバイト、専業主婦の人たちがカーリースを利用するために知っておくべきポイントについてご説明しました。そうした人たちがカーリースの契約をするには連帯保証人が基本的に必要になります。逆に言えば、連帯保証人を用意すれば、収入が不十分だったり全くなかったりしてもカーリースを楽しめるのです。パートやアルバイト、専業主婦のあなたも、カーリースの利用を是非検討してみてください!
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース中の税金は誰が納めるの?車の購入や維持に必要な税金の種類も知っておこう!

車を購入・維持していくためには様々な「税金」を納める必要があります。どんな種類の税金があって、それは誰が納めるものなのか?カーリースを検討している方であればぜひ知っておいて欲しい部分でもあります。今回は税金の種類と誰が納めるのかを解説します。

ズバリ検証!年金受給者はカーリースの契約が可能?

高齢者の方も、お出かけやお買い物など、車を必要とする場面は多くあることでしょう。ですが、車を新しく買うにも、維持するにもお金がかかるので、年金受給者の高齢者にとって、車を持つという選択はなかなか難しいものです。 また、車は日々安全機能や性能など進化を続けているので、機能などを使いこなすことも年金受給者の高齢者の方には難しい要素のひとつです。新しい車を乗りこなせなければ、かえって危険も増えてしまいます。 そこで便利なサービスが、カーリースです。初期費用などの大きな出費がなく、車の維持もほとんどおまかせできます。今回は、年金受給者の高齢者の方に向けて、ずばり年金受給者でもカーリースの契約が可能であるのかをご説明していきます。