カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

プリウスをグレード別に比較!おすすめのグレードをご紹介!

日本を代表するハイブリッド車プリウスですが、数多くのグレードが用意されているので迷っている方も多いのではないでしょうか。グレードによって価格や装備が異なるので、それぞれの特徴を知ったうえで選びたいですよね。今回はプリウスをグレード別に比較し、おすすめのグレードを紹介します!

プリウスの価格をグレード別に比較

引用元:https://toyota.jp/prius/index_c.html?padid=from_prius_navi_top_c

まずはプリウスのグレード別の価格を比較しましょう。

※価格はメーカー希望小売価格(消費税込)、2020年1月時点の情報です。

・Aプレミアム“ツーリングセレクション”(2WD) 3,345,100円

・Aプレミアム“ツーリングセレクション”(E-Four) 3,543,100円

・Aプレミアム(2WD) 3,234,000円

・Aプレミアム(E-Four) 3,432,000円

・A“ツーリングセレクション”(2WD) 3,062,400円

・A“ツーリングセレクション”(E-Four) 3,260,400円

・A(2WD) 2,895,200円

・A(E-Four) 3,093,200円

・S“ツーリングセレクション”(2WD) 2,783,000円

・S“ツーリングセレクション”(E-Four) 2,981,000円

・S(2WD) 2,612,500円

・S(E-Four) 2,810,500円

・E 2,565,200円

次にプリウスPHVのグレード別の価格を比較しましょう。

※価格はメーカー希望小売価格(消費税込)、2020年1月時点の情報です

・Aプレミアム“ナビパッケージ” 4,345,500円

・Aプレミアム 3,885,200円

・A“ナビパッケージ” 3,999,600円

・A 3,567,300円

・S“ナビパッケージ” 3,729,000円

・S“セーフティパッケージ” 3,346,200円

・S 3,237,300円

・S“ナビパッケージ・GR SPORT” 4,181,843円

・S“GR SPORT” 3,695,634円

 

プリウスの装備や特徴をグレードごとに比較

引用元:https://toyota.jp/prius/design/index_c.html?padid=from_prius_top_c_main_design

プリウスのグレードは大きくAプレミアム、A、S、Eの4つに分けることができます。そしてEを除く全グレードにE-Four(4WD)とツーリングセレクションが設定されています。

E

燃費にこだわり最低限の装備で車体重量をできるだけ軽くしたグレードです。カタログ燃費がEだけ39.0km/L(マイナーチェンジ前は何と40.8km/L)と抜群の数字を出しています。マイナーチェンジ後はすべてのグレードにToyota Safety Senseが標準装備されています。

S

プリウスの標準グレードで、カップホルダー2個付きのフロントコンソールトレイや昇温・降温抑制機能付きの合成皮革巻き3本スポークステアリングホイール、大型コンソールボックスなど便利な装備が付いています。

A

便利な装備に加えて安全性をさらに強化した装備が充実しているモデルです。ブラインドスポットモニターは死角にいる車の存在を知らせてくれ、インテリジェントクリアランスソナーは駐車する際にアクセルの踏み過ぎやブレーキの踏み間違えをサポートしてくれます。

シンプルインテリジェントパーキングアシストはボタン1つで駐車開始位置に誘導し、バックする時のステアリング操作を自動的に行ってくれます。このように最先端の技術により安全面で運転をサポートする機能が備わっています。

Aプレミアム

プリウスの最上級グレードで、シートとハンドルが本革仕様で高級感があります。運転席と助手席には快適温熱シートが装備されていて、寒い日に腰や肩を温めてくれます。家庭用と同じAC100V対応のアクセサリーコンセントやエアコンのナノイー機能もうれしい装備です。

ツーリングセレクション

E以外のグレードに設定されていて、17インチ(標準は15インチ)の異なるタイヤサイズを装備し、足回りを強化することによってよりスポーティーな走りを楽しむことができます。SとAのシート素材が合成皮革になり、すべてのグレードに快適温熱シートが付いています。

 

プリウスPHVの装備や特徴をグレードごとに比較

プリウスPHVにはEグレードがなく、標準グレードのSとA、Aプレミアムの3つのグレードが基本になっています。それに加えてパッケージの設定ができます。

S

プリウスPHVの標準グレードで、最低限必要な装備が揃っています。ほかのグレードとの大きな違いは急速充電用の差込口が標準装備ではないということです。

A

プリウスと同じようにAグレードは安全装備が充実しているグレードです。シート素材はSと同じファブリックですが、快適温熱シートが付いています。本革巻きのステアリングで、ステアリングヒーターも付いています。

Aプレミアム

プリウスPHVの最上級モデルで、本革仕様のシートが高級感を出しています。カラーヘッドアップディスプレイが標準装備されているのもポイントです。安全装備に加えて高級感のある内装を楽しめるグレードになっています。

セーフティパッケージ、ナビパッケージ

Sに設定されているセーフティパッケージは基本装備にブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラート、インテリジェントクリアランスソナーの安全装備が付いたグレードです。ナビパッケージはすべてのグレードにT-Connect SDナビゲーションシステムが付いて、それぞれのグレードにさらなる装備アップが施されています。

GR SPORT

Sナビパッケージをベースにし、内装と外装がスポーティーな仕上がりになっているグレードです。アルミペダルや専用設計のタコメーター、「GR」のロゴマークなど見た目の違いに加えて、スポーツ仕様のサスペンションでより安定した走りを実現しています。

 

たくさんあるグレード、おすすめはこれだ!

プリウスとプリウスPHVを合わせると数多くのグレードが用意されていることが分かります。どれにしようか迷って決められないという人のためにおすすめのグレードを紹介します!

プリウスのおすすめグレードはずばり「Sツーリングセレクション」です。必要最低限の装備が揃っているSに快適温熱シートが付いて、シートの座り心地がいいのがポイントです。17インチのタイヤでスポーティーな走りも楽しむことができるドライブ好き向けのグレードです。

プリウスPHVのおすすめグレードは「Sナビパッケージ」です。T-Connect SDナビゲーションシステムが付いていて、標準のSグレードに安全装備がプラスされています。

どちらも価格の手ごろさと必要最低限の装備にプラスアルファが付いているというお得感で選びましたが、最新技術が詰め込まれた安全装備をフルに体感したければA、高級感もプラスしたければAプレミアムもいいですよ。

プリウスPHVに関しては、マイナーチェンジによって4人乗りから5人乗りになったので選択肢に入れるようになったという人も多いのではないでしょうか。

各グレードの装備や価格を見ながら迷ってしまいますが、価格が気になるのであれば車種だけでなくグレードも選べるカーリースに注目することができます。毎月定額でまとまった出費を抑えることができるのがカーリースの魅力です。

毎月定額ならグレードの違いによる価格差もそれほど大きくならないので、少ない負担で気に入ったグレードのプリウスに乗ることができますよ。グレード選びに妥協したくないのであれば、支払いの面でメリットが多いカーリースの利用を検討してみるのもいいでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースのリース料に含まれる税金とは?自動車税から重量税・取得税まで解説

車を維持するには、自動車税や自動車重量税といった「税金」を納めていかなければなりません。カーリースのリース料に含まれる税金には、どんな種類があるのでしょうか?この記事では自動車税をはじめとする各種税金の基礎知識と、税金が含まれてお得なカーリース、カーコンカーリースもろコミを紹介します。

カーリースは値引き交渉できる?安い料金で利用するにはどうしたらいい?

車を購入する時、多くの人がディーラーと値引き交渉します。少しでも支払い額を安くするためです。では、リース料金を支払うことで車を長期間借りられるカーリースでは、値引き交渉することはできるのでしょうか。カーリースで月々の支払い額をなるべく抑えるためにはどうしたらいいのでしょうか?