カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースでN-BOXに乗ろう!

近年、個人向けカーリースが新しいスタイルの車との付き合い方として注目されています。以前と比べて、その人気はますます高くなっています。カーリース業者では、国産であれば、全車種、全メーカーの車に対応している場合が多いです。もちろん、安定した人気を誇るホンダのN-BOXも利用できます。ここでは、ホンダN-BOXの魅力に迫ると共に、 N-BOXを新車で安く提供しているカーリース業者をピックアップしていきます。

ホンダのN-BOXはなぜ人気なのか?

ホンダのN-BOXはなぜ人気なのでしょうか?

N-BOXは、ダイハツのタントなどの競合車と比べると、燃費が悪かったり、値段も高かったりなどのデメリットも持っています。それでも、2017年9月の車名別新車販売台数によると、N-BOXが第2位に大差をつけて第1位となっているとのことです。N-BOXはなぜこれほどまでに売れ続けているのでしょうか?

まず、外装デザインがとても人気を集めているようです。競合車がファミリー路線の丸みを帯びたデザインであるのに対し、N-BOXは、角張ったボックス型の非常に硬派なデザインとなっており、軽自動車の中では、圧倒的な迫力を有しています。

また、内装も、操作性や視認性を確保した非常に機能的なデザインとなっています。軽自動車とは思えないほどの広々とした室内空間や、とても便利な両側スライドドアなども人気の理由です。

さらに、軽自動車なのに走りが力強い、という評判もあります。普通車に乗っているのとあまり違いがない、という声もあるほどです。ブレーキにも安定感があり、安心して運転を楽しむことができます。

 

N-BOXをお得な料金で扱っているおすすめのカーリース業者をご紹介!

ここで、ホンダのN-BOXのリースをお得な価格で行なっている優良カーリース業者をご紹介します。

「オリックスカーリース」

オリックス自動車は、リース車両やレンタカー車両として、年間7万台の車両を購入しています。大量購入なので安く仕入れることができ、それをリース料金に反映させているのが強みです。

オリックスの新車カーリースサービスには、「いまのりくん」、「いまのりセブン」、「いまのりナイン」という3つのプランがあります。

「いまのりくん」は、5年契約のプランですが、契約開始後2年経ったら自由に乗り換えや返却ができます。

「いまのりセブン」は、7年契約のプランですが、5年経過したら乗り換えや返却が可能です。契約終了した時に、車を自己所有にするか、返却してキャッシュバックを受けるかを選択することができます。

「いまのりナイン」は9年契約のプランです。7年経過以降は自由に乗り換えや返却ができます。契約満了後は車が自分の所有物になり、契約期間が長い分、他のプランよりも月々の料金が安くなります。

特典として、どのプランでも契約期間中にオリックスレンタカーを基本料金の半額以下で利用できる、というサービスを提供しています。また、契約期間中は車検を無料クーポンでしてもらえます。さらに、半年ごとにオイル交換を無料クーポンで実施してもらうこともできます。

「オリックスカーリース」では、新車のホンダのN-BOX(Honda SENSING)にリースでお得な料金で乗ることができます。特に期間限定のキャンペーンの際などには、通常より安い金額で利用することが可能です。

料金は、「いまのりナイン」のプランで、通常22,680円のところが21,600円となっています。また、「いまのりセブン」で通常28,188円が26,136円、「いまのりくん」通常34,020円が31,752円となっています。また、女性限定プレゼント付リースプランもあります。(2017年10月時点での情報ですので、変更などがある可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください)

リース料金には、自動車取得税、新車登録時手数料、自動車税、重量税、自賠責保険料が含まれています。

「定額ニコノリパック」

「定額のニコノリパック」では、人気車種の新車を月々10,000円からの料金で利用することができます。月額10,000円の他に、車種によって20,000円のコース、30,000円のコースがあり、とても分かりやすい料金プランとなっています。

契約期間は5年間となっています。途中で解約する場合には、違約金が必要になります。契約終了後は、契約を延長することも可能ですし、買い取って自分のものにすることもできます。契約を終了して別の車で新たに契約することもできるようになっています。

契約期間中ガソリンが1リットルあたり5円引きになる特典や、半年ごとにエンジンオイルを無料で交換できるサービスが付いています。

「定額ニコノリパック」では、新車のN-BOX(Honda SENSING)にリースでお手頃な価格で乗ることができ、料金は月々10,000円です。ただし、年2回のボーナス払いがあります。ボーナス払いの金額は年間80,400円です。ボーナス払い無しのプランもあり、その場合の月々の料金は、23,400円となっています。

リース料金には、自動車取得税、重量税、自動車税、印紙税、自賠責保険料、車検基本料、基本メンテナンス費用などが含まれています。

 

N-BOXのリース料金をローン購入の場合と比較してみた

ここまで、N-BOXにリースで乗ることができるおすすめのカーリース業者について見てきました。こうした業者では、ホンダのN-BOXをお得な料金で利用することができます。

ここで、どれくらいお得なのかを理解するために、リース料金とローンで購入した場合に掛かる費用を比較してみましょう。5年契約のリースと5年ローンを組んで購入した場合で考えてみたいと思います。

リース料金は、「定額ニコノリパック」のボーナス払い無しのプランで計算してみたいと思います。月々23,400円で、5年は60か月ですから、23,400円×60か月で総額1,404,000円となります。

では、ローンで支払う場合はどうでしょうか。一例を調べると、5年60回払いで月々29,500円(初回は30,739円)となっていました。さらに、頭金として、116,050円が必要です。総額1,887,289円となります。加えて、税金、自賠責保険料、車検代、その他のメンテナンス代を自分で負担しなければなりません。

このように考えますと、N-BOXのカーリースの場合、月々の支払いが安く済みます。しかも、頭金が不要ですし、税金、自賠責保険料、車検代、基本メンテナンスの費用などがかかりません。とてもお得だと言えるでしょう。

ただ、注意しなければならない点は、ローンの場合、支払い期間が終われば車は自分のものになりますが、この「定額ニコノリパック」の場合はそうではないということです。リース契約ですので、N-BOXを返却しなければなりません。自己所有にしたい場合は、追加でお金を払って買い取る必要があります。

 

まとめ

ここでは、ホンダのN-BOXが売れ続けている理由、N-BOXをお得な価格でリースできるおすすめのカーリース業者、そしてリース料金とローン購入の場合にかかる費用との違いについてご説明してきました。

圧倒的な人気を誇るN-BOXに是非乗ってみたいけれど、購入するのは躊躇するという方は、N-BOXに乗れる個人向けのカーリースのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースとローン購入を徹底比較!お得なのはどっち?

ひと昔前までは、「車は買うもの」という固定概念がありました。しかし、最近では、その常識が変わりつつあります。多くの人が感じているように、車にかかる費用や税金は高額で、手続きも煩雑です。車を「所有する」事には、かなりの時間とお金、そしてエネルギーが必要になるのです。この記事では、車を「所有する」ためのローンと、車を「使用する」ためのカーリースを徹底的に比較します。

法人向けのカーリースはお得?経費の観点から徹底検証!

法人や個人事業主は利益を出すためになるべく経費の削減や節税をしたいと思っています。大きな経費がかかるものとして車を挙げることができます。事業を行なう上で車が必要であれば、それなりの経費を用意しなければなりません。 法人や個人事業主が車を必要とする場合、購入した方がよいのでしょうか、それともカーリースを利用した方がよいのでしょうか?経費などの観点から徹底検証します。

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?

アクアに乗るならカーリースがおすすめ!メリット・デメリット〜料金比較まで

アクアはトヨタの大人気コンパクトカーです。燃費が良く取り回しも容易、スタイリングもオシャレで老若男女から高い支持を得ています。この記事では、アクアに乗るならカーリースがおすすめの理由やメリット・デメリットをお伝えするとともに、カーリース各社の料金を比較しています。