カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

個人向けカーリースの契約期間はどれくらい?何年間の契約が一般的?

個人向けカーリースの契約期間は、何年間くらいが一般的なのでしょうか?それを知るために、カーリース会社別に契約期間を調べてみました。

カーリースの契約期間はどれくらいが一般的か? [新車リースの場合]

個人向けカーリースの契約期間は平均的にはどれくらいなのでしょうか?

それは、新車のカーリースか、中古車のカーリースかによって大きく異なります。まず、新車のカーリースの会社で契約期間をどれくらいに設定しているかを見てみましょう。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

下記の3つの契約プランから選択することができます。

・いまのりくん:5年間契約
・いまのりセブン:7年間契約
・いまのりナイン:9年間契約

コスモスマートビークル(コスモ石油株式会社)

契約期間を下記の3つから選ぶことが可能です。

・36カ月=3年間契約
・60カ月=5年間契約
・84カ月=7年間契約

カースマ(住友三井オートサービス株式会社)

下記の3つの契約プランがあります。

・カースマ5:5年間契約
・カースマ7:7年間契約
・カースマC: 3年間・4年間・5年間から選べます。

リースDeマイカー(日本カーソリューションズ株式会社)

契約期間を5年間・7年間・9年間から選択できます。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

契約期間の異なるプランが2つあります。

・もろこみ7:7年間契約
・もろコミ9:9年間契約

オートフラット(出光興産株式会社)

契約期間を5年間と7年間から選択可能です。

定額ニコノリパック(株式会社MIC)

基本的に5年間契約となります。

フラット7(オートコミュニケーションズ株式会社)

基本的に7年間契約となります。

以上の契約年数の平均を出してみますと、5.88年となり、約6年ということがわかりました。それぞれの契約年数を見てみますと、圧倒的に奇数が多いです。

これはなぜかというと、車検のタイミングに合わせているからだと言われています。車検は1回目が新車登録の3年後となり、それ以降は2年ごとになりますから、車検に合わせると、契約年数は奇数になるのです。

 

新車のカーリース会社をピックアップ!

ではここで、新車のカーリース会社のうち、契約期間を複数から選べる会社1つをピックアップして、サービスの特徴をご紹介します。

カースマ(三井住友オートサービス株式会社)

5年間契約の「カースマ5」、7年間契約の「カースマ7」は、売れ筋の限定車種のみで契約が可能となっています。

月々のリース料金には「車両代」の他に「新車登録諸費用」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」や「オイル交換」「オイルエレメント交換」「ブレーキオイル交換」の費用も含まれています。

「カースマ5」の場合、契約期間終了時に車を返却するか、残価を支払って買い取るかを選択できます。「カースマ7」では、契約終了後に車をそのままもらえます。

3年間・4年間・5年間から契約期間を選べる「カースマC」は全メーカー・全車種から車を選択できます(一部取り扱いがない車種もあります)。メンテナンスプランを「マイメンテプラン」(5年契約のみ)と「フルメンテプラン」から選択可能です。

「マイメンテプラン」は「カースマ5」や「カースマ7」と同じサービス内容ですが、「フルメンテプラン」には「法定点検」「夏タイヤ交換」「バッテリー交換」「消耗部品交換」などもサービスに含まれます。

契約終了時には、車を返却するか、残価を支払って買い取るかを選択できます。

 

カーリースの契約期間はどれくらいが一般的か [中古車リースの場合]

次に中古車のカーリースの契約期間について見てみましょう。

中古車のリースの場合、最短の契約期間や契約期間の単位が決まっているだけで、ユーザーの希望に合わせて比較的自由に契約期間を設定でき、かなり短めの期間でも利用できます。

リボーン・カーリース(リボーン・カーリース株式会社)

最低契約期間は1カ月間です。1カ月単位で契約期間を設定できます。

ワンコインリース(潮来自動車販売株式会社)

最低契約期間は1カ月間です。1カ月単位で契約期間を設定できます。

ニチゴカーリース(株式会社FIFTEEN)

最低契約期間は1カ月間です。1カ月単位で契約期間を設定できます。

ニコリース(株式会社MIC)

最低契約期間は2カ月間です。1カ月単位で契約期間を設定できます。

アラジン(ウイングス株式会社)

基本的には半年間や1年間の契約となります。

このように見てきますと、中古車のリースの場合は契約期間を非常に短く設定できることが分かります。

ただし、中古車リースの場合、契約期間に関わらず契約時に別途初期費用が必要になることがあり、1カ月間や2カ月間のみの利用となると、料金が割高になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

中古車のカーリース会社をピックアップ!

中古車のカーリース会社のうち、最短1カ月間からの契約が可能な会社2つをピックアップして、そのサービス内容をご紹介します。

リボーン・カーリース(リボーン・カーリース株式会社)

軽自動車を中心にリースしていますが、普通車、ワンボックス、ミニバンなどもあり、北海道エリア、東北エリア、東海エリア、近畿エリア、四国エリアに店舗を展開しています。

車種などによって、月々16,200円から、月々22,680円から、月々29,160円からの3つ価格帯に分かれています。

リース料金には「車両使用料」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「整備費用」が含まれています。契約時に「初回登録等手続き費用」が必要です(軽自動車の場合は16,200円、普通自動車の場合は23,760円)。

「初回登録等手続き費用」の内訳は「名義登録費用」「納車前整備点検費用」「エンジンオイル交換費用」「各種油脂類の交換・補充費用」などとなっています。

ワンコインリース(潮来自動車販売株式会社)

中古車販売時に下取りした車両をリースに利用することで、低価格のリース料金を実現しています。リースの前に車両の点検・整備をしっかり実施しているので、安心して運転することができ、全国的に貸出店舗があります。契約は貸出店舗と個別に行ないます。

リース料金は車種やグレードによって、月々16,200円からとなっています。料金には「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検工賃」が含まれています。契約時に「名義変更費用」として41,040円が必要です。

 

まとめ

今回は個人向けカーリースの契約期間の長さが、平均的にどれくらいなのかを見てきました。新車のリースの場合は、基本的に数年に及ぶことが分かりましたね。

各カーリース会社がいろいろな契約期間のプランを提供していますから、自分の希望に合わせて期間を選択できます。

また、中古車のリースでは、1カ月からの利用も可能だということも分かりました。短い期間車が必要な場合は、中古車リースの利用を検討してみるとよいでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

新社会人になったら車がほしい!そんな時にオススメしたいカーリースの魅力とは?

新社会人になったら「最初の1年は給料を貯めて、車を買いたい!」と考えているフレッシャーズもいるのではないでしょうか?でも、ちょっと待ってください。車には、車両代金の他、各種初期費用がかかり、新社会人が考えている以上にお金がかかる事があるのです。今回は、そんな新社会人に是非オススメしたい、カーリースという車の乗り方についてご説明します。

契約前に知っておきたい、人気カーリース会社の特典を徹底紹介!

カーリースサービスの内容や料金など比較するポイントはたくさんありますが、その中の1つとして重要なのが、特典やキャンペーンですよね。カーリースを利用することによって、どのような特典を受けることができるのかは、カーリース選びにはとても大切です。 そこで、今回は人気のカーリース会社の特典を詳しく紹介していきます。特典やキャンペーンで比較をしてみたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。